Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

サービス継続性の担保事例
-オンプレミスからAWS基盤への移行・運用不安を解決!-

オンプレミスからAWSへの移行の際、クラウド、ネットワーク、LAN環境すべてをサポート範囲とし、導入検討から運用までを一元的にサポート。AWS運用に豊富な知見を持つベンダーに的確なコンサルティングしてほしいというご要望に対応。

サービス継続性の担保事例-オンプレミスからAWS基盤への移行・運用不安を解決!- オンプレミスからAWSへの移行の際、クラウド、ネットワーク、LAN環境すべてをサポート範囲とし、導入検討から運用までを一元的にサポート。AWS運用に豊富な知見を持つベンダーに的確なコンサルティングしてほしいというご要望に対応。 AWS

適用業界・分野

  • ・製造業
  • ・その他

導入用途

  • ・運用品質の向上
  • ・運用環境最適化
  • ・運用対応時間の短縮化
  • ・運用品質改善

目的/効果

AWSに移行した際に、AWS側にて自動で実施される定期メンテナンスへの対応フローを整備

従来の課題

オンプレミスかつマンパワーにてコンシューマ向けサービス基盤を運用しているが、トラフィックが膨大な上、ハードウェア・ソフトウェア両面でリソースがひっ迫することから、AWS(アマゾン ウェブ サービス)に移行したい。

しかし、AWSではAmazon社側にてスケジュールが決められており、オンプレミス環境のようにメンテナンス実施タイミングをコントロールできない。Amazon側の都合でメンテナンスが発生した場合でも、サービス側で準備・対応しなければならないため、継続性を担保するための監視設計や障害発生時対応への不安を感じている。

Amazonが提供する運用サービスだけでは不安が残るため、AWS運用に知見のあるベンダに的確な対処方法をコンサルティングしてほしい。

解決手段/導入効果

AWSではメンテナンス当該日時になると自動的にプロセス(インスタンスリブート、システムリブート等)がスタートしてしまうため、その際の対処が必須となる。

ミッションクリティカルなシステムを安全面と性能面から継続維持するため、サービスマネージャがAWS上に搭載予定のお客様各システムについてAWSとのFit&Gap分析を実施。分析をふまえて対処法を導き出し「AWSメンテナンス時の対応フロー」を作成。仕様書に反映させることでAWS自動メンテナンス実施時の運用不安を解消。

クラウド、ネットワーク、LAN環境すべてをサポート範囲とし、導入の検討から運用に至るまでを一元的にサポート。

AWS定期メンテナンスへの対応フロー整備事例

AWS定期メンテナンスへの対応フロー整備事例

お客さまシステムをオンプレミスからAWSに移行した場合に発生する、AWS側定期メンテナンスへの対応フローを整備、運用不安の解消に貢献しました。

お客さまニーズを踏まえた運用カスタマイズ例

お客さまニーズを踏まえた運用カスタマイズ例

AWS環境の導入に伴い、VM追加時の自動監視登録や運用ツールのカスタマイズを実施。ネットワークを含めた安心の運用体制を整備しお客さまの運用環境改善に貢献しました。

ハイブリッドクラウドに対応した
グローバルのICTインフラ運用

ハイブリッドクラウドに対応したグローバルのICTインフラ運用

オンプレミス・AWSの運用に加え、WANを含めたICTインフラをグローバルで一元的に運用することにより、運用品質の向上や運用対応時間の短縮化に貢献しました。

課題を解決したソリューション サービス

ハイブリッドクラウド運用サービス

お客さまシステムをオンプレミスからAWSに移行した場合に発生する、AWS側定期メンテナンスへの対応フローを整備、運用不安の解消に貢献しました

詳細はNTT Com AWSソリューションをご覧ください

一言ヒント!

近年、企業におけるICT環境の複雑化や多様化が進み、一つの企業で複数のクラウドサービスを利用する例が一般的になっています。

NTTコミュニケーションズはこれまで、クラウドサービス単体の提供に加えて、オンプレミスとクラウドのハイブリッドクラウド環境や、複数のクラウドサービスをシームレスに利用できるマルチクラウド環境の提供を行ってきました。

その一環として、AWSの導入に実績を持つサーバーワークス社と資本業務提携を実施し、ハイブリッド/マルチクラウド環境のコンサルティング、移行・構築、運用などのソリューションサービスを強化しました。複雑化し多様化するICT環境へのニーズに連携して取り組み、お客さまのデジタルトランスフォーメーションに貢献していきます。

サーバーワークス社との資本業務提携について(2018年7月18日プレスリリース)

https://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2018/0718.html

関連資料ダウンロード

【AWS運用】お客さまニーズを踏まえた運用カスタマイズ例(372KB)

AWS環境の導入に伴い、VM追加時の自動監視登録や運用ツールのカスタマイズを実施。
ネットワークを含めた運用体制を整備しお客さまの運用環境改善に貢献しました。

【AWS運用】AWS定期メンテナンスへの対応フロー整備事例(344KB)

お客さまシステムをオンプレミスからAWSに移行した場合に発生する、AWS側定期メンテナンスへの対応フローを整備、運用不安の解消に貢献しました。

【AWS運用】グローバルなハイブリッドクラウド(+ネットワーク)運用(558KB)

オンプレミス・AWSのハイブリッド環境の運用に加え、WANを含めたICTインフラをグローバルで一元的に運用することにより、運用品質の向上や運用対応時間の短縮化に貢献しました。

関連用語

AWS(アマゾン ウェブ サービス)

Amazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービス。「パブリッククラウド」と呼ばれるサービス形態を取っており、インターネット経由でAWSのコンソール画面にアクセスすると、様々な機能を利用することが可能。クラウドの基本的なサービスであるレンタルサーバー、データベース、ストレージを利用したデータの保存、バックアップをはじめ、ソフトウェアのオンデマンド配信、IoTシステムの構築、機会学習、画像認識といったAmazonが保有する最新の技術を利用できる。

関連記事

オンプレミスからAWS基盤へ移行する際の運用不安を解決!
-監視ツールの活用最適化-

自社のセキュリティ対策は大丈夫?巧妙化する見えざるサイバー攻撃への対策最前線

グローバル企業におけるICTインフラ環境の最適化
-AWSおよびハイブリッドクラウド運用-

※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、および当ウェブサイトで使用されるその他の AWS 商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

Global Management Oneメニュー

関連リソース

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ