Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Portugues do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Espanol / Deutsch / Francais
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

NTT Com グループの
サステナビリティについて

~サステナブルな未来を創造する
企業グループを目指して~

“Your Value Partner” として人と世界の可能性をひらく、
「まだ見ぬコミュニケーションの創造」※1に挑み続け、
「サステナブルな未来の実現」に取り組みます

今日、気候変動問題をはじめSDGs/ESG などに示された地球規模での課題やリスクへの取り組みは、持続可能な社会を次の世代へ、そしてその先の未来に繋いでいく上で、一層、喫緊となっています。
NTT コミュニケーションズグループでは、こうしたSDGs/ESG を巡る内外の動向やそれらに伴う事業環境の変化、未来社会を支える先端技術の動向などを踏まえ、2021 年5 月、これまでの「CSR 基本方針」を改定し、サステナブルな未来を創造する企業グループを目指して、新たに「サステナビリティ基本方針」を策定しました。
この新たな基本方針にもとづくNTT コミュニケーションズグループのサステナビリティは、「社会」「環境」「人材」「ガバナンス」をその重点領 域としています。
各重点領域では、私たちの企業理念・信条事業ビジョン「Re-connect X」のもと、次のような「目指す未来」を掲げています。

  • 社会

    目指す未来

    イノベーティブで活力にみち、強靭で安心・安全、そして価値創発で持続的に発展するよりよい未来

  • 環境

    目指す未来

    カーボンニュートラルで、資源が循環し、生物多様性が保全されて自然と共生する、グリーンな未来

  • 人材

    目指す未来

    多様性に富み、誰もが尊重され共に高め合い、社会に応えて自分らしく活躍できる未来

  • ガバナンス

    目指す未来

    高い倫理観と確固としたガバナンスのもと、常に信頼され、多彩な共創がサステナブルな社会を織りなし、紡ぐ未来

これらの実現に向け、SDGs と関連付けつつ、マテリアリティ特定プロセスを経て、「社会と未来をつなぐDX の推進」や「限界を打破するイノベーションの推進」「脱炭素社会の推進」「循環型社会の推進」「人権の尊重」「ダイバーシティ & インクルージョンの推進」「バリューチェーン・パートナーシップの充実」「コンプライアンス・リスクマネジメントの徹底」などの12 の重点活動項目、関連する主要推進事項や、 2030 年カーボンニュートラル(Scope1・2)の実現などの目標、各種KPI を定めています。
そして、これらの推進とPDCA サイクルによるサステナビリティマネジメントなどの実施により、私たちの事業活動がもたらす、バリューチェーン全体を通じた社会への「正の影響」の一層の強化と、「負のリスク・影響」の最小化※2を図ることにより、持続可能な社会を目指すものとなっています。
また、全員参加型で作り上げた私たちの「企業理念」・「信条」のもと、私たち一人ひとりが「自らはじめ」、「共に高め」、日々の業務や事業ビジョン「Re-connect X」の推進などを通じて、持続的に「社会に応えて」自分らしく活躍していくことをその取り組みのベースに置いたものとなっています。
私たちは、こうした取り組みの実践を通じて、さまざまなステークホルダーの皆さまと共創し、さまざまな壁を乗り越え、限界を打破しつつ、バリューチェーン全体で持続的に社会に応えていきます。そして、その積み重ねによって社会全体のDX、WX、GX、SX を推進し、「SDGs 達成への貢献」、その先の「サステナブルな未来」の創造に取り組んでいきます。

サステナブルな未来 私たちの目指す未来

※1 「まだ見ぬコミュニケ―ションの創造」とは、「今日と未来の懸け橋として、あらゆる情報があらゆる垣根を越え、最適なかたちで社会をめぐり、より活用され、人と世界の可能性、そして、想像を 超える未来を切り拓き、未知なる豊かさを社会や世界に届けてゆく、そのようなコミュニケーションの創造に向け、コミュニケーションの無限の可能性に挑み続けること」です。 これは、私たちNTT コミュニケーションズグループの使命であり、存在意義であり、「企業理念」の中核をなすものです。NTT コミュニケーションズグループのサステナビリティおよびその基本方針 は、このような取り組みと基本姿勢を私たちの行動規範である「信条」の3項目(「自ら始める」「共に高める」「社会に応える」)とともにその骨格に据えたものとなっています。また、下記の 「Corporate Message」、「Tagline」に込めた私たちの意志を反映したものとなっています。

※2「SDGsへの貢献とバリューチェーンを通じた取り組み」中の「NTTコミュニケ―ションズグループのバリューチェーンを通じたサステナブルな未来実現に向けた取り組み」参照

Corporate Message

今日と未来の間に。

Tagline

Go the Distance.

まだ見ぬコミュニケーションの創造を通じて、距離を超えた先にある価値を創り出す、という意味を込めています。
加えて、「最後までやり抜く」の意味から、我々が大切にしてきた誠実さをもって、社会や顧客の期待を超えて、信条を貫き、企業理念を実現する決意を表現しています。

関連情報

Get ADOBE READER(別ウィンドウで開く)PDF形式の書類をご覧になるためにはAdobe Readerが必要です

お問い合わせ

このページのトップへ