Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

用語集

保管基盤

保管基盤とは、データを保管する基盤(ストレージ)のことを指す言葉です。企業が保有するデータの種類はさまざまで、それぞれにコンプライアンス対応の要否や保護対策、保存期間、ビジネス価値などが異なります。

企業は膨大な量のデータを管理・分析しなければなりません。さらに、今後も増え続けるとされています。それぞれのデータの重要度に合わせて、最適な保管基盤や接続方法、保護対策などの選択が必須です。

大量のデータを保存・管理する場所として、近年は外部のクラウドストレージを採用するケースが増えています。クラウドはインターネット環境さえあればどこからでも容易にデータを閲覧・共有可能で、データが増えてもすぐに容量を拡張できるなど、さまざまなメリットを享受できます。

また、サービスのセキュリティも強化されてきているため、機密データをクラウド上に格納するケースも見られます。

一方で、大容量のデータをクラウドストレージに移管するとなると、ネット環境やデータ量によってはデータ転送に時間がかかることもあります。

そのため、データ分析基盤にクラウドサービスを利用するにしても、生データの保管場所には従来型のストレージを使用するなど、データの保管先を使い分けるといった工夫が必要になります。

お問い合わせ

このページのトップへ