Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2022年7月21日

クラウドサービスにおいてCO2排出量の予測・可視化機能を提供

~再生可能エネルギーを活用したクラウドサービスで、お客さま・社会のGXを加速、カーボンニュートラル実現に貢献~

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、「Smart Data Platform※1(以下 SDPF)クラウド/サーバー」において、お客さまが必要とするリソース容量などからCO2排出量を予測するシミュレーション機能を2022年7月29日より、加えて、CO2排出量※2を可視化するダッシュボード機能を2022年9月下旬より開始します。

これによりお客さまは、既存のオンプレミス環境から「SDPFクラウド/サーバー」への移行によるCO2排出量削減効果のシミュレーションが可能となるとともに、お客さまのご利用によって排出されたCO2排出量をポータル上で確認することが可能となります。

なお、「SDPFクラウド/サーバー」では、100%再生可能エネルギー(以下 再エネ)※3を使用するサービス提供拠点を2021年より順次拡大しています。再エネを活用したクラウドサービスの提供により、お客さまおよび社会全体のGreen Transformation(GX)を加速し、カーボンニュートラルの実現に貢献します。

1.背景

政府がめざす2050年のカーボンニュートラルを実現するため、NTT Comでは、自らの脱炭素化である「Green of ICT」、社会・お客さまの脱炭素化である「Green by ICT」の2つの軸でGXを進めています。

その取り組みの1つとして、「SDPFクラウド/サーバー」の提供拠点における再エネ活用を拡大しており、2022年6月までに5割の拠点のカーボンニュートラルを実現しました。

また、データセンターサービスにおいては、2022年4月よりお客さまのご要望に応じた再エネを選択できる電力メニューを提供※4するなど、社会全体のカーボンニュートラル実現に向けさまざまな取り組みを行っています。

2.提供内容

(1)CO2排出量を予測するシミュレーション機能

シミュレーションサイト上でお客さまがご利用予定のリソース容量などの必要情報を入力すると、お客さまが「SDPFクラウド/サーバー」を利用した場合のCO2排出量の予測値および既存のオンプレミス環境から「SDPFクラウド/サーバー」への移行によるCO2排出量削減効果をシミュレーションすることができます。

■提供開始日

2022年7月29日

■利用料金

無料

(2)CO2排出量を可視化するダッシュボード機能

「SDPFクラウド/サーバー」をご利用いただいているお客さま向けに提供する機能で、お客さまのご利用によって排出されたCO2排出量、ご利用の拠点やメニューごとの内訳、経月の推移をポータル上で確認することが可能となります。

■提供開始日

2022年9月下旬(予定)

■利用料金

無料

3.今後について

2023年度中を目標に、NTT Comが提供する「SDPFクラウド/サーバー」のすべての提供拠点において利用エネルギーを再エネとし、「SDPFクラウド/サーバー」のカーボンニュートラルを実現する予定です。また、「グリーンプログラム」や「グリーンテクノロジー」をはじめとした、カーボンニュートラル実現に資するGXソリューション※5の提供により、社会全体のカーボンニュートラル実現に貢献していきます。


NTTドコモ、NTT Com、NTTコムウェアは、新ドコモグループとして法人事業を統合し、新たなブランド「ドコモビジネス」を展開しています。「モバイル・クラウドファースト」で社会・産業にイノベーションを起こし、すべての法人のお客さま・パートナーと「あなたと世界を変えていく。」に挑戦します。

NTT Comは、事業ビジョン「Re-connect X®」にもとづき、お客さまやパートナーとの共創によって、With/Afterコロナにおける新たな価値を定義し、社会・産業を移動・固定融合サービスやソリューションで「つなぎなおし」、サステナブルな未来の実現に貢献していきます。

※1:「Smart Data Platform」は、データ利活用に必要な収集・蓄積・管理分析におけるすべての機能を、ICTインフラも含めてワンストップで提供し、データ利活用によるDX実現を加速させるプラットフォームです。詳しくは下記Webサイトをご覧ください。

※2:お客さまが「SDPFクラウド/サーバー」でご利用されているリソース(サーバー、ストレージなど)および弊社データセンター内で消費される電力に基づき、NTT Com独自の算出方法にて計算したCO2排出量となります。

※3:実質再エネを含みます。NTTアノードエナジー株式会社、その子会社である株式会社エネット(小売電気事業者登録番号:A0009)などが連携し、NTT Comのデータセンターへの電力供給を行い、カーボンニュートラルを実現します。

※4:「データセンターにおいて専用発電所を含めた幅広いグリーン電力が選択可能に」(2022年3月28日)
https://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2022/0328_2.html

※5:ICTを活用し、産業およびライフスタイルの変革を行い、環境と人が共存した社会を実現するソリューションです。
https://www.ntt.com/business/solutions/gxesg.html

本件に関するお問い合わせ先

プラットフォームサービス本部

クラウド&ネットワークサービス部


【別紙】

(1)CO2の排出量を予測するシミュレーション機能画面イメージ

(2)CO2の排出量を可視化するダッシュボード機能画面イメージ

2022-R054

このページのトップへ