収益分析ダッシュボードを画面に表示しているノートPCのイメージ

EC・APIで自動化できるサブスクリプション管理システム

Subsphere(サブスフィア)

サブスクビジネスの運用を自動化!
見積り・請求業務の負荷を大幅削減

サブスクビジネスで、こんな課題はありませんか?

販売・請求業務を減らして
営業活動に専念したい

自社開発では
莫大な費用がかかる

早期にリリースしたいが
リソースが不足している

Subsphere(サブスフィア)にできること

見積り/受注/請求/決済を
自動化して営業活動に専念

  • ECサイト・マイページで営業を介さない見積り・注文を実現
  • 契約・請求・決済なども一元管理でき、事務処理を大幅削減

必要な機能を
低コスト・短期間で実装

  • セミオーダーで必要な機能を組み合わせて構築
  • ご契約から約1.5カ月でシステムを利用開始

業務代行・コンサルで
リソース強化・期間短縮

  • NTTグループ企業としてのケイパビリティで総合支援
  • ECサイト構築・システム連携代行、立ち上げコンサルなど

特長

サブスクリプション事業に
必要な機能を網羅しているから安心

商品・顧客・見積り・契約・請求の管理機能はもちろん、ECサイト・マイページ・API・収益分析ダッシュボードなどを網羅しています。自社開発よりも低コストで必要な機能を実装可能です。

Subsphere(サブスフィア)。商品(無形・有形)・仕入、顧客(企業・個人)、代理店・取次店、見積り・受注・契約、請求・決済、課金ルール、ECサイト(BtoB・BtoC)、マイページ(企業・個人)、収益分析ダッシュボード、API・システム連携。

柔軟に課金設計できるから
料金プラン変更や解約処理も簡単

継続課金・従量課金・売り切りなどの幅広い課金形態に対応可能です。商品に紐づけた課金ルールで自動請求を実現し、最大9割の請求業務を削減できます。

商品プラス課金ルール。商品に販売価格・税率などを設定。課金ルールに課金方法・サイクル・契約更新方法などを設定。自動請求で最大9割の請求業務を削減。

250本以上のAPIで
既存の基幹システムやSFAなどと連携

SAP・Salesforceなどの基幹系システムとのAPI連携が可能なほか、決済代行サービスとの連携実績も豊富です。

  • GMOペイメントゲートウェイ・NTTスマートトレード・SBペイメントサービス・ネットプロテクションズ
Subsphere(サブスフィア)。APIは、販売管理システム、会計システム、SAP、Salesforceなどと連携。決済代行サービスは、GMOペイメントゲートウェイ、NTTスマートトレード、SBペイメントサービス、ネットプロテクションズと連携。

MRR・ARR・LTV・解約率などの
自動集計ダッシュボードで迅速にKPI分析

自動集計されるダッシュボードで、定期収益の増減要因分析・アップグレード分析・クロスセル分析などを行えます。施策への迅速な意思決定に役立ちます。

年度累計売上高・単月売上高、顧客数・解約率、LTV・平均客単価・解約率、MRR・ARR。

機能・サービス

事例

ご利用料金

初期費用

  • 150万円~
  • (税込165万円~)

月額料金

  • 15万円~
  • (税込16万5千円~)
  • 費用は導入範囲などによって変動します。詳しくは、Web会議をお申し込みください。
  • 業務代行・コンサルティングをご希望の場合は、別途、費用が発生します。
  • 最低利用期間は、利用開始日から1年間となります。
  • 最低利用期間内に解約の場合は、残余期間分の料金をご請求させていただきます。
  • 契約は自動更新となります。解約は解約希望日の60日前までに弊社所定の様式のご提出が必要です。
  • 日割り計算は行っておりません。解約月の利用料金は、月の途中でも1カ月分をご請求させていただきます。

ご利用の流れ

ご契約から約1.5カ月で、サブスクリプションビジネスに必要なシステムを提供

  1. サービス紹介・ヒアリング

    お打ち合わせでSubsphereのご紹介、および貴社のサービスや業務内容、抱えている課題についてお伺いします。

  2. ご提案・お見積り

    ヒアリングの内容にもとづき、ご提案とお見積りを提示します。

  3. ご契約

    契約を締結し、提供開始に向けた準備を開始します。

  4. 契約後 約1.5か月

    システムの提供開始

    サブスクリプションビジネスに対応したバックオフィス・フロントエンド機能の提供を開始します。

セミナー・イベント情報

現在、セミナー開催・イベント出展の予定はありません。

  • 記載されている会社名や製品名は、各社の商標または登録商標です。

Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

関連コンテンツ

  • 工事・故障情報

    Subsphereの工事・故障情報をご覧いただけます。通知サービスに登録いただくとメールでお知らせします。

  • お役立ちコンテンツ

    サブスクリプションビジネスの国内市場規模・メリット・課題・事例などのお役立ち情報を掲載しています。

このページのトップへ