Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
フィリピン(DTSI): English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

Enterprise Cloud

  • 画像:データインテグレーション
  • 画像:Smart Data Platform

インフォマティカソリューション

さまざまなシステムに分散するデータの統合・管理を容易にするデータインテグレーション

サービス概要

~すべてのデータをつなぐ~
データ利活用のためのデータインテグレーションプラットフォームを
クラウドサービスでご提供

企業がDXを推進していくための大きな鍵となるのがデータ利活用です。しかしながら、さまざまなIT基盤でデータを管理しているため、複数データを連携させた分析などが容易ではありません。インフォマティカ(データマネジメント)とNTTコミュニケーションズ(プラットフォーム)の両社の強みを活かし、さまざまなシステムに分散するデータを統合・管理するデータインテグレーションプラットフォームをご提供します。

特長/メリット

インフォマティカの特長

インフォマティカは、データ利活用の鍵となるエンタープライズクラウドデータ管理のグローバルリーディングカンパニーです。クラウド型データ統合ソリューション「Informatica Intelligent Cloud Services」をはじめ、インフォマティカの各種ソリューションをNTTコミュニケーションズの「Enterprise Cloud」を通じて提供し、「Smart Data Platform」のデータインテグレーション機能を担います。

NTTコミュニケーションズのインフォマティカ ソリューションは、企業がデータの利活用を促進する上で直面する、「データ移行・連携・同期コスト増大」「散在するデータ資産の品質・信頼性・安全性の担保ができない」「業務・顧客サービス・デジタル戦略へのデータ資産活用が困難」といった課題を解決します。

NTTコミュニケーションズが提供するインフォマティカの強み

■フルスタック提供
ネットワークサービス「Flexible InterConnect」とクラウドサービス、データマネジメント基盤の組み合わせにより、セキュアなデータマネジメント環境をフルスタックでサポート可能。

■インテグレーション力
インフォマティカのプラチナパートナーであり、豊富な実績とナレッジを持つNTTデータ社と連携しインフォマティカのパッケージ製品をEnterprise Cloud上に構築しマネージドで提供可能。

画像:インフォマティカのプロセス

活用シーン

ERPや各種SaaSなど、オンプレミスとクラウド環境にまたがるさまざまなITシステムをセキュアなネットワークで接続し、データマネジメントプラットフォーム上に統合。統合されたデータの可視化により、事業部門が必要なデータを自ら取得し、すぐに利活用できる全社統合プラットフォームとして標準化を実現します。

画像:インフォマティカソリューション図

このページのトップへ