Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

グローバル企業のICTインフラ最適化事例
- 監視運用の統合管理、統一窓口化を実現!-

AWS、オンプレミス環境、各環境および拠点を結ぶIPネットワーク、すべての運用を単一ベンダーにアウトソースし、バイリンガル対応のサービスデスクを設置することで監視運用の統合管理、統一窓口化を実現。

グローバル企業のICTインフラ最適化事例 - 監視運用の統合管理、統一窓口化を実現!- AWS、オンプレミス環境、各環境および拠点を結ぶIPネットワーク、すべての運用を単一ベンダーにアウトソースし、バイリンガル対応のサービスデスクを設置することで監視運用の統合管理、統一窓口化を実現。 AWS

適用業界・分野

  • ・製造業

導入用途

  • ・ハイブリッドクラウド運用
  • ・グローバルICTインフラ運用
  • ・運用対応時間の短縮化
  • ・一元窓口による運用の効率化

目的/効果

AWSの利用形態に応じ、最適なWAN環境と運用体制を提供

従来の課題

世界各地に拠点展開しているため、ITガバナンスのレベルをグローバルで統一し、維持したい。オンプレミス環境でワールドワイドにコンシューマ向けサービスの基盤を提供しているが、自社での運用は人的/ソフトウェア・ハードウェア面で負担が大きい。また、各拠点からICTインフラ環境への快適な接続をどう担保するかも課題となる。

グローバル対応可能で拡張性も高いAWS(アマゾン ウェブ サービス)への移行を検討しているが、運用を各拠点担当者に任せっぱなしでは、リージョンごとに差分が出てしまう可能性が高い。オンプレミス環境と窓口や運用方法が異なると、IT運用がかえって煩雑になってしまうのではないかと不安。

解決手段/導入効果

AWS、オンプレミス環境、各環境および拠点を結ぶIPネットワーク、すべての運用を単一ベンダにアウトソースし、バイリンガル対応のサービスデスクを設置することで監視運用の統合管理、統一窓口化を実現。コンタクトセンター業界の世界標準規格であるCOPC-2000®規格を活用し、高品質なサービスを提供。

国内の運営拠点との緊密な情報連携による「見える化」で、全拠点の一括管理体制を構築し、お問い合わせ受付からインシデント解決まで、お客さまからのお問い合わせを記録・管理。豊富なサポートノウハウを活用して、迅速かつ的確な対応を実現。

AWS定期メンテナンスへの対応フロー整備事例

AWS定期メンテナンスへの対応フロー整備事例

お客さまシステムをオンプレミスからAWSに移行した場合に発生する、AWS側定期メンテナンスへの対応フローを整備、運用不安の解消に貢献しました。

お客さまニーズを踏まえた運用カスタマイズ例

お客さまニーズを踏まえた運用カスタマイズ例

AWS環境の導入に伴い、VM追加時の自動監視登録や運用ツールのカスタマイズを実施。ネットワークを含めた安心の運用体制を整備しお客さまの運用環境改善に貢献しました。

ハイブリッドクラウドに対応した
グローバルのICTインフラ運用

ハイブリッドクラウドに対応したグローバルのICTインフラ運用

オンプレミス・AWSの運用に加え、WANを含めたICTインフラをグローバルで一元的に運用することにより、運用品質の向上や運用対応時間の短縮化に貢献しました。

課題を解決したソリューション サービス

GMOne

お客さまシステムをオンプレミスからAWSに移行した場合に発生する、AWS側定期メンテナンスへの対応フローを整備、運用不安の解消に貢献しました。

詳細はNTT Com AWSソリューションをご覧ください

一言ヒント!

グローバルに拠点を展開しているお客さまは、各拠点からの異なるITニーズへの対応、AWS・Azureをはじめとしたパブリッククラウドと基幹系システムのオンプレミスが両立するハイブリッドクラウド環境の管理をどう行うかが大きな課題となっています。

NTTコミュニケーションズのGlobal Management Oneは各国・リージョンごとに異なる環境を統合して管理・運用し、お客さまからの問い合わせに多言語対応のヘルプデスクにて対応。NTTコミュニケーションズの設備や人的リソース、オフショア拠点を活用することで、お客さまがヘルプデスクのための人や場所を用意する必要がありません。

IT運用管理者様にもサービスマネージャが単一窓口として応対し、お客様の運用負荷の削減と運用業務の効率化に大きく貢献します。

関連資料ダウンロード

【AWS運用】お客さまニーズを踏まえた運用カスタマイズ例(372KB)

AWS環境の導入に伴い、VM追加時の自動監視登録や運用ツールのカスタマイズを実施。
ネットワークを含めた運用体制を整備しお客さまの運用環境改善に貢献しました。

【AWS運用】AWS定期メンテナンスへの対応フロー整備事例(344KB)

お客さまシステムをオンプレミスからAWSに移行した場合に発生する、AWS側定期メンテナンスへの対応フローを整備、運用不安の解消に貢献しました。

【AWS運用】グローバルなハイブリッドクラウド(+ネットワーク)運用(558KB)

オンプレミス・AWSのハイブリッド環境の運用に加え、WANを含めたICTインフラをグローバルで一元的に運用することにより、運用品質の向上や運用対応時間の短縮化に貢献しました。

関連用語

COPC-2000規格

米国国家経営品質賞(マルコム・ボルドリッジ賞)の基準とフレームワークを基に、コンタクトセンター業務に特化して策定されたグローバル水準での品質保証規格。コンタクトセンターのサービス、クオリティ、コスト、顧客満足度、売上のパフォーマンスと運営管理手法について、優秀なベンチマークと比較し、基準を全てクリアした組織に与えられる。1年に1回、審査を受けないと継続できない厳しい認証制度であり、一般的には「COPC-2000規格」や「COPC規格」と呼ばれ、導入により短期間で体系的かつ網羅的な業務品質の管理体制を作ることができるとされる。

関連記事

オンプレミスからAWS基盤へ移行する際の運用不安を解決!
-監視ツールの活用最適化-

今こそDX! デジタルトランスフォーメーション千思万考!

グローバル企業におけるICTインフラ環境の最適化
-AWSおよびハイブリッドクラウド運用-

※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、および当ウェブサイトで使用されるその他の AWS 商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

Global Management Oneメニュー

関連リソース

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ