Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

データ利活用

AIやIoTなどの普及でデータを活用した、顧客体験の向上、ビジネスを変革していくことの重要性は高まっています。
データ利活用に必要な収集・蓄積・管理分析の機能を企業の用途やニーズに合わせ柔軟に組み合わせてワンストップに提供し、お客さまのデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現します。

データ利活用でのこんな課題やお悩みを解決します

複数のクラウドに散在したデータを統合したい

オンプレミス環境に加え、さまざまなクラウドサービスを併用することで、データが散在してしまいます。ビジネスに有効なデータに迅速にアクセスするには、データを一元管理することが有効です。NTTコミュニケーションズでは、さまざまなシステムに分散するデータの統合・管理を容易にするデータインテグレーションの仕組みを提供しています。

インフォマティカソリューション

分散するあらゆるデータの接続・連携、データ資産の品質確保、可視化等により、企業のあらゆる部門でデータ活用を可能とし、企業がデータの利活用を促進する上で直面する様々な課題を解決します。

API Gateway as a Service

複数のシステムで利用するAPIを統合管理し、外部との接続を支援する「API Gateway as a Service」は、スムーズなAPI連携でデジタルビジネスを推進します。APIの認証や権限管理を一括で行うことができ、多数のAPIが存在する場合にも、その管理を効率化します。

専門知識がない人でもデータを活用できるようにしたい

各種報告に使うデータの集計や図表化、分析に時間がかかってしまうとタイムリーな意思決定が困難です。
BI/BAツールや簡易な分析ツールを用いることで、複雑な専門知識がなくても簡単にデータを活用できるようになります。

BI/BAツール TIBCO Spotfire🄬 

直感的な操作でデータを可視化し、相関分析、クラスタ分析、予測分析などにより探索的な分析を可能にするBI/BAツールです。分析に役立つ統計解析手法を標準搭載。複雑なコードを書かずに数クリックで解析可能で、単なるKPI集計にとどまらず、見たい指標を後から柔軟に深掘り分析できます。

データマイニング Visual Mining Studio

データマイニングに必要なデータの前処理から、データ分析まで高機能なツール群を簡単に利用できます。プログラミング不要なので、専門的な知識を持っていない人でも理解しやすく、なおかつ複雑な処理をモジュールやスクリプトを用いて構成することが可能です。

AI活用により業務を効率化・高度化したい

人手に頼らず、AIを活用し、分析やモデル生成を行うことで、より迅速かつ正確な判断が可能となります。
NTTコミュニケーションズは、お客さまの業務に適したAI活用によるビジネスの高度化を支援します。

画像認識 Deeptector

監視・検閲・保全・点検・製品検査など、人の「目」による判定・判別作業を自動化する画像認識AIです。柔軟に接続できるAPIを具備。今お使いのシステムとの連携も簡単にできます。

機械学習モデル生成自動化 DataRobot

高精度の予測と自動化を実現する革新的な機械学習プラットフォームです。非常に簡単な操作で、予測モデル構築からシステム展開・業務利用まで可能。大量の機械学習アルゴリズムから問題に適した高精度なモデルを自動的に計算します。

データ活用にかかる手間を減らしたい

収集したデータや分析データを元に行動につなげたいが、新たなプロセスを業務に反映させることでより業務が増えてしまう、といった手間を懸念されていませんか。
データ活用におけるプロセスを自動化、効率化することで、より本質的な業務に時間を多く使うことができます。

ゼロクリックBI HyperIntelligence

ゼロクリックで業務や意思決定に必要なデータや情報を簡単に表示できるBIツールサービス。専門的なスキルがなくてもシンプルな操作でデータの可視化が可能です。

デジタルワーカープラットフォーム
Blue Prism Cloud

業務の自動化(オートメーション)を加速 。パソコン上で行う単純作業を自動化する RPA(Robotic Process Automation) の機能をベースに、画像から情報を抽出する認知機能や AI による文章理解、人とコミュニケーションができるチャットボットなどのインテリジェントな機能を加え、より高度で複雑な業務を自動化します。

個人情報などを含む機密データの取り扱いが不安

機密データを匿名化しクラウドに蓄積。「Smart Data Platform」のインターコネクト機能であるFlexible InterConnectを組み合わせることで、各種パブリッククラウドとセキュアにデータ流通させることが可能です。パブリッククラウドの先進的な機械学習機能などを活用し、安全にデータ分析を行うことができます。

データ匿名化 tasokarena

改正個人情報保護法全面施行に伴い、企業は個人情報を匿名加工情報に加工し、一定の義務を守ることで、より積極的にデータを利活用することが可能となりました。蓄積された機密データに対し、適切な匿名化をサポートする機能を月額料金モデルで提供しております。

このページのトップへ