Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

IoT

データの統合や活用には、IoTを活用したインフラデザインも重要になってきます。
企業がIoTシステムやソリューションを開発・構築・運用するためには、センサーデバイス、ネットワーク、クラウド、
アプリケーションといった多岐に渡る分野の知見が必要となります。
また、試行から検証までのプロセスをいかに迅速化するかは、他社に先んじたIoT活用の事業創出に向けた要件の一つとなっています。
NTTコミュニケーションズは、IoTを構成する要素をフルスタックで提供し、企業の生産性向上や新たなビジネス展開を支援します。

Things Cloud

多様なセンサー/デバイス接続からのデータ収集、可視化、分析、管理など、IoTに必要な機能がパッケージ化されたIoTプラットフォームです。スモールスタートから本格的なビジネス運用まで一気通貫で実現します。さまざまな業界や課題毎に構築され複雑かつブラックボックスになりがちなシステムを共通プラットフォーム化し、プロジェクト横断で活用できます。

Smart Data Platform Edge

エッジアプリケーションを搭載可能なサーバ仮想化機能を組み込んだ、マネージドエッジコンピューティング基盤を提供します。「Smart Data Platform」(SDPF)におけるデータ収集基盤サービスとして、リアルタイム処理、通信効率化、セキュリティ確保といったエッジの特長により、IoTの活用領域を拡張します。

IoT Connect Mobile Type S

利用する国に応じてネットワーク契約を異なる会社とする手間を削減します。利用地域ごとの最適料金でご利用いただけます。

IoT Connect Gateway

安全性が特に重要なサービスを利用されている方に、セキュアな通信環境をご提供します。

ローカル5G

さまざまなモノからのデータをリアルタイムかつ安定して取得できるようになります。

ホワイトペーパーダウンロード

NTTコミュニケーションズの取り組み

SDPF(Smart Data Platform)を基軸に顧客のDXを支援する

データ利活用に必要な収集・蓄積・活用(統合/管理/分析)の機能をお客さまの用途やニーズに 合わせ柔軟に組み合わせてワンストップに提供できるSDPF。

このページのトップへ