Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
cmn_ic_service-kobetsu_network

IoT Connect Gateway

IoTのセンサーデバイスなどから収集したデータの
クラウドへの接続を簡単・セキュアに

  • IoTデバイスから送られた非暗号化データを、サービスにて暗号化
  • クラウド接続時に必要となる接続情報や鍵交換を代理で実行
  • 1回線からお申し込み可能なため、PoCやスモールスタートでも安心

[ICGW Knowledge Center]チュートリアル・サービス説明書などのドキュメントやサービス稼働状況・よくある質問など役立つ情報を掲載。詳しくはこちら

ご検討中のお客さま お問い合わせ

フリーダイヤル

0120-106107

受付時間 9:30~17:00(土日祝日を除く)

お問い合わせ

IoT Connect
Gatewayとは

IoTデバイスの処理負荷やデータ量を気にすることなく、
クラウド側のインターフェース仕様に合わせて
簡単・セキュアにクラウド接続いただける
ゲートウェイサービスです。

IoT Connect Gatewayとは

※「IoT Connect Mobile® Type S」のNTTCプロファイル(eSIM切替機能なし)をご利用いただく必要があります。

データ収集の悩みにこたえる4つの特長

  • 閉域がなくてもセキュアにクラウド接続

    閉域がなくても
    セキュアにクラウド接続

    NTT Comサービスにて暗号化通信
    (HTTPS/MQTTS)に変換します。

  • 処理負荷がかかる暗号化処理をサービス側で実施

    処理負荷がかかる暗号化
    処理をサービス側で実施

    暗号化処理をサービスにて行うので、端末側の処理能力を気にする必要はありません。また、デバイス単位の設定も不要です。

  • クラウドサービスにアダプターで簡単接続

    クラウドサービスに
    アダプターで簡単接続

    対応するクラウドサービス※へ簡単に接続できるクラウドアダプター機能をセットでご提供。利用するクラウドに合わせた接続用パラメータなどのIoTデバイスへの設定が必要なくなり、作業負荷の軽減が図れます。

  • 暗号化プロトコルの送信にかかるデータ使用量を抑制

    暗号化プロトコルの送信に
    かかるデータ使用量を抑制

    IoTデバイスからサービス(IoT Connect Gateway)までは平文でデータを送信可能。暗号化プロトコルのオーバーヘッドが少なくなることにより、データ通信容量を節約できます。

モデルケース

GPS機能付き小型デバイスによる子供や高齢者の見守り

・デバイスを簡素化し、価格を抑えたい。

・暗号化通信によるモバイル回線区間のデータ通信容量を節約したい。

GPS機能付き小型デバイスによる子供や高齢者の見守り
  • 暗号化通信機能はデバイスではなくサービス(IoT Connect Gateway)側で行うことでデバイスの設計を簡素化
  • 暗号化プロトコルにかかるオーバーヘッドはモバイル回線区間のトラフィックには影響しないので、データ通信料金の節約に

ネットワーク構成詳細

ネットワーク構成詳細

NTT ComのIoT Connect Gatewayサービスにて
暗号化プロトコルへの変換処理を実施
することにより、
IoTデバイス側のデータ通信量を削減!

サービス仕様・料金

提供機能、ご利用料金をご案内します。

サービス仕様

プロトコル変換機能とクラウドアダプター機能を
セットでご利用いただけます。

プロトコル変換機能

IoTデバイスから送られた非暗号化データを、IoT Connect Gatewayサービスにて暗号化します。

対応プロトコル

HTTP

矢印

HTTPS

MQTT

矢印

MQTTS

クラウドアダプター機能

各クラウドサービスへの接続時に必要となる接続情報や鍵交換を代理で実行します。

対象クラウドサービス

Google Cloud IoT Core

AWS IoT Core

Azure IoT Hub

ご利用料金

1回線からお申し込みいただけます。

初回セットアップ時

初回セットアップ時
¥0

※本サービスのサーバーへの設定はお客さま自身でAPIにて設定いただきます

毎月の利用料

毎月の利用料
利用データ量に
もとづく段階制課金

IoT Connect Gateway月額利用料

課金単位はIoT Connect Mobile® Type Sの回線ごととなります。※1

月間利用データ量※2 月額利用料
スタンバイ(0~1,500B) 0円
1,500B〜3MB 110円 (税込121円)
3MB〜10MB 170円 (税込187円)
10MB〜30MB 200円 (税込220円)
30MB〜50MB 240円 (税込264円)
50MB〜100MB 270円 (税込297円)
100MB〜500MB 310円 (税込341円)
500MB〜1GB 350円 (税込385円)
1GB〜10GB 400円 (税込440円)
10GB〜30GB 700円 (税込770円)
30GB〜50GB 1,000円 (税込1,100円)
50GB〜 3,000円 (税込3,300円)
  • ※1 モバイル回線(IoT Connect Mobile® Type S)の料金は含まれておりません。
  • ※2 1MB=1,048,576B、1GB=1,073,741,824B
  • ※3 請求料金の計算はモバイル回線単位となりますが、請求金額はご契約(GCM-ID)単位の合計金額となります。

Smart Data Platform

データを必要とするすべての人のデータ入手・活用を迅速・容易にする
DXを成功に導くデータ利活用の最適解

ONE ANSWER for
DIGITAL TRANSFORMATION

Smart Data Platformは、企業に点在するデータを一つのプラットフォーム上でシームレスに融合。データを整理して利活用しやすくすることで、日々の活動から産まれるデータを企業成長のエンジンへと変える、次世代のプラットフォーム。
デジタルトランスフォーメーション(DX)を実現させる間違いのない選択肢として、企業を成功へと導き、産業・社会の発展に貢献する。

All in ONE

データの収集、蓄積、管理、分析に必要となるさまざまな機能をラインアップ。
ビジネスに応じて必要な機能を選択し、自由に組合せて利用可能。

ONE CLICK to SERVICE

簡単な操作で、すぐにサービスを利用できる。
業務量に応じた柔軟なICTリソースの設定・変更や、データの統合・連携も簡単に実現。

ONE POLICY

セキュアなデータ通信経路の確保、データ保管場所の指定、データの匿名化などによって、一貫したポリシーで運用でき、安心安全なデータ利活用を実現。

ONE STOP

複雑なICT環境をアウトソースすることで、日々の構築・保守業務から解放。
新たなビジネスモデルの創出やプロセス改革に集中できる。

  • ※ IoT Connect Mobile® Type SはNTTコミュニケーションズの登録商標です。
  • ※ Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • ※ Google、Google Cloud Platform および、GCP は、Google LLC の登録商標または商標です。
  • ※「Microsoft Azure」は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※ 記載されている会社名や製品名は各社の商標または登録商標です。

このページのトップへ