Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
フィリピン(DTSI): English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_network

Flexible InterConnect

用語集

コンプライアンス

コンプライアンスとは、社会において定められている法律・法令や規則を守り、企業としての経営を行うことを指します。

単語としては「命令や要求に従う」と言う意味を持っていますが、日本語では「法令遵守」と訳されることがほとんどです。ただし、守るべきものは法律だけでなく、社内で定められた企業規範や、法律ではカバーしきれない一般的な倫理観・道徳観なども含まれています。

企業でコンプライアンスが重視されるようになったのには、いくつかの要因があります。まず、2000年12月に閣議決定された行政改革大綱で、企業の自己責任体制が確立されたことが挙げられます。次に、1990年代から2000年代の初めにかけて多くの企業で不祥事が発覚したことを契機に、社会がコンプライアンスを強く求めるようになりました。その後、2006年5月の会社法改正や、同年4月の公益通報者保護法の施行も、大きな影響を与えています。

コンプライアンス違反を防ぐためには、社内の体制を整え、社員の意識を合わせる必要があります。そのために、行動基準の作成やコンプライアンスに対する知識の共有、社内で相談できる環境の整備、就業規則の策定など、全社をあげて取り組んでいくことが求められます。

次世代インターコネクトサービス

Flexible InterConnectの4つの特長

  1. 広帯域でセキュアに閉域接続

  2. 直感的なUIで一元管理

  3. セキュリティやルーティング機能など簡単利用

  4. 上限付き時間課金で安心

紹介動画

DX推進にあたり最新のクラウドを試したい【事業部門】と複雑化するICT環境の一元管理に悩む【IT部門】2つの部門での抗争が勃発しようとしていた…!

このページのトップへ