Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

不確実性の高い状態が続いているVUCA時代において、思考法のフレームワーク「OODAループ思考」が注目されています。OODAループ思考とは何か、VUCA時代においてなぜ有効なのかをみていきましょう!

OODAループ思考がVUCA時代の道標に!
図解で意味を解説

不確実性の高い状態が続いているVUCA時代において、思考法のフレームワーク「OODAループ思考」が注目されています。OODAループ思考とは何か、VUCA時代においてなぜ有効なのかをみていきましょう!

不確実性の高い状態が続いているVUCA時代において、思考法のフレームワーク「OODAループ思考」が注目されています。OODAループ思考とは何か、VUCA時代においてなぜ有効なのかをみていきましょう!

1. OODAループ思考を紐解く

はじめに読み方についてですが、OODAは「ウーダ」と読みます。耳なれない言葉かもしれませんが、このOODAとは、行動や判断を後回しにせず、早く決断し行動をしていくための思考法です。この思考法には4つのステップがあり、「みる」(観察:Observe)、「わかる」(状況把握:Orient)、「決める」(意思決定:Decide)、「動く」(行動:Act)で、それらの頭文字をとって、OODA(ウーダ)と呼ばれています。そしてこれら4つのステップを実行した結果について「ふりかえる」(ループ:Loop)を含めてOODAループ思考といいます。

OODAループ思考のステップ みる Observe 状況を先入観を持たずありのままにみる わかる図 Orient 持っている価値観に照らし合わせ理解する 決める Decide できるだけ直感で判断余裕があるときは分析 動く Act 動くと決めて徹底的に実行する ふりかえる Loop OODAの結果を検証

図1 OODAループ思考のステップ

OODAループ思考をつかうことで、判断と行動の先送りが減り、大きな失敗をするリスクが減少します。例えば、締め切りの近い課題に対して、詳しい先輩にアドバイスを求めたいけれど、自分でやるといった手前、相談しづらい…と悩んでいるうちに、期限間近になり焦っていい仕事ができなくなる…という経験をしたことはありませんか。行動を先送りしていると時間と選択肢が減り、本当はこうしたかった!というものを実現できなくなってしまいます。致命的な失敗は避けつつ、最速で行動することが重要になっていきます。

ちなみに、OODAループ思考を考案した人物は元アメリカ戦闘機パイロットだったジョン・ボイド氏です。彼は軍人でありながら研究熱心な人で、OODAループ思考を確立する過程において宮本武蔵の「五輪書(※1)」を大いに参考にしたそうです。
日本にあった実践法とのつながりがある思考法、と考えてみると親近感がわいてきます。

※1五輪書とは武士のいる時代に、命のやり取りをする真剣勝負の中で作られた、勝つためになすことが書かれた実践本です。

2. OODAと比較したPDCAなどのフレームワークとの違い

OODAループ思考とPDCAサイクルをはじめとしたフレームワークとの違いを簡単にまとめると、以下の図になります。

迅速性、柔軟性に長けているのがOODAループ思考 フレームワーク 正確性 迅速性 柔軟性 PDCAサイクル ロジカルシンキング 仮説思考 デザイン思考 OODAループ思考

図2各フレームワークの違い

フレームワークは使用する状況によって向き不向きがあります。各フレームワークと比較すると、OODAフレームワークは「迅速性」と「柔軟性」に優れています。

また、各フレームワークとの大きな違いはショートカットができることです。例えば、みる(Observe)を省略した、「わかる→決める→動く」です。これは、シリコンバレーでイノベーションの仮説検証で採用されているサービス/製品開発手法で、

  • 顧客の心を動かすことを目的に(わかる)
  • 情報・経験を分解、組み合わせて出したアイデアを、コストを抑えて試作する(きめる)
  • 顧客へ試作サービス/製品を提供する(動く)
  • ユーザーの反応や意見から試作を練り直す(ふりかえる)

というステップに応用されています。
これにより、顧客の必要とするものだけを最速で無駄なく作ることができます。行動の結果が予測できない現代においてOODAループ思考は、成功の保証がない状況下で必要なものを最速でアウトプットする際に力を発揮するといったメリットがあります。

3. なぜOODAループ思考がVUCA時代に注目されているのか

シリコンバレーでも活用されているOODAループ思考ですが、なぜ現代において注目を集めているのでしょうか。その理由として、世の中の不確実性の高さがあげられます。

経済産業省による「令和元年度 ものづくり基盤技術の振興施策」調査によると、パンデミックや貿易分野をはじめとする国家の政策をめぐる不確実性の高まりが、世界の政策不確実性指数(※2)の増加につながっています。

※2政策不確実性指数:世界の主要新聞における政策をめぐる不確実性に関する用語の掲載頻度を指数化したものです。

画像:図3世界の政策不確実性指数(1997.1 - 2020.1)出典:経済産業省|令和元年度 ものづくり基盤技術の振興施策

図3世界の政策不確実性指数(1997.1 - 2020.1)
出典:経済産業省|令和元年度 ものづくり基盤技術の振興施策

世界的な動向において不確実性の高い状況が続き、混沌とした情勢が「ニューノーマル(新常態)」になりはじめています。
企業にとっても不確定要素が多く、これまでの経験を役立てられない場面が頻出している状況を「VUCA時代」と呼んでいます。

VUCAとは「Volatility」(変動性)、「Uncertainty」(不確実性)、「Complexity」(複雑性)、「Ambiguity」(曖昧性)の頭文字をつなげた造語で、将来を予測することが困難な状況を表す言葉として用いられています。

将来を予測することが困難な状況を表すVUCA 状況を知っているか 既知 未知 行動の結果を予測できるか 予測可能 予測不能 Volatile 変動 状況をよく知っている 行動の結果を予測できる 対応の知識がある Complex 複雑 未知の状況 行動の結果は予測できる 一定の情報があり予測可能 Uncertain 不確実 状況の理解は可能 行動の結果が予測できない 対応効果の変動がありうる Ambiguous 曖昧 未知の状況 行動の結果が予想できない 先例なく方策が分からない

図4 VUCAの意味

未知の状況で、確実な予測が難しくなっているVUCA時代は、言い換えると「ものごとの変化が早い状況が続いている」とも考えられます。だからこそ、大きな失敗を回避しつつ変化に対して迅速かつ柔軟に対応できる必要があり、判断と行動の先送りが減るOODAループ思考が活用されるようになっています。

4. OODAループ思考の「わかる(Orient)」が迅速な行動の鍵!

不確実性の高い状態が続いているVUCA時代にこそ効果的な活用が望めるOODAループ思考ですが、4つのステップの中でも特に重要なのが「わかる(Orient)」です。「わかる(Orient)」はその重要性から、「ビックオー」とも呼ばれています。
行動に移すための判断をするときに、目の前にあるものが何なのかが「わかる」と判断に曖昧さがなくなり、主体的で前向き、そして迅速な行動につながります。VUCAでいうところの未知による複雑さ(Complex)、曖昧さ(Ambiguous)が少なくなり、予測もつきやすくなります。「わかる」範囲を広げていくことで、判断ミスも少なくなり、「動く」に集中できる状態になります。

NTT Comでは、お客さまICT環境の可視化を通して客観的な情報を収集し、より明確に状況が「わかる(Orient)」ソリューションを通して、OODAループ思考の迅速化に力を入れています。例えば、お客さまのエンドポイント(クライアント端末、サーバー)の状態をTanium(タニウム)を使用してリアルタイムに可視化し制御する「エンドポイントマネジメントソリューション」。マルチクラウド環境に最適なモニタリングを実現する「スマートクラウドマネジメント」。コンタクトセンターの運営状況や、お客さまとオペレーターの感情をAIで分析し、ダッシュボードで可視化する「コンタクトセンターKPI管理ソリューション」などです。

OODAループ思考は企業経営においても、個人レベルでも使えるモデルです。つい正解を求めすぎ行動に移せないこともありますが、大きなリスクを避け、迅速に成果を出すためにOODAループ思考を活用してみてはいかがでしょうか。

Global Management Oneメニュー

関連リソース

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ