Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

クラウド運用の最新トレンド!
理想的&現実的な『ハイブリッドクラウド』の運用方法とは

企業が社内サーバーやインフラ、ストレージなどのIT システムを構築・運用する際に、クラウドサービスを利用するケースが一般的になりつつあります。「AWS(Amazon Web Services)」をはじめとするクラウドサービスを利用している企業の割合は2016年から大幅に上昇しており、総務省の情報通信白書によれば、クラウド割合は8割に達していると言われています。

クラウド運用の最新トレンド!理想的&現実的な『ハイブリッドクラウド』の運用方法とは:企業が社内サーバーやインフラ、ストレージなどのIT システムを構築・運用する際に、クラウドサービスを利用するケースが一般的になりつつあります。「AWS(Amazon Web Services)」をはじめとするクラウドサービスを利用している企業の割合は2016年から大幅に上昇しており、総務省の情報通信白書によれば、クラウド割合は8割に達していると言われています。

近年、企業が社内サーバやインフラ、ストレージなどのITシステムを構築・運用する際に、クラウドサービスを利用するケースが一般的になりつつある。クラウドサービスを採用する実績が積み上がることで、これまでクラウドサービスに漠然として抱いていたセキュリティやサービス品質面での不安が薄まり、IaaS(Infrastructure as a Service)のグレードアップやグレードダウン、インスタンスの組み合わせの自由さといった利便性が評価されたからだ。また、人工知能(AI)や開発環境、データベース(DB)といったPaaS(Platform as a Service)を提供するクラウドサービスが増えたことで、必要なときに必要なサービスだけを利用できる環境が整ったことも利用に拍車をかけている。

増える企業のクラウドサービス利用

「AWS(Amazon Web Services)」をはじめとしたクラウドサービスを利用している企業の割合は、ここ数年、特に2016年から大幅に上昇している。総務省の「平成30年版情報通信白書」によれば、クラウドサービスを一部でも導入している企業の割合は56.9%と過半数を超えた。それだけでなく、クラウドサービスの効果を実感している企業の割合は85.2%にも達している。

クラウドサービスを利用する企業が増えていくなかで、IaaSのサーバサービスに加えてPaaSまで幅広く提供する「パブリッククラウド」の市場も大きく成長している。代表的なサービスである「AWS」はもちろんのこと、「GCP(Google Cloud Platform)」や「Microsoft Azure」などの利用も増加傾向にある。特に、パブリッククラウドはPaaSとしての機能を充実させてきていることから、最近では人工知能で機械学習をさせる、開発環境を構築する場合などに、パブリッククラウドのサービスを採用するといったことが増えている。この傾向は今後も強まっていくだろう。

IT運用担当者を悩ます『ハイブリッドクラウド』

既存システムをクラウドに移行する移行期では、ほとんどの企業が旧来のオンプレミスのサーバを運用管理しながら、プライベートクラウドで自社サービスを動かし、さらに新たなサービスの一部を、パブリッククラウドを使いながら構築するという煩雑な利用形態になっている。いずれは、プライベートクラウドとパブリッククラウドを併用するハイブリッドクラウドに集約されていくことになるだろうが、過渡期の今はハイブリッドクラウドにオンプレミスの実サーバ、もしくはクラウド上にオンプレミスの仮想サーバが存在するという構成になっていることが多い。

ところがこの利用形態では、情報システム部のようなサーバを保守運用する部署の管理負担を増やすことになる。理由としては、いくつもの異なる運用管理を採用しているからである。プライベートクラウドは自前のシステムで運用管理をするが、オンプレミスのシステムはシステムを構築したSIベンダーの独自仕様で運用管理をする。また一方で、パブリッククラウドはクラウドサービス事業者、あるいは外部ベンダーの開発した運用ツールで運用管理をする。つまり、三者三様の管理を強いられることになるのだ。ここで、パブリッククラウドも1つだけでなく複数のクラウドサービス、例えばAWSとAzure、あるいはAWSとAzure、GCPの3種類を利用することになると、さらにそれぞれのプラットフォーム上で運用管理をする必要が生じる。

このように、プライベートクラウド、オンプレミス、複数のパブリッククラウド間で煩雑にデータが行き来するサービスを構築すると、ネットワーク障害や機能障害が発生したときに、発生原因の切り分け調査に多大な労力と時間がかかってしまう。これは、クラウドサービスを導入して、インフラコストやソフトウェア資産をサービスコストへ置き換えるコストメリット以上の、コストデメリットにつながりかねない。したがって、ハイブリッドクラウドに移行する際は、IT運用担当者の管理負担を増やさない、むしろ今より管理負担を減らすように留意する必要がある。またそれは、今後の安定した運用設計に費やす労力を同時に考えなければならないということでもある。

そのためには、運用担当者から先の処理をできる限り一本化することが必要だ。一本化にあたっては、複数の運用ツールを同時に監視できる体制を構築するだけではなく、運用を担当している各ベンダーとの作業調整も最適化するとよいだろう。それによって、運用担当者の負担はかなり軽減するはずだ。また、クラウド各社への経費処理も一本化できれば、運用担当部門・経理部門ともにその恩恵を受けることができる。

『ハイブリッドクラウド』の最適な運用管理方法は?

『ハイブリッドクラウド』特有の悩みを解決するための方法としては、運用管理業務の全般、もしくは業務の一部をアウトソーシングすることだ。アウトソースするパートナーの条件としては、稼働するシステムに対して運用担当者と同等の理解を持ち、万が一インシデントが発生したときには、課題解決のために十分なリソースを確保できる、信頼のおける会社であることだ。

つまり、アウトソーシング先はどこでもいいというわけではない。最低限でも、複雑な運用環境に対して横串を刺せるマルチベンダー、マルチキャリア、マルチクラウド対応が可能なパートナーであることが必須となる。また、技術力としっかりとしたリソースがあることも重要な評価基準だ。さらに、運用担当者もしくは開発や運用ベンダーとしっかりとコミュニケーションが取れることも重要だろう。

信頼できるパートナーが見つかり、運用管理の稼働抑制を目的として、そのパートナーにアウトソーシングすることになったら、すべての運用管理業務、もしくは一部をパートナーへ委託することになるが、このとき全業務をアウトソースするのであれば何の問題もない。だが、一部業務をアウトソースした場合にはトラブル対応において支障をきたすことがある。例えば、インシデントが発生した際、障害が発生したのがアウトソースをしていない部分であった場合、その障害の解決が困難になることがある。こうした事態を防ぐためにも、ITシステムの運用管理は信頼できるパートナーにそっくり委託したほうがよいだろう。

これからのITシステムは、おそらくハイブリッドクラウドが標準スタイルになってくるはずである。早期よりハイブリッドクラウドの運用をアウトソーシングしておけば、社内ネットワーク、プライベートクラウド、パブリッククラウド、データセンター、ITシステムと、すべてのインフラに対して一括管理することが可能となる。そうすれば、いずれ発生するであろうLANとクラウドシステムの一元化を見据えた運用体制も構築することができるだろう。このように次世代のインフラ構築時に、運用・監視・保守のアウトソーシングも含めて全体を設計してしまうことも解決の近道である。

まとめ

NTTコミュニケーションズのグローバルマネジメントサービス「Global Management One(GMOne)」は、複雑化するクラウド環境に関わる運用・監視・保守のアウトソーシングニーズにワンストップで対応するサービスである。しかも、GMOneでは、お客さまの運用環境を、お客さま同様に理解しているサービスマネージャー(SM)をアサインする。SMがお客さま同様に運用保守業務にあたり、IT環境の最適化と円滑なサービス提供を全力でサポートするということだ。

今後、ITシステムを担う専門的なIT知識・スキルを備えた人材の退職・高齢化などの影響により、IT人材が大幅に不足することが予測されている。人材不足のなかで、ITシステムの運用管理業務をどのように最適化して既存の人材を有効活用していくかは、サービス維持の要となるだろう。

Global Management Oneメニュー

関連リソース

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ