Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

今こそDX! デジタルトランスフォーメーション千思万考!

近年、デジタルトランスフォーメーションという言葉をいたるところで目にします。
なぜ今、デジタルトランスフォーメーションが注目されているのでしょうか。本記事では、日本国内におけるデジタルトランスフォーメーションの現状や業務改革例を示すとともに、デジタルトランスフォーメーションを支えるIT技術についても解説します。

今こそDX! デジタルトランスフォーメーション千思万考!:近年、デジタルトランスフォーメーションという言葉をいたるところで目にします。なぜ今、デジタルトランスフォーメーションが注目されているのでしょうか。本記事では、日本国内におけるデジタルトランスフォーメーションの現状や業務改革例を示すとともに、デジタルトランスフォーメーションを支えるIT技術についても解説します。
マンガ画像01
マンガ画像02
マンガ画像03
マンガ画像04

企業が持続的成長するための取り組み

近年、デジタルトランスフォーメーションという言葉をいたるところで目にする。なぜ今、デジタルトランスフォーメーションが注目されているのか。本記事では、日本国内におけるデジタルトランスフォーメーションの現状や課題を捉えながら、デジタルトランスフォーメーションを支えていくテクノロジーについても紹介する。

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、IoTやAIなどのデジタルテクノロジーを駆使して、経営の在り方やビジネスプロセスを創造・再構築することである。つまり、ICTの応用で、業務の改善、営業力の強化、市場競争力の向上など、企業経営に変革をもたらすことに他ならない。

当初は実験的な取り組みだと思われていたデジタルテクノロジーのビジネス活用は、現在では、十分実用的なレベルに進化している。そのため、近年では、DXの実現を具体的に検討する企業が急増している。

こうした動きを受けて、企業の情報システム部門には、既存システムの保守といった役割だけではなく、自ら変化を創り出すDXを推進する役割も求められている。

なぜ今、DXが注目されているのか?

DXが近年注目されるようになった理由としては、大きく、外的要素と内的要素に分けられる。

外的要素

通信やICTの世界、市場環境の変化が、DXの推進を後押ししている。

通信やICT環境の絶え間ない技術革新

通信やICT環境の発展スピード、利便性を追求し続けた結果、デジタルテクノロジーは大きな進化を遂げ、人びとの豊かな生活やビジネスプロセスの効率化に大きく貢献している。今後もデジタルテクノロジーはますます発展し、より多様なニーズに応えるDXを実現しやすくなるであろう。

携帯電話の通信速度
市場規模のグローバル化

企業が見据える市場規模は、世界中へと広がっている。また、企業がターゲットとする市場にいる人々の多様化も進んでいる。

こうした状況下でビジネスを展開するには、世界のさまざまなところで、老若男女や職業、人種を問わずあまねく人びとがテクノロジーの恩恵を受けられるように配慮する必要がある。

スタートアップ企業発のイノベーション

通信やICT環境などのインフラ基盤が充実している現状は、スタートアップ企業にとって自らのアイデアを市場に展開する絶好の機会に恵まれているといえる。これまでにない革新的な取り組みや、常識を打ち破りながらも潜在ニーズに応える新たなサービスなどが、スタートアップ企業から次々と生まれている。

大学発ベンチャー企業数の推移
内的要素

企業内、とりわけ情報システム部門の変化もまた、DXの推進を後押ししている。

ICT環境の複雑化

前述の技術革新はポジティブな変化をもたらした一方で、次々と生まれるデジタルテクノロジーは個別の多様なニーズに応えたものであるため、運用する側の負荷が増大する問題も引き起こされている。

多くの企業のICT環境は、要件や特性にあわせて複数のデジタルテクノロジーを組み合わせた構成となっており、そのため、場面に応じて個々のデジタルテクノロジーを使い分けなければならず、これが運用負荷の増大を招く要因となっている。

ICT人材の不足

現在の情報システム部門では、ログの管理やデータの更新など、定型化した作業を行うシステム運用に人材を割り当てているケースが多い。そのため、企業の利益を直接的に生み出すような、企業の成長をサポートする業務に人材を割り当てたくても、思うようなICT人材戦略を実施することが困難な状況に陥っている。

IT人材の供給動向の予測と平均年齢の推移
システム運用の属人化

システム運用が属人化していると、特定の作業をしたくても対応できる人材がいないために先送りになってしまったり、作業レベルがばらついて運用品質が不安定になるケースがある。こうした事態を回避し、運用負荷や人為的ミスを軽減するために、DXを志向し定型業務の自動化を検討する企業が増えている。

NTTグループにおけるデジタルトランスフォーメーションの取り組み

DXに積極的に取り組む企業の増加を受けて、NTTグループでは、革新的な技術研究開発に取り組むとともに、海外拠点の基礎研究や社外機関との共同研究、新たな成長領域への投資の強化を進めている。

特に注目したい施策が、「Smart World実現に向けた取り組みである。「これからの世界を“Smart World”にするために、世界を支えるテクノロジーをナチュラルなものにしたい」との指針に基づき、多彩なテクノロジーの活用方針や具体的な手法に対して研究・投資活動を展開している。

「Smart World」とは

NTTグループ全体が実現を目指す、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって社会的課題をを解決し、企業や社会の持続的成長をサポートしていこうという未来像。「Smart World」の実現に向け、NTT Comでは「Smart Factory(工場)」「Smart City(都市)」「Smart WorkStyle(働き方)」「「Smart Healthcare(健康)」「Smart Education(教育)」「Smart Customer Experience(顧客体験)」「Smart Mobility(自動車など乗り物全般)」の7つの領域に注力している。

Smart Worldをつくる11のテクノロジー

NTTグループでは、Smart Worldを実現するために11のテクノロジーに注力している。この中には、既に実用化が進んでいるテクノロジーだけでなく、今後大幅に伸びると期待されるテクノロジーも含まれている。

  1. 人工知能
  2. 仮想現実/拡張現実
  3. ヒューマン・マシン・インターフェース
  4. セキュリティ
  5. 情報処理基盤
  6. ネットワーク
  7. エネルギー
  8. 量子コンピューティング
  9. バイオ・メディカル
  10. 先端素材
  11. アディティブ・マニファクチュアリング

DX加速推進のポイントはICT運用にあり

既に導入企業もそうでない企業も、DXの推進によってビジネスを成長させるためには、ICTの基盤をつくり、その運用体制をどのようにするかがポイントとなる。運用体制を盤石にする方法として、最新のDX情報に詳しく、信頼できるパートナーへの委託は、ひとつの有効な解決策になるであろう。

Global Management Oneメニュー

関連リソース

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ