News Release
平成18年7月31日


NTTグループ中期経営戦略の推進に向けた体制強化について
―法人サービスと上位レイヤサービスの提供体制の強化―



 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、情報通信市場におけるIP化、ブロードバンド化、モバイル化の進展に伴い様々なサービス融合や新たなビジネス展開が進む中で、お客さまのワンストップサービスに対するご要望にお応えしていくため、昨年11月発表の「NTTグループ中期経営戦略の推進について」に基づき、平成18年8月1日に法人サービス・上位レイヤサービスの提供体制を強化します。本件実施後の組織図、および本件実施に伴う人事は、別紙12のとおりです。

1.法人サービス

   NTTグループ内のお客さまアカウント体制の見直しに伴い、新たにNTT Comの法人事業全体を統括する「法人事業本部(事業本部長:代表取締役副社長 野村雅行)」を設置します。あわせて、既存の第一法人営業本部、第二法人営業本部、関西営業本部、チャネル営業本部、システムエンジニアリング部を、法人事業本部の配下に移行します。
 また、東日本電信電話株式会社(以下:NTT東日本、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:高部豊彦)、西日本電信電話株式会社(以下:NTT西日本、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:森下俊三)からNTT Comに約1,200名のアカウントマネージャーやシステムエンジニアなどの転籍を行うとともに、新たに「第三法人営業本部(営業本部長:只腰博隆)」を法人事業本部の配下に設置します。
  このたびの法人サービス提供体制の強化により、全国・グローバル型のお客さまへのワンストップなトータルソリューションサービスを充実させ、お客さまの利便性の向上を実現します。


2.上位レイヤサービス

 

 NTTグループ内上位レイヤサービスのNTT Comへの移行に伴い、新たに上位レイヤサービス全体のマーケティング・アライアンス戦略の策定や事業全体の統括を行う「ネットビジネス事業本部(事業本部長:代表取締役副社長 三ツ村正規)」を設置します。これを受け既存のコンシューマ&オフィス事業部を廃止し、同事業部内の全組織をネットビジネス事業本部に移行します。
 また、ポータルサイト「goo」を提供しているエヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:和才博美)を、株式交換によりNTT Comの完全子会社とします。
 インターネット接続サービス、050IP電話サービス、TV向け映像配信サービスを提供している株式会社ぷららネットワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二)については、NTT東日本、NTT西日本、NTTファイナンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小出寛治)が保有するぷららネットワークス株式を取得しNTT Comの子会社とします。
 このたびの上位レイヤサービス提供体制の強化により、インターネット接続サービス「OCN(528万6千契約:平成18年3月末)」・「ぷらら(213万8千契約:平成18年3月末)」、050IP電話サービス、映像配信サービス、ならびにポータルサイト「goo」などをNTT Comグループとして一体的に運営し事業の効率化を図るとともに、上位レイヤサービス間のシナジー効果を発揮したビジネス展開を進めることで、お客さまにとって一層魅力あるサービスの提供を目指していきます。

* このたびのぷららネットワークスの子会社化に際して、現在ご利用のインターネット接続サービス「ぷらら」の利用料金やメールアドレスなどに変更はなく継続してご利用いただけますので、お客さまへの影響はありません。


<企業概要>
エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社

  • 設立年月:平成15年12月
  • 資本金 :200億円
  • 事業内容:ポータルサービス、コミュニケーションサービス等
  • 従業員数:390名

株式会社ぷららネットワークス

  • 設立年月:平成7年12月
  • 資本金 :78億1千万円
  • 事業内容:インターネット接続サービス、050IP電話サービス、映像配信サービス等
  • 従業員数:190名

 

<本件に関する報道機関からのお問い合わせ先>
お問い合わせはこちらまで