平成15年9月18日

「モバイルコネクトforケータイ Vodafone Biz Accessパック」
の提供開始について



 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、モバイル端末と企業などのイントラネットをセキュアかつシームレスに接続させるモバイルセキュアゲートウェイサービス「モバイルコネクト」と、J-フォン(10月より「ボーダフォン」)から提供予定で業界初の携帯電話パケット定額制と公私分計を実現するサービス「ボーダフォン・ビズアクセス(Vodafone Biz Access)」を連携させた「モバイルコネクトforケータイ Vodafone Biz Accessパック」の提供を、11月4日より開始します。

 本サービスは、モバイル端末から社内のイントラネットへのリモートアクセスを定額で利用できるほか、モバイルコネクトの利用料金と携帯電話会社へのパケット通信料の支払いを一つにまとめることができるなど、携帯Webブラウザ端末を利用した企業システムへのアクセスを指向するお客さまに、より利便性に優れたリモートアクセスサービスを提供するものです。

 またNTT Comは、J-フォンのJ-スカイ(10月より「ボーダフォンライブ!」)パケット対応機およびユーザ個別設置型の本サービス連携機能機器の販売も、合わせて行っていきます。


1.サービス概要

 NTT Comは平成13年6月より、独自開発のMCOP認証(※1)などによる高いセキュリティレベルを確保し、主要携帯3キャリアの携帯Webブラウザ端末やPC/PDAなどユビキタスなネットワーク環境からのリモートアクセスを実現する「モバイルコネクト」(http://www.ntt.com/m-con/)を提供しています。

 このたび提供を始める「モバイルコネクト for ケータイ Vodafone Biz Accessパック」は、J-フォンのJ-スカイパケット対応機を利用したモバイルコネクト利用企業に対し、以下のサービスを提供するものです。

J-スカイパケット対応機でモバイルコネクトを利用した際のパケット通信料は月額定額となり、リモートアクセスの利用コストを固定できるほか、利用頻度の高いお客さまのコスト削減にも役立ちます。

J-スカイパケット対応機でモバイルコネクトを利用した際のパケット通信料を分計し、モバイルコネクト利用料金とバンドルすることで、J-フォンへの支払いではなくNTT Comに対して一括して支払うことができるようになり、リモートアクセスに関する支払いを一本化することができます。なお、モバイルコネクト以外を利用したパケット利用料金についてはこれまで通りJ-フォンへの支払いとなります。


J-フォン
J-フォン

 本サービスは、モバイルセキュアゲートウェイ機能に加え、ボーダフォン・ビズアクセスの利用に必須となるコンテンツ記述変換機能(※2)などによるやJ-フォン携帯電話網との接続回線などを合わせたトータルサービスであり、簡単・廉価・かつ迅速なサービス提供が可能です。また、コンテンツ記述変換機能のお客さま宅設置型など、企業ニーズに合わせた様々なソリューションメニューを提供予定です。



2.利用料金

企業基本利用料 55,000円+2,900円/月×ID数~
ID数により割引料金が適用されます。
J-フォン携帯電話パケット通信料(モバイルコネクト利用分)とモバイルコネクト利用料金を含みます
本サービスを使用するお客さまが、個人向けの有料独自サイトを提供することはできません


3.サービス開始日

平成15年11月4日
事前試験サービスの提供開始は、平成15年10月20日(予定)より(随時受け付け中)



※1 MCOP(Mobile Connect Onetime Password)認証:
 「乱数表中の位置情報」をパスワードにしたソフトウエアによるユーザ認証方式。利用者自身がパスワード生成ロジック(位置情報)を個別に設定/変更できる(※お客さま企業ごとに最低パスワード桁数(4~15桁)を定めることが可能。ハードウエアトークンのような電池の交換、故障修理などが不要であるため、運用管理を軽減。また、専用のソフトウエアが不要であるため、携帯電話やPC/PDAを交換しても設定作業は不要)

※2 コンテンツ記述変換機能:
 ボーダフォン・ビズアクセスのサービスを使用するために、ユーザ宅内のコンテンツ記述をボーダフォン・ビズアクセスに対応した記述形式に変換する機能です。


<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらまで