平成15年7月23日
報道関係各位
日本電気株式会社
マイクロソフト株式会社
NTTコミュニケーションズ株式会社

Windows Server 2003 プラットフォームにおけるiSCSIを利用した
広域ストレージネットワーク基盤の実証検証を開始

~Windows環境においてiSCSIの実環境レベルの検証を世界で初めて実施~


 日本電気株式会社(代表取締役社長:金杉 明信、本社:東京都港区、以下NEC)、マイクロソフト株式会社(代表取締役社長:マイケル ローディング、本社:東京都渋谷区、以下マイクロソフト)、およびNTTコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:鈴木 正誠、本社:東京都千代田区、以下NTT Com)は今月より、マイクロソフトの最新OS(基本ソフト)「Microsoft(R) Windows Server(TM)2003」(注1、以下Windows Server 2003)を採用したWindows(R)プラットフォームにおいて超広帯域IPネットワーク(注2)とストレージネットワーク規格iSCSI(注3)に対応したストレージ製品を組み合せた広域ストレージネットワークの実証検証を、世界で初めて共同で実施することにいたしました。

 この実証検証は、現在、建物や敷地内など限られた場所でのみ使用可能であったストレージ装置を、Windows環境で超広帯域IPネットワークを使って、場所を問わず遠隔地などから利用することを目的に行うものであります。
 新しいストレージネットワーク規格であるiSCSIに対応する機能を、Windows Server 2003に提供するMicrosoft iSCSI Software Initiator version 1.0、バックアップ運用の効率化、高速化に寄与する、ディスクのシャドウコピー技術であるVolume Shadow Copy Service(VSS)(注4)、および標準化されたアプリケーション・インターフェース(API)により、各社のストーレジサービスの組み込みを可能とするVirtual Disk Service(VDS) など、Windows Server 2003において提供される最新ストレージ技術を採用することにより、今までディザスターリカバリなど多大な投資が可能な用途にのみに限定されていたものが、容易に低価格で実現することが可能になっております。

 このたびの実証検証の内容は次の通りであります。

1.ネットワーク接続の実証検証
 NTT Comが提供している超広帯域IPネットワーク上に、NECのIAサーバ「Express5800シリーズ」およびストレージ製品「iStorageシリーズ」を東京都内に設置し、名古屋との間で遠隔環境における接続確認や転送性能測定など、今後のソリューションの基盤となるデータの採集を行う。


2.アプリケーションの実証検証
 ネットワーク接続の実証検証を行い、その上に、マイクロソフトのデータベースソフトウェア「Microsoft SQL Server 2000」およびメッセージベース コラボレーション サーバ「Microsoft Exchange Server 2003」を搭載し、ストレージ統合、ディザスターリカバリやレプリケーションなど、実際に今後構築される環境を想定した実証検証を行う。


 近年、企業内におけるパソコンとネットワーク利用の拡大にともない、情報共有のさらなる推進や情報の増大などデータ量が大幅に増大しております。これにともない、通常の業務における情報システムへの依存度も高まっており、災害により強い情報システムにおける拡張性、利便性の向上を求める声が高まっております。
 NEC、マイクロソフト、NTT Comは、今回の実証検証を元に本格的な実用化に向けたソリューションの提供をそれぞれ行ってまいります。


以 上


(注1) MicrosoftおよびWindows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標
(注2) IPネットワークは、IP(Internet Protocol)を採用したネットワーク
(注3) iSCSIは、Internet Small Computer System Interfaceの略
(注4) VSS(ボリューム・シャドウ・コピーサービス)は、ボリューム データのスナップショットを作成するためのアプリケーションとハードウェア間の相互運用を実現するWindows Server 2003の新しいストレージ関連サービス


<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらまで