平成15年6月24日


企業向けOCN・イーサネット接続メニューの
料金改定およびサービス拡充について



 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、ブロードバンドインターネットの普及に伴い、ますます高まる企業やISP、CATV事業者などのブロードバンドニーズに応えるために、OCNのイーサネット接続メニューについて、平成15年7月1日より以下の料金プランの大幅な変更と各種サービス追加を行います。これらにより、お客さまにおいては、最大1Gbpsの高速なイーサネット接続サービスをより安価にご利用いただけるとともに、利用形態(ご利用地域、トラフィック量など)により適したプランを選択いただくことが可能になります。

〔1〕 「OCNハウジング用接続サービス」イーサネットインターフェースメニューの一部提供ビルにおける料金値下げ
〔2〕 「スーパーOCNイーサアクセス」および「OCNハウジング用接続サービス」の従量料金1Gbpsメニューの料金プランの変更
〔3〕 「スーパーOCNイーサアクセス」、「OCNハウジング用接続サービス」の10BASE-T全二重通信*1メニューの追加および一部メニューの料金値下げ
〔4〕 「OCNハウジング用接続サービス」におけるアクセスラインの追加(各種イーサネットアクセスサービスとのサービス間接続メニューの提供)


1. 「OCNハウジング用接続サービス」イーサネットインターフェースメニューの一部提供ビルにおける料金値下げ
 「OCNハウジング用接続サービス」回線終端メニュー(「スーパータイプ」、「サーバタイプ」)ビル群3*2の料金を最大で約70%値下げします。これにより、データセンター(コロケーションサービス)をご利用されるお客さまに、OCNバックボーン直結の高品質なインターネット接続サービスをより安価にご提供します。

(1)利用料金
 別紙1参照

(2)実施日
 平成15年7月1日


2. 「スーパーOCNイーサアクセス」、「OCNハウジング用接続サービス」従量料金1Gbpsメニューの料金プランの変更
 「スーパーOCNイーサアクセス」、「OCNハウジング用接続サービス」の従量料金1Gbpsメニューの加算料の算出単位を、現行の50Mbps毎から5Mbps毎に変更します。5Mbps単位に料金設定することで、お客さまの実トラフィック量に、よりきめ細かく対応した料金での利用が可能になります。

(1)利用料金
 別紙2参照

(2)実施日
 平成15年7月1日


3. 「スーパーOCNイーサアクセス」、「OCNハウジング用接続サービス」10BASE-T全二重通信メニューの追加および一部メニューの料金値下げ
 「スーパーOCNイーサアクセス」、「OCNハウジング用接続サービス」に、新たに10BASE-T全二重通信メニューを追加します。また、今回の10BASE-T全二重通信メニュー対応にあわせ、「スーパーOCNイーサアクセス」100BASE-TXの10Mbpsメニューを10BASE-Tの10Mbpsと同額に値下げします。

(1)利用料金
 別紙3参照

(2)提供開始日
 平成15年7月1日


4. 「OCNハウジング用接続サービス」におけるアクセスラインの追加(各種イーサネットアクセスサービスとのサービス間接続メニューの提供)
 「OCNハウジング用接続サービス」において、平成15年7月1日より、広域イーサネットサービス「e-VLAN」、イーサネットアクセスサービス「ブロードバンドアクセス」、NTT東日本・西日本が提供する「メトロイーサ」、「アーバンイーサ」をアクセスラインとして追加します。これにより、全国の幅広いエリアで「OCNハウジング用接続サービス」の固定料金メニューや通信速度上下非対称メニュー「サーバタイプ」が利用できるようになります。


*1)全二重通信: 1つの通信チャネルを使用して、送信と受信を切り替えながら通信を行なう半二重通信に対して、独立した送信チャネルと受信チャネルを用意し、送信と受信を同時に行なえるようにした通信方式。
*2)ビル群3: NTT Comのネットワークオペレーションセンタビル(NOCビル)以外のサービス提供ビルの一部。具体的には別紙4の通り


<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらまで