別紙  ディジタルテレビジョン放送中継サービスの概要

本サービスは、ループ状に接続された光ファイバ網にATM伝送装置(ATM-ADM(*1)) をノードとして組み合わせたネットワーク回線、ATM伝送装置と放送局に置かれる映像端末装置(Video-MUX(*2)) を結ぶアクセス回線、オペレーションシステム、の3つの部分で構成されます。
ディジタルテレビジョン放送中継サービスの概要
【サービスの主な特徴】
(1)光ファイバを用いたDWDM(*3)方式により中継網大容量化を実現
ディジタル放送が開始されても当面はアナログ放送も継続され、さらに、放送以外にもディジタル映像コンテンツの流通を行うため、回線容量の増大を図る必要があります。そこで、本サービスでは、光ファイバを用いたDWDM方式による中継網の大容量化を実現します。

(2)実績があり、柔軟性のあるATM(*4)方式を採用
ディジタル放送では、HDTV、SDTV(*5)、配信系(*6)、素材系(*7)など各種用途に応じた速度の映像フォーマットの伝送が求められることから、これらに柔軟に対応でき品質確保ができるATM方式を採用します。 ATM方式は、専用線サービスとして実績のあるATMメガリンクシステムの技術をベースとしています。

(3)一元管理により、必要な時に必要なだけ回線提供が可能
オペレーションシステムが、放送局に設置されるECC(*8)から申し込まれた回線運用情報に基づいて、ATM伝送装置と映像端末装置を一元的に制御することにより、放送局に必要な時に必要なだけ回線を提供することができます。

*1 ATM-ADM(ATM Add Drop Multiplexer):分岐多重装置。オペレーションシステムからの制御によりATMの伝送、ルーティング設定などを行う装置。主として中継伝送路のNTT Comテレビ端局に設置。
*2 Video-MUX(Video Multiplexer):各種映像・音声信号をATM多重・符号化/分離・復号化する多重変換装置。主として放送局に設置。
*3 DWDM(Dense Wavelength Division Multiplexing):高密度光波長多重方式。1本の光ファイバに複数の波長の異なる信号を通す光多重伝送方式。
*4 ATM(Asynchronous Transfer Mode):非同期転送方式。53バイトの固定長のセルで情報を転送する方式。
*5 SDTV(Standard Definition Television):標準テレビジョン。
*6 配信系:主として東京の放送局(民放では東京キー局と呼ばれる)から番組を全国の放送局に送ること。
*7 素材系:主として地方の放送局から番組のもととなる映像を東京の放送局へ送ること。
*8 ECC(End Customer Control):放送局に設置される回線運用端末装置。

戻る