News Release
平成17年11月21日



個人向けIPv6通信サービス「OCN IPv6」の提供開始と
IPv6に対する今後の取り組みについて



 NTTコミュニケーションズ(略称: NTT Com)は、平成17年12月上旬より、個人のお客さま向けIPv6通信サービス「OCN IPv6」の提供を開始します。
 NTT Comは、これまで世界に先駆けグローバル規模でバックボーン、ホスティング、企業向け回線サービスのIPv6対応を進めてきました。この度提供開始する「OCN IPv6」を利用することで、個人のお客さまでもインターネット接続環境があればIPv6によるインターネット通信が簡単で手軽に行えるようになります。これにより、従来のインターネット接続環境では困難だった、外出先から家の中の機器*1にインターネット経由で直接アクセス・制御することが、容易に実現できます。
 なお、マイクロソフト コーポレーション(Microsoft Corporation、本社:米国ワシントン州レドモンド)が予定している次期Windows® OS「Windows VistaTM」に搭載される接続機能を使い、直接「OCN IPv6」を利用することも可能となります。NTT Comは今後もIPv6環境のメリットが感じられるサービスを提供していき、新たな付加価値の創造を積極的に推進していきます。


1.サービス概要
 個人のお客さまでもインターネット接続環境があれば、IPv6によるインターネット通信が可能になります。
提供開始日:平成17年12月上旬
 (正式な開始日はOCNホームページhttp://www.ocn.ne.jp/でお知らせします)
料金:月額300円(税込315円)
対象者:OCN会員*2


2.サービスの特長
 本サービスには以下の特長があります。
[1]従来のインターネット接続(IPv4)との併用が可能
 IPv4とIPv6通信の両方が利用できます。(図1参照)
[2]リモートでの利用が可能
 ダイヤルアップ、無線LANスポットなどインターネット接続ができる環境があれば、外出先などどこからでも利用できます。
[3]月額300円(税込315円)と低価格
 OCN会員*2ならば月額300円(税込315円)と、手軽に利用できます。
[4]同時に2セッションの利用が可能
 固定と非固定それぞれ/64のグローバルIPアドレスブロック*3が提供され、それぞれ1セッションずつ、計2セッションが同時に利用できます。
[5]接続プログラム*4の無償提供
 IPv6ネットワーク接続に必要な専用の接続プログラム(Windows® XP版)を無償で提供します。なお、マイクロソフト コーポレーション(Microsoft Corporation)が予定している次期Windows® OS「Windows VistaTM」に搭載される接続機能を使い、直接「OCN IPv6」を利用することも可能となります。
[6]NAT*5の内側から利用可能
 一般的になりつつある個人宅ブロードバンドルーターの宅内側から接続プログラムを用いてパソコン*6から接続することで、ブロードバンドルーターにルーティング設定を追加しなくても簡単に外出先から宅内機器にアクセスできます。*7

図1.「OCN IPv6」を利用したネット接続イメ-ジ


3.「OCN IPv6」の利用シーン
 「OCN IPv6」を活用することで、例えば以下のような利用が簡単に行えます。
外出先からパソコン*6を使い、ホームネットワークに接続されたIPv6対応ネットワークカメラへアクセスして、リアルタイム動画映像をモニタする
外出先からパソコン*6を使い、家のパソコンにあるファイルへアクセスする


4.今後の展開
 「OCN IPv6」については、平成17年11月24日より開催する「NTT Communications Forum 2005」(http://www.ntt.com/forum2005/)にてデモを予定しています。また、今後携帯電話からの利用やDNSホスティングなどにも対応予定です。
 企業向けに関しても、商用IPv6回線サービスを提供すると供に、IPv6移行実証実験*8への参加や、IPv6による情報家電を推進するUOPF*9などの仕様策定機関への参加、IPv6Style*10による情報発信などさまざまな取り組みを行っています。今後もm2m-x*11技術などIPv6を活用した新たな付加価値の創造を積極的に推進していきます。


*1 機器
 IPv6対応していることが必要。

*2 個人向けに提供されている下記プラン利用者が対象です:
 OCN 光 with フレッツ
 OCN 光「Bフレッツ」/「フレッツ・光プレミアム」
 OCN ADSL「フレッツ」
 OCN ADSLセット
 OCNモバイルアクセス
 OCNダイヤルアクセス
 バリュープラン

*3 /64のグローバルIPアドレスブロックが提供されることによってIPアドレスの上位64ビットが指定され、残り64ビットを利用者が割当てて利用できます。結果として、ホームネットワーク等LAN内で最大2の64乗個のグローバルIPアドレスを利用することができます。

*4 接続プログラム
 接続プログラムはホームページ上(http://www.ocn.ne.jp/ipv6/)からダウンロードできます。なお、Linux、FreeBSDなどについては、接続のために必要な仕様を公開予定ですので、接続機能の開発が可能となります。また、ルーターメーカーにおいても「OCN IPv6」への接続機能の標準装備について準備を進めています。
 ※PPPおよびPPPoE終端を行っているパソコン(端末)での利用は、平成17年12月末の接続プログラムのバージョンアップにより対応予定です。

*5 NAT (Network Address Translation) 
 現在広く利用されているIPv4のグローバルアドレスでは数が足りず世界中の端末をカバーできないので、家庭内などでは閉じられたLANだけで利用できるプライベートアドレスを利用し、インターネットに接続する際はルータなどがISPから割当てられたグローバルアドレスに変換する仕組。

*6 パソコン
 OSにWindows® XP SP2を搭載し、接続プログラム*5をインストールしたパソコンが対象。

*7 インターネットに接続されていない閉域網でのIPv6通信環境において同一端末が本サービスを同時利用することはできません。

*8 IPv6移行実証実験
 総務省の委託に基づき実際にネットワークをIPv6に移行する実証実験。検証作業を通じて、IPv6移行のメリットと適切な移行手順を調査研究。

*9 UOPF (Ubiquitous Open Platform Forum)(http://www.uopf.org/
 ISPと情報家電メーカで発足した、“情報家電(モノ)”と“ブロードバンド(サービス)”のコラボレーションを実現するフォーラム。

*10 IPv6Style(http://www.ipv6style.jp/
 日英2か国語でIPv6関連情報をグローバルに収集・発信するWEBサイト。株式会社インプレスとの共同運営により積極的な情報創造を進めています。

*11 m2m-x
 NTT Comが開発した認証暗号化通信技術。端末間の暗号化された双方向直接通信の接続ポリシーマネージメントを実現します。さまざまなアプリケーションや機器に適用することで、新たな付加価値を創造可能とする技術です。

* Microsoft、Windows、Windows Vista は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。


<本件に関するお問い合わせ先>
(報道機関からのお問い合わせ)
お問い合わせはこちらまで

(一般のお客さまからのお問い合わせ)
カスタマーズフロント
TEL:0120-506506
午前9:00 ~ 午後 9:00 年末年始除く
OCNホームページ:http://www.ocn.ne.jp/