日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
アプリケーション(Saas)

ID Federation

Ping Identityソリューションfor Partner

ビジネスパートナーのID管理を
シンプル化

関連企業やステークホルダーなど、ビジネスにおけるパートナーのIDアクセス管理(IAM)は複雑な作業です。パートナーによって利用しているIDプロバイダー(IdP)製品が異なるため、さまざまなレベルの認可やポリシーが存在します。しかし、企業はIAMに必要となるパートナーユーザーに関する十分な情報を持っていないため、セキュリティレベルを保ってパートナーのIDを運用・管理することが難しいのが現状です。

Ping IdentityのIAMソリューションは、パートナーが自身でIDを管理できるよう、パートナーのIdP製品と自社のアプリケーションをまたがる認証プラットフォームを提供します。

 

パートナーのID管理に必要な4つの要素

シングルサインオン

シングルサインオン(SSO)は、パートナーのIdPシステムと自社のアプリケーションを仲介して、アプリケーションやリソースにアクセスしやすくします。

シングルサインオン

多要素認証

セキュリティと利便性のバランスをとりながら、パートナーのセキュリティポリシーに応じて認証ポリシーを施行できます。

多要素認証

アクセスセキュリティ

企業の権限下でパートナーがアプリケーションやAPIにアクセスするための認証を一元的に管理できます。

アクセスセキュリティ

クラウドディレクトリー

クラウドディレクトリーは、パートナーがIdPシステムを持っていない場合、セキュアに自身でID管理を行えるディレクトリー機能を提供します。クラウドディレクトリーでは、さまざまな識別情報やプロファイル情報を管理できます。

クラウドディレクトリー

パートナーシステムと企業アプリの
フェデレーションを実現

ビジネスパートナーの増減により、IdPシステムも増減します。そのたびにシステムを再構築・改修することは非常に煩雑でコストもかかります。

Ping Identityソリューションは、企業のアプリケーションとパートナーIdPシステムの仲介役となります。これにより、パートナーのIdPシステムやID管理運用はそのままに、スムーズなシステム連携を実現します。あらゆる規模・種類のシステムと接続でき、オープンスタンダードの技術を用いてリソースへセキュアにアクセスします。

パートナーに権限を付与

パートナーに権限を付与

パートナーのニーズに合わせて、さまざまな認証要素を提供できます。
また、企業ブランドに沿ってUI/UXをカスタマイズし、パートナーにとって親しみやすいデザインにすることも可能です。

柔軟なID管理

柔軟なID管理

パートナーがIdPシステムを利用していない場合、クラウドディレクトリーでパートナーのIDを管理できます。パートナーは、クラウドディレクトリー上で必要に応じてIDの権限を変更可能です。

運用の合理化とセキュリティの強化

運用の合理化と
セキュリティの強化

ID管理はパートナーの管理者に任せて、アプリケーションへのアクセス条件・制御の管理に注力できます。
パートナーのバリューチェーン全体でのIAM合理化により、セキュリティ強化が可能です。

 

導入事例

導入の背景

アメリカに本社を置き、オーストラリアやイギリス、カナダにも拠点を構える眼科保険会社のVision Service Plan (VSP)社は、ビジネスパートナーに提供しているポータル上でSSOを実装できていませんでした。VSP社は、サイトでのパートナー満足度を向上し、問い合わせ数を削減するソリューションを必要としていました。

ソリューション

PingFederateを使い、セキュアでシームレスなSSOを実現。アプリケーションにキットをインストールするだけで、ユーザーID・パスワードによる認証や、セキュリティ強化のための複雑なシナリオに基づく認証を実装でき、VSPポータルでのSSOを実現できました。

関連サービス
ご契約前に無料トライアルも可能です。
ぜひご活用ください。

このページのトップへ