日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
アプリケーション(Saas)

Ping Identityソリューション

PingFederate

認証とシングルサインオン


組織のなかにはさまざまな情報(デバイス、ネットワーク、ドメインなど)が存在します。それらの情報を横断的に利用して、誰がどのアプリを使っているかを集中的に管理することはセキュリティの強化につながります。しかし、複雑なIT環境にある企業において、このような集中管理を行うことは容易ではありません。

PingFederateは、複雑なIT環境での問題を解決するために、多くの大企業の認証基盤として採用されています。IDプロバイダー(IdP)としてもサービスプロバイダー(SP)としても利用でき、シームレスな認証とシングルサインオン(SSO)を実現します。
認証とシングルサインオン

ユーザーの利便性を向上

PingFederateは、Google Apps Cloud Directory、Active DirectoryやLDAPサーバーなど、さまざまなクラウドIDプロバイダー(IdP)やデータストア、パスワードストアと連携して認証します。また、お客さまが現在ご利用のIdPを活用して、ユーザーやデバイスの属性情報をプロビジョニングに利用したり、ID情報を集中管理することができます。これにより、シングルサインオンを実現し、エンドユーザーの利便性を向上します。

認証とシングルサインオン
主要なクラウドIdP:
LinkedIn、Google、Facebook、Salesforce、Twitter、Windows LiveID
データストア:
LDAP、JDBC、PingDirectory、Microsoft AD、Microsoft SQL、Oracle DSEE、Oracle DB 12c、Oracle MySQL、PostgreSQL
パスワードストア:
LDAP、PingOne Directory、Active Directory、Oracle Directory、RADIUS
Integration Kit:
お客さまのご要件に沿ったさまざまなIntegration Kitをご用意しています。
(Azure OIDC、SAP、OpenID Connect、RESTなど)

あらゆるアプリケーションと接続

PingFederateは、幅広いクラウドやオンプレミスのアプリケーションと連携し、お客さまの多様なハイブリッド環境をサポートします。また、さまざまなオープンスタンダードのSSOプロトコルをサポートしています。加えて以下のアダプタにより、さまざまなアプリケーションへのSSOを実現します。

  • オンプレミスのアプリケーションに対応するキット(Integration Kit、ソフトウェア開発キット(SDK))
  • アプリケーションに迅速かつ簡単にユーザーやデバイスの属性をプロビジョニングできるSaaSコネクタ
  • よりセキュアなシングルサインオンを実現するためのハードウェアセキュリティモジュール(HSM)との連携
Integration Kit、ソフトウェア開発キット(SDK
Integration Kit、ソフトウェア開発キット(SDK
Integration Kit、ソフトウェア開発キット(SDK

オープンスタンダードなSSOプロトコル:
SAML 1.x/2.0、OAuth 2.0、OpenID Connect、SCIM 1.1、WS-Trust、WS-Federation

あらゆるデバイスから利用可能

個人のデバイスから企業の機密データにアクセスを許可することにより、企業リソースの保護とアクセス管理がさらに重要になってきます。

モバイルデバイス管理(MDM)を活用することで、企業はデバイスの環境・状態に応じたポリシーを作成して、ポリシーに準拠していないモバイルデバイスが企業リソースにアクセスするリスクを回避できます。

PingFederateはMDM製品と連携し、より詳細な条件でアクセスを許可・拒否し、MDMによって管理されるさまざまなデバイス属性に基づいた認証強化を行います。企業はPingFederateで高度な認証ポリシーを構築し、BYODを推進できます。

MDM:Microsoft Intune、Airwatch、MobileIron

既存IAMシステムと併用しながら
迅速なマイグレーションを実現

お客さまが現在ご利用のIAM(IDアクセス管理)システムとPingFederateが連携することで、既存IAMシステムとの併用、また段階的でスピーディーな移行が可能です。既存のIAMシステムのトークンをPingFederateが変換して情報流通することができ、移行期間中も既存の認証機能を継続して利用できます。

また、認証を強化するためにRSA SecurIDなどのセキュリティトークン製品や、PingIDといった多要素認証(MFA)製品と連携できます。

こうしたシステム連携により、お客さまのファイアーウォール下にあるアプリケーションにシームレスな認証を素早く提供します。

MFAコネクター:
PingID、RSA SecurID、Symantec VIP、 Duo Security

トークンプロセッサー:
SAML 1.1/2.0、AOuth Bearer、JWT、Username、Kerberos、CoreBlox、OpenToken、SAS for Jboss、WAM、X.509、WS Token Proxy

トークンジェネレーター:
SAML 1.1/2.0

トークンの仲介役としてのPingFederate

PingFederate システム要件

Java

Oracle Java SE Runtime Environment (Server JRE) 8 update 131

ブラウザー

エンドユーザー利用環境
  • Chrome
  • Edge
  • Firefox
  • Internet Explorer 11
  • Safari
  • Android 7 (Chrome)
  • iOS 10 (Safari)
管理者コンソール利用環境
  • Chrome
  • Firefox
  • Internet Explorer 11

推奨ハードウェア
  • Multi-core Intel Xeon processor or higher 4 CPU/Cores
  • Multi-core SPARC processor (Solaris) 4 CPU/Cores
  • RAM :4 GB ※ ただし1.5 GBでも可能
  • ハードドライブスペック :1GB
ご契約前に無料トライアルも可能です。
ぜひご活用ください。

このページのトップへ