DX-02お客さま講演
アーカイブ動画※会期中いつでもご覧いただけます

モバイルスマート治療室で展開する未来医療

手術や侵襲的治療は様々な医療・機器開発で進歩してきました。一方、手術室は滅菌手技を行う単なる空間でしたが、全機器をネットワーク接続し、それ自体が一つの医療機器として診断即治療を行うスマート治療室SCOT(Smart Cyber Operating Theater)を開発しました。IoT化されたSCOTでは20以上の機器がミドルウェアでつながり、時間同期した空間位置データをもつ多種類情報が戦略デスクに表示され、脳腫瘍や血管内手術で実運用されています。高速光回線や5Gモバイル通信によりスマートフォンを介した遠隔手術支援が可能であり、治療室が病院を飛び出し災害救急現場で活躍するためのモバイル型(Mobile SCOT)を開発中です。空間を超えた外科チームにより高度均霑化した手術が可能となり、ロバストな通術が確立されれば、手術支援ロボットと組み合わせ過酷な環境での遠隔手術や遠隔治療等の未来医療がモバイル SCOTで可能となるでしょう。

  • Smart World

登壇者プロフィール

学校法人 東京女子医科大学
先端生命医科学研究所 先端工学外科・脳神経外科
メディカルAIセンター/神戸大学 未来医工学研究開発センター

村垣 善浩 氏