Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

ローカル5Gとは?
特長や総務省が推進する理由など詳しく解説

ローカル5Gとは?特長や総務省が推進する理由など詳しく解説

近年5Gが注目を集めています。また、5Gの通信環境を企業や自治体が構築できる「ローカル5G」を総務省が制度化しました。この記事ではローカル5Gの導入を検討している企業向けに、その特長やメリットを紹介します。ぜひ、ネットワーク構築の最適化にお役立てください。

ローカル5Gとは?

ローカル5Gとは、企業や自治体が5Gによるプライベートネットワークを構築して利用できる通信環境のことです。無線通信回線として利用可能で、運用するには無線局の免許を取得する必要があります。ローカル5Gの免許では、土地や建物の所有者が、「自己の土地の敷地内」もしくは「自己の建物」で利用することを基本とされています。

5G・プライベート5Gとの違い

ここからは混合しがちな5G・プライベート5Gとの違いを解説します。

5G(パブリック5G)との違い

5Gとは、2020年3月から提供されている移動通信システムのことです。NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI、楽天モバイルの4キャリアに対して3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯の周波数が割り当てられています。ローカル5Gは4.5GHz帯の200MHz幅と28GHz帯の900MHz幅となっています。

プライベート5Gとの違い

プライベート5Gとは2022年にソフトバンクが提供開始を予定している通信環境です。ソフトバンクの周波数とネットワークスライシング技術を用いて、企業や自治体の敷地内にプライベートな5Gネットワークを提供するものと説明されています。

ローカル5Gを総務省が推進する目的

総務省はローカル5Gを推進しています。その理由は、5Gではまかないきれないニーズへの対応や、さまざまな分野における潜在的なニーズへの対応が背景にあるためです。そもそも企業は公衆のネットワークよりも自営のネットワークを使いたいという傾向があります。自営であれば、セキュリティを自社の基準に合わせて強化でき、通信障害に対しても自社内で迅速に対応可能です。
このようにローカル5Gはさまざまなニーズを満たします。

また自営BWA(Broadband Wireless Access)の制度化も同時に進められています。自営BWAとは、地域密着型の通信サービスを提供する「地域BWA」用に割り当てられている帯域を、一定の条件のもと自営無線として利用するネットワークのことです。電波の距離が短い5Gの弱みを補いながら自営ネットワークを構築できることが特長になります。

ローカル5Gのメリット

ここからはローカル5Gのメリットを紹介します。

キャリア動向に左右されず利活用できる

ローカル5Gは局所的なネットワークの構築が可能です。その結果、キャリアの動向に左右されずに5Gのネットワークを活用できます。キャリアの5Gはまだまだ使用できるエリアが限定されますが、ローカル5Gは、必要な場所にネットワークを構築できます。

外部環境に左右されないネットワーク

ローカル5Gは外部環境の影響を受けにくいネットワークです。たとえばキャリアの5Gに通信障害が発生したり、ネットワークが混雑した場合も、ローカル5Gのローカルネットワーク区間はその影響を受けにくいという特長があります。

広範囲の通信をカバーできる

以前から局所的なネットワークにはWi-Fiが用いられていましたが、Wi-Fiの場合は1アンテナあたりの通信範囲が狭いという課題があり、工場やプラントなどの広範囲の場所をカバーするには膨大な数のアンテナ設置が必要でした。ローカル5GではWi-Fiに比べて高い出力で電波を使用できるため、1アンテナあたりのカバーエリアが広く、大規模な工場やプラントでの使用に適しています。

セキュリティリスクが少ない

ローカル5Gはセキュリティリスクも少ないです。なぜならローカル5Gの場合、外部と断絶した独自のネットワークでの運用が可能だからです。そのため情報漏洩リスクを最小限に抑えることで、自社の情報が外部に漏れる心配がなくなります。

ローカル5Gのデメリットと対策

ここからはローカル5Gのデメリットを解説します。

ノンスタンドアロン(NSA)での運用のデメリット

ローカル5Gではノンスタンドアロン(NSA)とスタンドアロン(SA)の運用方式があります。ノンスタンドアロンで運用する場合、5Gの周波数帯だけでなく、4Gの周波数帯も求められます。そのため、その分の手間と電波利用料のコストが必然的に高くなります。ゼロからネットワークを構築できる点がローカル5Gの魅力ですが、手間とコストがかかる点はデメリットといえるでしょう。

スタンドアロン(SA)方式であれば、すべて5Gの仕組みで通信を行うため、広帯域・低遅延・他接続を実現できます。

障害物が多い場所での通信に不向き

ローカル5Gは28.2GHz~28.3GHz帯に加え、4.6~4.9GHz帯にも拡張されました。

28.2GHz~28.3GHz帯は直線的な周波数を使います。この周波数帯は障害物に弱いという弱点があります。そのため障害物が多い場所では、ローカル5Gの通信可能な距離が短くなる点がデメリットです。

一方の4.7GHz帯は、28GHz帯と比べると、遠くまで電波を飛ばすことが可能で、遮蔽物に対してもある程度、透過や回析をします。そのため、28GHz帯での置局設計よりは工場の敷地内など、一定のエリアをできるだけ少ない基地局でカバーすることができます。この2つの周波数帯の特性を踏まえた上で、お客さまの利用用途や通信のニーズに応じて適切な周波数帯を選択することが重要です。

ローカル5G活用の可能性

ここからはローカル5G活用のさまざまな可能性について解説します。

スマート工場への活用

スマート工場とはIoTやAIを導入した工場のことです。スマートファクトリーとも呼ばれます。スマート工場では、さまざまな機器とインターネットをつなげて生産性を高めるため、ネットワーク通信が欠かせません。ローカル5Gを使うことで、通信速度は速くなり、リアルタイムでのやり取りが可能となります。その結果、生産性の向上が期待できます。

映像配信

ローカル5Gは多数のユーザーと同時接続が可能なことや、高速、遅延が少ないといった特長があります。そのためスポーツや音楽などへの活用や、スタジアムなどでのリアルタイム映像配信にも活用可能です。

遠隔操作や監視

ローカル5Gは基地局のない場所でも通信可能です。災害時に人が行くには危険な場所や、作業が出来ない場所でも、機械をローカル5Gの通信でつなぐことで遠隔操作が可能となります。また建築現場での遠隔施工や河川などの遠隔監視の活用も期待できます。

VRやAR

VRやARといった技術でテーマパークや観光施設での活用も期待されます。また、VRアトラクションなどへの活用でより実体験に近い体験を提供できるでしょう。その際にローカル5Gが利用できると予想されています。

まとめ

ローカル5Gは総務省が打ち出したもので、企業や自治体が独自でネットワーク環境を構築できるとして注目されています。通常の5Gと比べてセキュリティが高かったり、外部要因に左右されなかったりとメリットが多いことが特長です。ネットワークの構築の際に検討してみてください。

このページのトップへ