Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

LTEとは

LTE(Long Term Evolution)とは携帯電話における通信規格で、第3世代携帯電話(3G)と第4世代携帯電話(4G)の中間に位置する規格です。当初は3.9Gと呼ばれていましたが、その後LTEを4Gと呼ぶことが公式に認められたため、LTEサービスを4Gとして提供しているケースもあります。

LTEの理論上の再校通信速度はダウンロードで100Mbps以上、アップロードで50Mbps以上であり、Webサイトなどへ快適にアクセスすることが可能なほか、高画質な動画の視聴にも十分耐えうる帯域幅を確保することができます。また、遅延を低減する技術が盛り込まれていることもLTEの特徴です。

なお2012年に国際電気通信連合(ITU)は、LTEの後継規格であるLTE-AdvancedとWiMAX2(WirelessMAN-Advanced)を4Gとして承認し、日本では2015年頃からこれらの規格を用いたサービスが始まっています。

あわせてこの用語もチェック

NTTコミュニケーションズのサービス紹介

  • VPNからリモートアクセス、IoT向けネットワーク、さらにはクラウド間を接続するインターコネクトまで、NTT Comでは幅広いネットワークサービスをラインナップしており、DX時代に適したITインフラの構築を支援することが可能です。またITインフラの運用を支援するソリューションも展開しています。

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. EDR
  2. レピュテーション
  3. ACL
  4. フォレンジック
  5. ユビキタス

よく見られている用語

  1. eSIM
  2. PoC
  3. DNSサーバー
  4. 輻輳
  5. LBO