Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2022年3月29日

ICT戦略の企画立案、システムの設計・構築、運用・保守をワンストップで対応するメニュー選択型のマネージドサービス「X Managed」の提供を開始

~ネットワーク、クラウド、セキュリティの3つの領域を統合的にマネジメント~

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、選択型の定型メニューを中心にICT戦略の企画立案、システムの設計・構築、運用・保守をワンストップで対応可能なマネージドサービス※1「X Managed(クロスマネージド)」(以下 本サービス)を、2022年4月1日より提供開始します。

1.背景

フレキシブルな働き方を実現するICT環境の整備などによりマルチクラウド・ハイブリッドクラウドの活用やゼロトラストベースのセキュリティ対策が多くの企業で進んでいます。それに伴い企業のシステム環境は複雑化しており、ICT戦略の企画立案やシステムの要件検討に関して高コスト化や人材不足が課題となっています。本サービスを提供することで、お客さまの要望に最適なマネージドサービスをこれまで以上に安価に提供します。

2.本サービスの概要、メニュー体系、特長

本サービスは、ネットワーク、クラウド、セキュリティの3つの領域について、お客さまのICT戦略の企画立案と、それにもとづくシステムの設計・構築、運用・保守をNTT Comが対応するものです。これまで数多くのマネージドサービスを提供してきた実績をもとに、定型の「スタンダード」と「オプション」、非定型の「プロフェッショナル」の3種類のメニューを準備しています。「スタンダード」は、システムの死活監視やお問い合わせ受付などお客さま共通で必要となる対応を一式で提供するメニューです。「オプション」は、ネットワークの経路情報変更作業など頻繁に発生する要望を定型化した選択型のメニューです。「プロフェッショナル」は、コンサルティングなど定型化できない要望に対応するメニューです。

<本サービスのメニュー構成>

主な特長は以下の通りです。

(1)お客さまの要望に応じてマネージドサービスを導入できるためコスト最適化やニーズへの柔軟な対応が可能

ICT戦略の企画立案からシステムの運用・保守に至る一連のライフサイクルにワンストップで対応可能です。ライフサイクルごとにメニューを準備しているため、局所的な対応やライフサイクル全体にわたる対応のいずれについても選択できます。お客さまの要望に応じてマネージドサービスを導入できるため、コスト最適化や将来的に生じる新たなニーズにも柔軟に対応することが可能です。

(2)選択型の定型メニューによりお客さまが要望するマネージドサービスをこれまで以上に安価に提供可能

お客さま共通で必要となる対応や頻繁に発生する要望を定型化した選択型のメニューをラインナップしています。オーダーメード式に見られる複雑な仕様検討は不要であるため導入が容易であり、お客さまが要望するマネージドサービスをこれまで以上に安価に提供可能です。また定型メニューで対応できない要望も、これまでに培った高度な技術やノウハウを活用した非定型メニューで対応します。定型メニューと非定型メニューを組み合わせることで、あらゆる要望に対応可能です。本サービスの導入により、お客さまのTCO※2を約30%削減することを目標としています。

(3)「X Managed Platform®」の採用と専門チームの設置によりシステムトラブルの予測や早期復旧が可能

NTT Com社内の大規模なプロジェクトへの導入も進む「X Managed Platform®※3を採用し、最先端のデジタル技術を活用した運用・保守を行います。傾向分析をする機能に強みを持つため、通信トラフィックのデータやシステムのログ情報などをもとに将来的なシステムトラブルを高精度に予測可能です。また運用・保守を自動化する機能にも強みを持つため、人手よりも正確かつ迅速な故障箇所の特定などが可能であり、システムトラブルが発生した場合の早期復旧を実現します。専門のチームにより継続的に機能が改善されるため、運用・保守の精度はさらに向上していきます。

3.提供開始日

2022年4月1日

4.お申し込み方法および提供料金

NTT Com営業担当までお問い合わせください。

5.今後の展開

お客さまの要望や市場環境に応じて、本サービスの継続的な改善や運用・保守の自動化を進める機能開発に取り組みます。


NTTドコモ、NTT Com、NTTコムウェアは、新ドコモグループとして法人事業を統合し、新たなブランド「ドコモビジネス」を展開しています。「モバイル・クラウドファースト」で社会・産業にイノベーションを起こし、すべての法人のお客さま・パートナーと「あなたと世界を変えていく。」に挑戦します。

NTT Comは、事業ビジョン「Re-connect X®」にもとづき、お客さまやパートナーとの共創によって、With/Afterコロナにおける新たな価値を定義し、社会・産業を移動・固定融合サービスやソリューションで「つなぎなおし」、サステナブルな未来の実現に貢献していきます。

※1:マネージドサービスとは、サーバーなどの管理を外部にアウトソースするサービスの総称です。

※2:TCO(Total Cost of Ownership)とは、サービスの導入から解約までにかかる費用の総額です。

※3:「X Managed Platform®」とは、NTT Comと株式会社フィックスポイントが共同開発をした統合ICT運用プラットフォームです。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

プラットフォームサービス本部

マネージド&セキュリティサービス部

マネージドサービス部門

2022-R026

このページのトップへ