Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2021年11月25日

法人向けクラウドサービス「Smart Data Platform クラウド/サーバー」において企業のITモダナイゼーションを支援する新サービスの提供を開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、「Smart Data Platform※1 クラウド/サーバー」において、老朽化したIT資産の最新技術への対応(モダナイゼーション)を支援する「IaaS Powered by VMware」(以下 新サービス)の提供を2021年12月1日より開始します。これに伴い法人向けクラウドサービス「Enterprise Cloud 1.0」(以下 ECL 1.0)の新規お申し込み受付を2022年3月31日に、サービス提供を2023年12月1日に終了予定です。

1.背景

企業では老朽化したIT資産を使い続けることで発生する、維持コストの増加やデジタルトランスフォーメーション(DX)の停滞、セキュリティリスクの増大を防ぐためにIT環境の刷新に向けた動きが継続しています。しかし、老朽化したIT資産は、社内で全体を把握する人がいないなどブラックボックス化が進んでいるケースも多く、IT環境を刷新することは容易ではありません。NTT Comは、新サービスの提供によりお客さまIT環境のモダナイゼーションを支援します。

2.新サービスの特長

新サービスは「ECL 1.0」よりも高性能なクラウド環境の提供に加え、課金体系についても月額上限金額を設定しており、コストメリットも高いクラウドサービスです。オンプレミス環境や「ECL 1.0」からの移行を容易に実現する機能も提供しており、最新かつセキュアなクラウド環境をより手軽に利用することが可能です。

(1)高度なレプリケーション機能の提供により容易な移行が可能

新サービスでは、オンプレミスや他のクラウドサービス上に構築された複雑なシステム環境やデータを簡単な操作で移行先に複製する高度なレプリケーション機能を提供します。複数のサーバーに跨って構成される複雑なシステムにおいてもOS情報などを含めて複製し、GUIベースの直感的な操作で実行できるため、対象が基幹システムなどであっても、高度な知識を必要とせずに容易な移行が可能です。またVMware vSphere環境の仮想サーバーが1台から利用可能なため段階的なクラウド移行にも対応できます。

(2)月額上限金額※2の採用によりクラウド環境への計画的な投資が可能

新サービスでは、利用料において月額上限金額が設定されています。データ転送量や利用時間に伴う従量課金ではないため、コスト管理が容易でありクラウドへの計画的な投資が可能です。

(3)「Smart Data Platform」で提供されるサービスとの連携により安全なデータ利活用が可能

新サービスは、「Smart Data Platform」で提供されるサービスとの連携が可能です。例えば新サービスで蓄積したデータをインターコネクトサービス「Flexible InterConnect」により閉域のネットワークを介して利活用することで、安全なデータ利活用が実現できます。

<新サービスのイメージ図>

3.提供開始日

2021年12月1日

4.お申し込み方法

NTT Com営業担当までお問い合わせください。

5.「ECL1.0」のサービス提供終了

新サービスの提供に伴い「ECL 1.0」の新規お申し込み受付およびサービス提供を終了します。なお「ECL1.0」をご利用のお客さまについては、NTT Com営業担当またはメール通知などにより後継サービスについてのご案内をさせていただきます。また2021年11月30日にサポートページを開設予定であり、移行ガイドや手順書を掲載しお客さまの移行作業を支援します。

<「ECL 1.0」の新規お申し込み受付およびサービス提供終了予定日>

新規お申し込み受付終了予定日 サービス提供終了予定日 新規お申し込み受付終了後の制限事項
2022年3月31日 2023年12月1日
  • 新規契約不可
  • 新規データセンターの追加不可

6.今後の展開

新サービスでは、現在の東日本リージョンに加えて、西日本リージョンでの提供を2022年度に開始予定です。またCO2削減効果の可視化を実現する機能拡充などを行っていく予定です。

NTT Comは、事業ビジョン「Re-connect X」にもとづき、お客さまやパートナーとの共創によって、With/Afterコロナにおける新たな価値を定義し、社会・産業を移動固定融合サービス・ソリューションで「つなぎなおし」、サステナブルな未来の実現に貢献していきます。

※1:「Smart Data Platform」は、データ利活用に必要な収集・蓄積・管理分析におけるすべての機能を、ICTインフラも含めてワンストップで提供し、データ利活用によるDX実現を加速させるプラットフォームです。詳しくは下記Webサイトをご覧ください。

※2:新サービスのご利用料金や詳細情報についてはこちらをご参照ください。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

データプラットフォームサービス部

2021-R109

このページのトップへ