Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

析秘(セキヒ)のイメージ画像

秘密計算サービス

「析秘(セキヒ)」

データを「守る」から、「守りながら活かす」へ

NTTコミュニケーションズが提供する秘密計算のクラウドサービス「析秘(セキヒ)」は、
データ活用とプライバシー保護を両立させ、プライバシーデータに対する既成概念を変えます。
あらゆる人がデータ活用によってもたらされた恩恵を享受し、
「競争」が「共創」にシフトされた社会をあなたと共に創ります。

サービス概要
析秘の特長
ユースケース
料金体系
よくあるご質問

秘密計算サービス
「析秘(セキヒ)」とは

析秘(アルファベット表記:SeCIHI - Secure Computation and Information Handling Interface)はNTTコミュニケーションズが提供する秘密計算のクラウドサービスです。機密性の高い情報を秘匿化したままの状態で安全にデータを分析することができ、企業の情報漏洩対策をはじめ、組織を跨いだデータの連携や横断分析などが可能になります。

SeCIHI 「データを守る」から、「守りながら活かす」へ SeCIHI 「データを守る」から、「守りながら活かす」へ

秘密計算とは

秘密計算とは、秘密化された情報を復元せずに演算処理が可能になる技術のことを指します。秘密計算技術を用いることで、事業者における安全なデータ活用が実現できます。

SeCIHI 秘密計算システム(クラウド上に構築) SeCIHI 秘密計算システム(クラウド上に構築)

※ある情報を無意味な複数の断片データにして分散保持(秘密分散)すること

秘密計算技術による、
競争力強化の時代

データ活用におけるさまざまな国内外の動向を踏まえると、秘密計算技術を用いて競争力を強化することが求められる時代が訪れています。

01 プライバシー保護規制の厳格化 02 データの民主化 03 秘密計算技術の進歩 01 プライバシー保護規制の厳格化 02 データの民主化 03 秘密計算技術の進歩

01
プライバシー保護規制の厳格化

DXを推進する上での障壁となりやすいプライバシー保護規制は、日本を含む世界各国で厳格化が進んでいます。

02
データの民主化

利益を独占する一部の営利主義企業に対抗するべく、個々の権利を主体としたデータ活用の考え方が世界的に広がっています。

03
秘密計算技術の進歩

最先端のプライバシー保護技術に関する研究開発が進み、安全なデータ活用を後押ししています。

析秘で実現できること

「強固なセキュリティで機密情報を守る」のイメージイラスト

強固なセキュリティで
機密情報を守る

NTTグループの高度な秘密計算技術に加え、安全に運用し続ける通信インフラレベルのオペレーション技術も保有し、大切な機密データを安心して預けることができる

「データの連携で組織の壁を越える」のイメージイラスト

データの連携で
組織の壁を越える

データの中身を見ないまま分析できるため、組織の外に開示することが難しかった機微なデータを持ち寄り、企業や業界の枠を越えた新しいデータ活用の可能性が広がる

「より多くの人が安全にデータを活かす」のイメージイラスト

より多くの人が
安全にデータを活かす

機微なデータにアクセスできなかった人が安全にデータ分析ができ、これまで実現できなかった分析ができるようになるため、新しいデータ分析の可能性が拓かれる

析秘のユースケース

析秘はさまざまな業界でご活用いただける可能性を秘めた技術です。業界別の活用イメージについては「ユースケース」ページ、もしくは特設サイトをご覧ください。

メディア掲載情報

析秘が選ばれる6つの理由

01
世界最高レベルの秘密計算技術

NTTは世界に先駆けて秘密計算の研究に取り組み、データを暗号化したままAI処理を行う技術を世界で初めて実現。技術のISO化にも貢献し、一部NTTの独自技術が世界標準として採用されている。

02
実用可能な演算速度

NTTが開発した秘密計算システムは、秘密計算の長年の課題であった処理速度を劇的に向上。膨大なデータの集計や統計演算を実用的な時間内に処理することができる。

03
充実した演算バリエーション

ロジスティック回帰分析やクロス集計など、基本的な統計演算に充分な機能を提供しており、お客さまの用途に応じた分析を実行することが可能。

04
クラウドベースのWebサービス

析秘はクラウドサービスのため、大規模なシステム構築や複雑なコマンド操作をする必要がなく、簡単に利用を開始することができる。

05
大企業ならではの技術者層の厚み

NTTは秘密計算技術の研究に10年以上携わる。アルゴリズムから構築できるNTT研究所出身のエンジニアが在籍しており、難易度の高い分析の対応も可能。

06
NTTグループの中立性

通信インフラレベルのオペレーション技術で日本を支えているからこそ、中立・公平・公正が第一。析秘は、社会貢献志向をもったメンバーによって生み出されたサービス。

ブラウザーで使える
Webサービス

析秘は機微な情報を安全に分析ができる秘密計算技術を、Webブラウザー上で操作することを可能にしたクラウドサービスです。

ログイン画面キャプチャ
TOP画面キャプチャ

析秘のユースケース

析秘を用いたデータ活用の可能性を4つの領域に分類し、業界別に考えられるユースケースについてご紹介します。

析秘のユースケース 析秘のユースケース

業界別の析秘活用イメージ

各業界別で析秘を利用した活用イメージを無料で資料請求いただけます。

業界別の析秘活用イメージ 業界別の析秘活用イメージ

業界別の特設サイト

析秘は「通常プラン」とお手頃な価格の「トライアルプラン」の2つをご用意しております。詳細は直接お問い合わせください。

通常プラン

Standard

スタンダードプラン

¥400,000 /月(税抜)

(税込¥440,000)
初期費用 ¥500,000(税抜)
レコード数*1 100万レコード
秘密計算VMスペック 4 CPU/16 GBメモリー
初期払出アカウント数*2 10 ID
初期払出テーブル数*3 5 テーブル
データ容量*4*5*6 512 GB

Business

ビジネスプラン

¥850,000 /月(税抜)

(税込¥935,000)
初期費用 ¥1,000,000(税抜)
レコード数*1 1,000万レコード
秘密計算VMスペック 8 CPU/64 GBメモリー
初期払出アカウント数*2 20 ID
初期払出テーブル数*3 10 テーブル
データ容量*4*5*6 1,024 GB

Business Pro

ビジネスプロプラン

¥3,400,000 /月(税抜)

(税込¥374,000)
初期費用 ¥2,000,000(税抜)
レコード数*1 1億レコード
秘密計算VMスペック 32 CPU/256 GBメモリー
初期払出アカウント数*2 40 ID
初期払出テーブル数*3 20 テーブル
データ容量*4*5*6 8,192 GB

料金内訳:

  • スタンダードプラン:400,000円(税抜) = VM 4CPU/16GiB(230,000円)+ディスク 512GB(130,000円)+アカウント 10 ID(40,000円)
  • ビジネスプラン:850,000円(税抜) = VM 8CPU/64GiB(570,000円)+ディスク 512GB(200,000円)+アカウント 20 ID(80,000円)
  • ビジネスプロプラン:3,400,000円(税抜) = VM 32CPU/256GiB(1,840,000円)+ディスク 8192GB(1,400,000円)+アカウント 40 ID(160,000円)

*1 テーブルあたりに登録・分析可能な最大レコード数でプランが分かれます。作成できるテーブル数に上限はございません。 *2 初期払い出しアカウント数までは月額料金の追加なしでご利用いただけます。アカウント数の対象となるのは、登録権限および分析権限のユーザーです。 (追加払い出し作業自体の料金は発生します。) *3 初期払出のテーブル数までは追加払出作業費用は発生いたしません。初期払出テーブルの対象は「標準テーブル」と「協同テーブル」となります。 (1つの「協同テーブル」を作成した際に全テナントに作成されますが、初期払出テーブル数としてのカウントは1となります。) *4 登録データのデータサイズ、データ形式(数値、テキストなど)によって実効容量は増減します。(実効容量はディスクサイズの約4割程度となります。) *5 データ分析者のテーブル結合機能により作成するテーブルもディスクを使用します。 *6 一度設定したデータ容量は減らせませんのでご注意ください。

トライアルプラン

Trial A

秘密計算トライアルプラン

¥50,000 /月(税抜)

(税込¥55,000)

単一のテナントで析秘の機能を
試してみたい方向け

初期費用 無料
テナント数 1
テナント毎のテーブル数 4 テーブル
テナント毎のユーザー数 登録ユーザー/分析ユーザー 各1 ID
テナント毎の最大レコード数 10万レコード
契約期間 最長3カ月間

Trial B

横断分析トライアルプラン

¥100,000 /月(税抜)

(税込¥110,000)

2つのテナントを使って析秘の横断分析
機能を試してみたい方向け

初期費用 無料
テナント数 2
テナント毎のテーブル数 4 テーブル
テナント毎のユーザー数 登録ユーザー/分析ユーザー 各1 ID
テナント毎の最大レコード数 10万レコード
契約期間 最長3カ月間

サービスについて

海外での利用は可能ですか?

本サービスは日本国内に限定した使用を前提としており、海外諸法令などに対応しておりません。本サービスの国外からのアクセス・利用は禁止します。

データが消失したり、設備が壊れた時にはどうしたらいいですか?

サポート(メールアドレス)にご連絡いただければ、バックアップより復旧します。

データを登録する際にAPIは提供されますか?

現在実施できるデータ登録はWeb UIからのCSVファイルアップロードのみとなります。データ登録APIの提供に関しては2022年度末のバージョンアップにて対応できるよう検討を進めております。

BIツールから利用することは可能ですか?

現在は連携できるBIツールはございません。2023年度にBIツール連携を提供できるよう検討を進めております。

個人情報に関して、横断分析時に第三者提供の本人同意は必要ですか?

必要です。暗号化されても個人情報であることは変わらないため、個人情報を提供する場合は個人情報保護法に則った対応が必要です。

機械学習/AIの機能は使えますか?

ロジスティック回帰など一部の機能は備えております。勾配ブースティング、ニューラルネットワークや画像認識といった機能は秘密計算AIとして実現しており、2025年度の提供に向けて検討しております。

処理速度はどの程度ですか?

演算内容やデータ量によって変わりますが、平文と比較して数倍から数十倍程度の処理時間がかかります。例えば1000万件10属性のデータに対する集計を10秒程度で実施することができます。今後も継続して処理速度の改善に取り組んで参ります。

NTT秘密計算の関数一覧に掲載されている関数は、析秘で利用可能ですか?

市場の需要を見ながら関数の追加を進めて参りますので、ご利用になりたい関数がございましたら、弊社営業を通じてご相談いただければ幸いです。

PoCで利用することはできますか?

可能です。弊社営業を通じてご相談いただければ、実施内容について詳細を伺わせていただきます。

秘密計算で演算した結果が正しいことを、どのように検証すれば良いですか?

析秘としては、平文の演算と同等の精度の機能を提供しています。精度についてご確認されたい場合は、お手元のデータで演算した結果と比較いただければと存じます。

お申し込みについて

申し込みから利用開始まで、どれくらいの期間がかかりますか?

通常、お客さまのご利用内容をヒアリングさせていただき弊社側で構築作業が発生するため、契約締結後1カ月程度の構築期間をいただくことになりますが、トライアルプランでは予め弊社側で用意した共用環境をご利用いただくため、短い期間でご利用開始いただけます。

トライアルプランはありますか?

ご利用する上での自由度が制限されますが、通常月額40万円~の析秘の機能を月額5万円~でご利用可能なプランをご用意しております。トライアルプランについて詳しくはこちらをご覧ください。

このページのトップへ