Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

ハイパーバイザーとは

ハイパーバイザーとは、サーバー仮想化などで利用される、コンピューターを仮想化するための制御プログラムです。代表的なハイパーバイザーとしては、VMwareのvSphereやマイクロソフトのHyper-V、Linuxで使われるKVM(Kernel-based Virtual Machine)などがあります。

ハイパーバイザーには、ハードウェア上で直接動作するネイティブハイパーバイザーと、OS上で実行されるホストハイパーバイザーがあります。性能面で優れているのはハードウェア上で直接実行するネイティブハイパーバイザーで、仮想化されたサーバー上でシステムを実行するなど、エンタープライズ用途で広く利用されています。

一方、ホストハイパーバイザーはハードウェアにインストールされたOSの上で稼働し、その上でさらにOSを実行するという形のため、一般的にネイティブハイパーバイザーよりも性能が低下します。こちらの用途としては、ソフトウェア開発やテストを行うための環境の構築が挙げられます。

あわせてこの用語もチェック

アルファベット順で探す

ITトレンド用語ランキング

おすすめ用語

  1. 輻輳
  2. シングルサインオン
  3. SIEM
  4. LBO
  5. SD-WAN

よく見られている用語

  1. DNSサーバー
  2. ゼロトラスト
  3. PoC
  4. EDR
  5. セッション