Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
NTTコミュニケーションズ株式会社 / ワールドピーコム株式会社

2020年9月29日

NTTコミュニケーションズ株式会社
ワールドピーコム株式会社

飲食店での注文時におけるスタッフと来店者の非接触化や店舗運営の効率化を実現するモバイルオーダーシステムのプレリリース版を提供開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸岡 亨、以下 NTT Com)は、飲食店向けのセルフオーダーシステム導入実績No.1の「メニウくん」※1を中心とした飲食店向け無人化・省力化システムの提供を行うワールドピーコム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:堀口正人、以下WPC )と共に、来店者自身のスマートフォン(以下 スマホ)を利用した飲食店向けモバイルオーダーシステム(以下 本システム)を開発し、2020年10月1日にプレリリース版※2を提供開始します。

本システムは、複数のAPIを統合管理し、外部システムとの接続を支援するNTT Comの「API Gateway as a Service」※3(以下 APIGW)を活用した共創ビジネスの第一弾となります。

1.背景

NTT Comは、「Home Currency Anywhere(以下 HCA)」※4や、さまざまな注文システム、決済システムと接続可能なAPIGWの提供により、データを利活用して飲食店や小売店の課題を解決するプラットフォームの実現に向けた共創ビジネスに取り組んでいます。

WPCは、飲食店におけるセルフオーダーシステム導入実績No.1の「メニウくん」を中心に、自動受付案内システム、予約コールセンター、厨房システムなど、飲食店の省人化・無人化を推進する各種ソリューションを提供しています。

今回両社は、APIGWを活用した共創ビジネス第一弾として、①新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた、飲食店での注文時におけるスタッフと来店者との非接触化の実現、②セルフオーダー利用率を高めることによる、店舗のオペレーション効率の最大化を目指し、本システムを共同開発しました。

2.本システムの特長

本システムは、「メニウくん」で培ったWPCのオーダリングノウハウと、NTT ComのICT基盤とアプリ開発技術を結集して共同開発した、来店者のスマホを利用したモバイルオーダーシステムです。

(1)スマホによる非接触の注文を実現

飲食店の従業員や、注文用タブレットなどの専用端末に接触する必要が無くなるため、新型コロナウイルスの感染拡大防止に寄与します。来店者のスマホでQRコードを読み取り、すぐに注文ができる仕様となっており、アプリのインストール、アカウント作成、ログインが不要なため、誰でも簡単に利用することができます。

イメージ

(2)さまざまな外部システムとの連携を実現

APIGW接続により、さまざまな外部システムや、SaaSアプリとの連携による拡張が可能となり、店舗オペレーションの効率化など、飲食店や小売店の課題に応じたシステム導入を実現します。

(3)既存システムを活用でき、コストの低減が可能

WPCが提供する店舗オペレーション管理機能、厨房管理機能であるマネージメントインフォメーションシステム(MIS)との接続により、さまざまなPOSとの連携は従来の「メニウくん」と同様に利用することができます。既に店舗に導入済みの「メニウくん」との併用も可能であり、専用タブレットを導入するのに比較し、初期・運用コストの低減が可能となります。

なお、本システムは、甘太郎 横浜西口本店、かっぱ寿司(川崎市ノ坪店、練馬貫井店、板橋店、足立谷在家店)に先行導入されています。

3.提供開始日

2020年10月1日

4.今後の展開

今後両社は、本システムを本格展開し、国内外の居酒屋・回転寿司・焼肉店・ファミリーレストランなどに対し、2022年までの3年間で約10,000店舗への導入を目指します。

また、本システムと連携するパートナーを拡大することで、スマホでのキャッシュレス決済機能、HCAを活用した外貨決済機能、予約機能、レコメンド機能、顧客データを利活用したマーケティング機能など、データを利活用して飲食店や小売店の課題を解決するプラットフォームの実現に向けた共創ビジネスに取り組んでいきます。

5.出展情報

2020年10月14日~16日に開催する「NTT Communications Digital Forum2020」にて、本システムを紹介予定です。ログイン後の画面にて「Innovation Center-Services」の展示ゾーンをご覧ください。

会期2020年10月14日(水)、15日(木)、16日(金)9:30~18:00
※講演・セミナーおよび展示は24時間いつでもご覧いただけます。
※社員とのインタラクティブなコミュニケーションは上記時間帯で可能です。
参加費用無料
参加方法事前登録が必要です。公式Webサイトよりお申し込みください。
公式Webサイト https://www.ntt.com/business/go-event

※1:メニウくんとは、セルフオーダーシステムを中心とした店舗の無人化、非接触化を実現するソリューションシステムです。その他にも、厨房システム、回転レーンなどと連携をすることで店舗のオペレーション効率の最大化をいたします。

※2:現時点では注文の機能に限定した提供となります。また、プレリリース版において、提供価格は個別見積となります。両社の営業窓口にお問い合わせください。

※3:「API Gateway as a Service」とは、外部システムとのAPI接続を容易にし、さまざまな業界におけるビジネス連携(xTech)をスピーディーに実現するサービスです。APIの認証や権限管理を一括で行うことができ、多数のAPIが存在する場合にも、その管理の効率化が可能になります。
https://www.ntt.com/business/services/cloud/apigateway/apigateway.html

※4:「Home Currency Anywhere」とは、レート保証型外国為替情報と取引情報のデータ流通サービスです。常に変動する外国為替レートを24時間などの一定期間保証することで、海外からの観光客などが自国通貨で安心して買い物や飲食を楽しめるようになります。
https://www.ntt.com/about-us/press-releases/news/article/2019/1112.html

本件に関するお問い合わせ先

報道機関からの
お問い合わせ

NTTコミュニケーションズ株式会社

経営企画部 広報室 野本、井上

03-6700-4010


ワールドピーコム株式会社

広報担当 石川

045-277-2668

Email: press@worldpicom.com


お客さまからの
お問い合わせ

NTTコミュニケーションズ株式会社

第四ビジネスソリューション本部 清水、藤澤

2020-R071

このページのトップへ