Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2020年11月20日

サブスクリプションビジネスに必要な機能を網羅したSaaS「Subsphere」においてパートナー機能などの多彩なオプション機能を追加

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、サブスクリプションビジネスを提供する事業者向けに、ビジネスに必要な機能を一元的に提供するSaaS「Subsphere (サブスフィア)」において、2020年11月20日より、大幅に機能を拡充します。

なお、今回の機能追加は「TypeB (powered by Bplats®)」※1が対象です。

1.主な追加機能

(1) パートナー機能

パートナー企業と共同で提供するビジネスモデルに対応可能な機能です。パートナーと共有する情報の範囲を設定することや、パートナーに支払う取次手数料を管理することなどができます。複数のパートナーがいるケースにも対応可能で、多様なビジネス形態に適用いただくことができます。

(2) Subscription Analytics

サブスクリプションビジネスにおける経営指標分析ツールです。売上高、LTV (Life Time Value:生涯顧客価値)、解約率、ARR (Annual Recurring Revenue:年間定期収益)といった指標を、ダッシュボードで簡単に把握することができます。

イメージ

(3) グローバル関連機能

外国語、海外通貨、また海外の税率にも対応します※2。具体的な言語、通貨についてはご相談ください。

(4) 決済連携

連携可能なサービスに、NTTスマートトレード株式会社が提供する決済サービスが加わります。

2.追加機能一覧

高機能業務オプション パートナー機能
Subscription Analytics
外国語対応オプション
海外通貨対応オプション
税率対応オプション
二要素認証
CSVファイル連携オプション
販売先登録制限オプション
決済連携オプション NTTスマートトレード連携※3(クレジットカード/口座振込/口座引落)
基盤連携オプション 光コラボモジュール

3.提供開始日

2020年11月20日

4.提供料金・お申し込み

料金やお申し込み方法については、お問い合わせください。

※1:「Subsphere」は目的に合わせて「TypeA (powered by Smart Billing®)」「TypeB (powered by Bplats®)」の2種類から選択することが可能です。
「Smart Billing」は、NTTコムウェア株式会社の登録商標であり、同社が提供するサブスクリプション管理プラットフォームの名称です。また「Bplats」は、ビープラッツ株式会社の登録商標であり、同社が提供するサブスクリプション管理プラットフォームの名称です。

※2:標準では英語、ならびにUSドルに対応します。その他の言語についてはご相談ください。また、税率については一段階税率のみの対応です。

※3:別途、NTTスマートトレード株式会社が提供する決済サービスの契約が必要です。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

プラットフォームサービス本部 アプリケーションサービス部

このページのトップへ