平成15年1月29日
報道発表資料
NTTコミュニケーションズ株式会社
マイクロソフト株式会社


高品質・高機能なグローバルコンテンツ配信サービスを提供
~Windows Media 9シリーズと連携し、著作権保護にも対応した
グローバルコンテンツ配信サービスを実現



 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 正誠)は、マイクロソフト株式会社(以下:マイクロソフト、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:阿多 親市)が本日1月29日より提供開始する「Windows Media® 9シリーズ(以下:WM9)(※1)」の新機能を組み込んだ高品質、高機能なコンテンツ配信サービスの提供を開始します。
 WM9の新機能を組み込むことで、高品質な映像の実現、5.1Chサラウンドオーディオ(※2)や二ヶ国語同時放送が可能になるとともに、ファスト・ストリーミング(※3)(即時/常時配信)技術を採用し、バッファリング時間を大幅に低減したスムーズな映像配信サービス、ライブDRM(Digital Rights Management)を提供します。


1.はじめに
 昨今のADSLを中心としたブロードバンドの急速な普及に伴い、インターネット上のコンテンツ配信ビジネスが活発になってきました。そうした中、NTT Comはこれまで、コンテンツ・プロバイダや企業ユーザのニーズに基づき、ストリーミングをはじめ、著作権保護、会員管理、課金機能などにも対応したコンテンツ配信ビジネス用プラットフォームとして、「STREAMWING(※4)」および「eMEDIAWING(※5)」を提供し、数多くの企業に採用頂いてきました。
 また、マイクロソフトは、NTT Comが提供するコンテンツ配信プラットフォームにWM9をいち早く連携されることを目的として、NTT Comへの技術協力をWindows Media 9 シリーズ評価版段階より行って参りました。
 今回、NTT Comは、グローバルコンテンツ配信プラットフォームサービス「STREAMWING」および「eMEDIAWING」をWM9に対応することにより、これまで以上に高品質・高機能なグローバルコンテンツ配信サービスを提供します。


2.提供するサービス内容
 WM9を組み込むことで以下の新機能を提供します。
高品質(High Definition品質)映像の実現
5.1Chサラウンドサウンドや二ヶ国語同時放送の実現
ファスト・ストリーミング(即時配信、常時配信)技術を採用し、バッファリング時間を大幅に低減したスムーズな映像配信サービス
デジタル著作権管理技術(DRM)に対応したリアルタイムライブストリーミング(ライブDRM)

 上記新機能と、これまで有している様々な機能(著作権管理機能、会員管理機能、多種多様な課金機能など)を組み合わせ、「NTT/VERIOグローバルIPネットワーク」を通じて、高機能かつ国内と変わらぬ高品質なグローバルコンテンツ配信サービスが実現されます。


3.提供時期ならびに今後の展開
 NTT Comでは、マイクロソフトのWindows サーバーOSの次期バージョン「Windows Server 2003」日本語版の製品版が2003年第二四半期に提供されるのにあわせて、今春以降、順次ご希望の企業に対して商用提供を開始します。

 なお、本日(1月29日)より4月2日(水)まで開催されますWM9によるオンラインイベント「Super 9 Weeks (http://wm9.jp)」に参加するコンテンツパートナーに先行してサービスをご利用いただく予定です。

 NTT Comは、今後もエンターテイメント分野をはじめとして企業内外のコミュニケーションや教育分野などコンテンツ配信において、より高画質・高品質かつ効率的なコンテンツ配信をサポートすることにより、コンテンツ業界ならびにブロードバンド全体の発展を支援し、新しいライフスタイル・ビジネススタイルの基盤を提供していきます。
 マイクロソフトは、インターネットサービスプロバイダーに対して、WM9の高解像度と 5.1 サラウンド機能による新たなユーザー層の開拓およびWindows Media DRM 9 シリーズによる柔軟なデジタルコンテンツの著作権保護によるセキュアな配信技術の提供など、新たなビジネス機会を提供して参ります。また、インターネットサービスプロバイダーとコンテンツサービス提供会社などとの協力により、WM9を利用したコンテンツサービスの楽しむ機会をユーザーに提供してまいります。


(※1)Windows Media 9 シリーズ
デジタルコンテンツの再生、配信、制作、著作権保護ができる次世代デジタルプラットフォーム。ストリーミング配信を視聴するには、Windows Media Player 9 シリーズ日本語版のインストールが必要。また、ライブの臨場感を楽しむための通信環境として、ADSLなどのブロードバンド環境が推奨される。

(※2)5.1CHサラウンドオーディオ
従来のステレオはスピーカー2本から構成されるが、5.1ch.サラウンドオーディオはスピーカー6本(1本はサブウーファー)から構成されるため、臨場感あふれる音響を再生することが可能となる。

(※3)ファスト・ストリーミング
Windows Media Player 9 シリーズの新機能。ファスト・ストリーミングにより、即時再生、常時再生のストリーミング体験を実現。バッファ処理の時間を事実上なくし、ネットワークの状態による再生障害の可能性を減す技術。

(※4)STREAMWING
インターネットでの動画配信技術であるストリーミング技術を用いて映像コンテンツを配信するサービス。URL: http://www.ntt.com/streaming/

(※5)eMEDIAWING
ブロードバンド時代に適合した著作権管理機能、会員管理機能、多種多様な
課金機能などをワンストップで提供するコンテンツ配信プラットフォームサービス。URL: http://www.ntt.com/streaming/

*Microsoft、Windows Mediaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらまで