Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

Communication Engine "COTOHA® API"

COTOHA NLP

あなたのアプリケーションの日本語理解の高度化をサポート

日本語テキストを扱うさまざまなビジネスシーンに活用可能

高精度な日本語文章解析が実現可能

NTTグループの40年にわたる研究成果、世界最大級の日本語辞書を活用

テキストアナリティクスやバーチャルアシスタントへのAPIの適用が可能

非構造ビッグデータのマーケティング活用やアプリの日本語化対応を実現

サービス概要
特長/メリット
利用シーン

COTOHA® APIは、NTTグループの40年以上にわたる研究成果である日本語辞書・自然言語機能、およびCOTOHAの提供を通じて独自開発した機能をベースとした「テキスト解析」「対話」「音声認識サポート」に活用できるAPIサービスです。
※corevoを利用しています

「テキスト解析」「対話」「音声認識サポート」に活用できるAPIサービス概要イメージ 「テキスト解析」「対話」「音声認識サポート」に活用できるAPIサービス概要イメージ

 

 

COTOHA® APIの強みは、「①日本語辞書」「②意味属性付与」「③日本語文脈理解」です。これにより、日本語文章を正しく詳細に解析・理解できるため、「テキスト解析」「対話」「音声認識サポート」などにおいてこれまで実現不可能だった活用ケースにリーチできます。

「テキスト解析」「対話」「音声認識サポート」などにおいてこれまで実現不可能だった活用ケースにリーチできるイメージ 「テキスト解析」「対話」「音声認識サポート」などにおいてこれまで実現不可能だった活用ケースにリーチできるイメージ

 

 

COTOHA® APIは日本語を扱うさまざまなビジネスシーンに活用可能です。

1.
活用できなかった非構造ビッグデータをマーケティングに活用

ビッグデータをマーケティングなどに活用したいが、非構造データの解析が難しく、価値ある資産が活かされることなく塩漬けになっている。 用できなかった非構造ビッグデータをマーケティングに活用Before
▶︎
COTOHA® APIを用いて非構造データの解析/ユーザー属性の抽出を行うことで、ビッグデータを活用したマーケティングが可能に。 用できなかった非構造ビッグデータをマーケティングに活用After
2.
RPAの前処理で表記揺れを検地・訂正することでRPAの適応範囲拡大

RPA導入による業務効率化を行ったが、処理するファイル(メールなど)にノイズが多く、Robotが業務処理を行えない。 RPAの前処理で表記揺れを検地・訂正することでRPAの適応範囲拡大Before
▶︎
COTOHA® APIで表記揺れなどのノイズを除去することでRobotが業務処理可能に。RPA適応範囲拡大により導入効果をさらに向上。 RPAの前処理で表記揺れを検地・訂正することでRPAの適応範囲拡大After
3.
音声認識の精度改善による、応対システム導入効果向上

音声入力をUIとして後続のVA/Chatbotへ連携するRobot中心の対応システムを導入したが、認識精度が低く、コスト削減効果が得られない。 音声認識の精度改善による、応対システム導入効果向上Before
▶︎
COTOHA® APIで音声特有の認識誤りを検知・訂正することで、精度向上が可能。人へのエスカレーション頻度の低減などにより、コスト削減効果が増大。 音声認識の精度改善による、応対システム導入効果向上After

 

 

このページのトップへ