Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

FISC基準を満たす高信頼なインフラを活用し
新ワークスタイルを支えるVDIを構築

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 情報システム部長 天満 光生 氏

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
情報システム部長

天満 光生 氏

「セキュリティと利便性という相反する課題を解決するVDIを早期に構築できたのはNTTコミュニケーションズの対応力のおかげ。ネットワークとクラウドを一体的に提供できる総合力も高く評価しています」

 

課題

厳格なセキュリティレベルを堅持しつつ営業担当者の業務効率を高めたい

 損保ジャパン日本興亜グループの一員として、生命保険事業を担う損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険。個人向けの医療保険やがん保険、死亡保険のほか、法人向けの定期保険などを幅広く提供している。その1つである個人向け医療保険「新・健康のお守り」は、2014年5月の発売開始から1年足らずでお申し込み数が30万件を突破。市場で高く支持されている。

 時代や顧客ニーズに対応した商品を提供し、「お客さま評価日本一」の実現を目指す同社の前線を担っているのが営業担当者である。保険代理店への商品の説明や提案などが営業担当者の主な業務となるが、従来のワークスタイルには課題があった。

 「例えば、外出先でPCを使って商品説明を行う場合は、あらかじめPCに資料をダウンロードしておく必要があります。急遽、契約者様の契約状況を確認しなければならない場合は、オフィスに電話して内勤のスタッフに調べてもらわねばなりません。自分宛てに届くメールもオフィスに戻ってからでないと確認できませんでした」と同社の天満 光生氏は話す。

 理由は情報保護の徹底のためである。保険会社は、多くの個人情報を扱うため、社外から社内のシステムへのアクセスはできない仕組みとしていたのである。

 そのため、営業担当者は、訪問先とオフィスの間を1日に何度も往復することもあったという。「セキュリティは堅持しつつ、効率的なワークスタイルを実現することを強く求められていました」(天満氏)。

このページのトップへ

 

対策

FISC基準を満たすインフラで高信頼なVDI環境を実現

 課題を解決するため、同社が着目したのがVD(I Virtual Desktop Infrastructure)である。ネットワークを介して、いつでも、どこからでもPCを利用できるようにしつつ、データをサーバー側で一元管理し、情報漏洩リスクを抑止しようと考えたのだ。

 このVDIを構築する上で、同社がこだわったのがシステムを支えるインフラである。各種サーバー、アプリケーションやデータを保管するストレージなどを自前で調達すると、コストが膨大になる上、運用管理の手間もかかる。

 さらに、保険会社である同社は、FISC(金融情報システムセンター)の定める安全対策ガイドラインを遵守しなければならず、インフラには高度な要件が求められるからだ。

 そこで、同社が採用したのがNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)のデータセンターとクラウドサービス「Enterprise Cloud」である。

 FISCのガイドラインをベースに、同社が具体化した各種要件をクリアしていたことが決め手となった。「例えば、私たちは、システムを委託するデータセンターを定期的に監査しなければなりません。中には、データセンターへの立ち入りを認めていない事業者もあるのですが、NTT Comは、そうした要求にも応えてくれました。もちろん、選定時も実際に設備や入退室セキュリティをチェック。信頼性、セキュリティなど、ガイドラインの要件を十分に満たすことを確認し、採用を決めました」と天満氏は話す。

 また、VDI用サーバーを設置するハウジングスペースとストレージリソースなどを提供するEnterprise Cloudが同じデータセンター内でLAN接続されており、ハイブリッドに利用できる点も採用を後押しした。

 ネットワークについては、すでにNTT Com の「Arcstar UniversalOne」で基幹網を構築しており、VDIを支えるデータセンターもここに収容されるが、新たに営業担当者のリモートアクセスを支えるため、「Arcstar Universal One モバイル」および「Bizモバイルコネクト」を導入。VPNを介したアクセスを実現しつつ、ワンタイム認証の仕組みを実装することで、外出先からでも安全に社内システムに接続できる環境を整えた。

 「シンクライアントの構築は、別のITベンダーが行ったのですが、NTT Comは組織の垣根を越えて連携し、チーム力を発揮してくれました。おかげでVDIは、プロジェクトの立ち上げから6カ月という短期間で正式稼働を実現できました」と天満氏は満足感を示す。

このページのトップへ

 

効果

適用範囲の拡大にもすぐに対応可能

 NTT Comのサービスが支えるVDIは、全国120の営業店に展開され、1700台の端末から利用されている。これにより、営業担当者のワークスタイルは大きく変わった。「いつでも必要な資料や契約状況などを確認でき、業務品質の向上につながっています」と天満氏はメリットを語る。

 Enterprise CloudをVDIのインフラに採用したことで、今後、適用範囲が拡大しても、必要なサーバー、ストレージリソースをすぐに調達して、サービスを拡張していける上、ハードウェアの運用管理負荷が増大してしまう心配もない。

 加えて、NTT Comは、別の側面からもセキュリティの強化に貢献している。具体的には、NTT Comのグループ会社であるNTTコムセキュリティが、同社のセキュリティ対策の状況を定期的に診断し、継続的な改善活動につなげているのである。「情報流出リスクの低いVDIを構築したとはいえ、油断はできません。セキュリティの専門集団であるNTTコムセキュリティのノウハウを活かし、継続的にリスクの低減に努めています」(天満氏)。

 今後は内勤スタッフのPCにもVDIを適していく予定。安心・便利なシステムの拡充に向け、NTT Comはサービスとサポートの両面から、その取り組みを強力に支援していく考えだ。

図 VDIの構成イメージ

このページのトップへ

導入サービス

Enterprise Cloud

Enterprise Cloudは、データセンター、ネットワーク、サーバーが連携した通信事業者ならではのプライベートクラウドサービスです。柔軟なリソース提供とお客さまの要望に応じた豊富なオプションを装備し、基幹系業務でも利用可能な環境をご提供します。

Enterprise Cloud について詳細を確認

Arcstar Universal One

高品質・高信頼ネットワークを安心・簡単・おトクにご提供するクラウドにも対応可能な新しいVPNサービスです。お客さまの企業規模・ニーズにあわせプランの選択が可能。国内・海外ネットワークを共通化し企業のグローバル展開を強力にサポートします。

Arcstar Universal One について詳細を確認

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

概要
医療保険、がん保険、死亡保険、こども保険など幅広い保険商品を提供する。通信販売に対応するほか、ニーズに合わせて保障を選べる「新・健康のお守り」など新たな保険商品の開発・提供にも積極的に取り組む。

URL
www.himawari-life.co.jp


 

 

 

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。


(掲載内容は2015年3月現在のものです。)




関連リンク

このページのトップへ