Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
NTTコミュニケーションズ株式会社,NTTレゾナント株式会社

2022年4月27日

NTTコミュニケーションズ株式会社
NTTレゾナント株式会社

NTT Comコンシューマ向け事業のNTTレゾナントへの移管について

NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸岡 亨、以下 NTT Com)とNTTレゾナント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:楠木 健、以下 NTTレゾナント)は、2021年12月14日に発表した「新ドコモグループの組織の再編成を実施」に基づき、2022年7月1日をもって、NTT Comのコンシューマ向け事業をNTTレゾナントに移管し、新たな体制でお客さまへの提供価値の向上とさらなる成長をめざします。

1.事業移管の概要

NTTレゾナントの全株式がNTT Comから株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)へ移管され、NTTレゾナントがドコモの完全子会社となることを受けて、インターネット接続サービスやMVNOサービスなどのNTT Comのコンシューマ向け事業をNTTレゾナントに移管します。ドコモのコンシューマ営業戦略のもとで経営方針を統一し、意思決定の迅速化を図ることで、多様なニーズにお応えする料金・サービスの提供と販売チャネルの変革による顧客基盤の拡大を加速します。

(1)事業移管期日

2022年7月1日

(2)事業移管方式

会社吸収分割方式による事業移管

2.事業移管の対象サービス

事業移管の対象となるサービスは以下の通りです。現在ご利用中のサービスについて、移管に伴うお客さまの手続きなどは一切ございません。7月1日以降も特段の変更なく継続してご利用いただけます。またお使いのメールアドレスやパスワード、お客さま番号などの変更もございません。

(1)コンシューマ向けインターネット接続サービス:OCN光、OCN for ドコモ光、OCN光 with フレッツなど

(2)コンシューマ向けMVNOサービス:OCNモバイルONE

(3)コンシューマ向けその他オプションサービス

詳細のサービス名については別紙をご参照ください。

3.ご利用料金について

事業移管の対象サービスに関するご利用料金などに係る債権については、NTTレゾナントからNTT Comへ譲渡します。

NTT Comが引き続き請求・収納業務を担うことから、お客さまは、現在のお支払方法を変更することなくご利用いただけます。

4.今後について

今後、NTTレゾナントはドコモのコンシューマ向け営業戦略のもと、従来より提供しているgooの各種サービス・EC事業に加えて、あらたにインターネット接続サービスとMVNOサービスの運営を一体的に担うことで各サービスの連携を強固にし、お客さまの生活がさらに便利に・豊かになるように努めていきます。

また、NTT Comは法人事業に経営資源を集中することで、大企業から中小企業まですべての法人のお客さまをワンストップでサポートする営業体制を構築するとともに、移動・固定融合サービスや5G・IoTなどの新たな先端ソリューションを拡充していきます。

※ 現在、NTT Comのご利用料金などについてNTTファイナンス株式会社(以下 NTTファイナンス)にお支払いいただいている場合は、NTT ComからさらにNTTファイナンスへ債権を譲渡します。なお、NTTファイナンスが料金回収事業者として回収代行している場合はこの限りではありません。

* 記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

一般のお客さまからの
お問い合わせ

カスタマーズフロント

0120-506506

(営業時間 10:00~19:00 日曜・祝日・年末年始を除く)


報道機関からの
お問い合わせ

NTTコミュニケーションズ株式会社

経営企画部 広報室

井上、苅谷


NTTレゾナント株式会社

広報担当

金森、佐藤

pr@nttr.co.jp


(別紙) 移管対象サービス一覧

分類 サービス名称
インターネット接続サービス OCN 光 OCN for ドコモ光 OCN 光 with フレッツ
OCN 光 おまかせプラン with フレッツ OCN 光 「フレッツ」 OCN 光 「フレッツ」まるらくオフィス対応プラン
OCN 光 おまかせプラン 「フレッツ」 OCN 光 あんしんプラン 「フレッツ」 OCN v6アルファ
IPoEアドバンス OCN ADSL 「フレッツ」 OCNバリュープラン
OCN 接続プラス ビック光 powered by OCN OCN ホットスポット
OCN モバイル d OCN モバイル エントリーd OCNアプリ
モバイルサービス OCN モバイル ONE モバイルアクセス OCN でんわ
電話サービス OCN ひかり電話 OCNドットフォン300/OCNドットフォン OCNドットフォン[F]
050 plus 050あんしんナンバー for OCN
その他オプションサービス OCNメール メールウイルスチェックサービス ファミリーメール(追加メールアドレス)
OCNモバイルメール 迷惑メールブロックサービス ユーザーサポートプラン
OCNプレミアムサポート マイプレミアムサポート OCNリモートサポート
あんしんモバイルパック あんしんオプションパック おまかせオプションパック
おまかせマルチパック おまかせマルチパック(F) 安心セレクトパック
オプション複数割 WIDEプラン ひかりTV for OCN
OCNご利用者向け ABEMAプレミアム OCNご利用者向け Amazon Music Unlimited 個人プラン OCNニコニコ動画プレミアム
OCN 朝日新聞デジタル テレビオプション マイセキュア
(OCNペイオン)ウイルスバスターマルチデバイス月額版 (OCNペイオン)ウイルスバスター月額版 (OCNペイオン)ノートン セキュリティ オンライン デラックス月額版
(OCNペイオン)ノートン セキュリティ オンライン プレミアム月額版 (OCNペイオン)ノートン インターネット セキュリティ月額版 (OCNペイオン)ノートン インターネット セキュリティ マルチデバイス月額版
(OCNペイオン)ノートン360月額版 (OCNペイオン)ノートン360 マルチデバイス月額版 (OCNペイオン)ノートン 360 ※旧ノートン モバイル セキュリティ
(OCNペイオン)Internet SagiWall for マルチデバイス (OCNペイオン)マカフィー マルチアクセス 月額版 (OCNペイオン)マカフィーインターネットセキュリティ 月額版
(OCNペイオン)FFRI yarai Home and Business Edition 月額版 (OCNペイオン)Telop by goo プレミアム版 (OCNペイオン)マルシェル by goo 有料プラン
(OCNペイオン)gooドクター 有料プラン マイポケット OCNマイポケット
マイポケットプラス ドリームネットメール

2022-R037

このページのトップへ