Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2022年4月20日

日本電信電話株式会社
株式会社NTTデータ
株式会社NTTドコモ
NTTコミュニケーションズ株式会社

「防災コンソーシアム(CORE)」への参画および本格始動について

日本電信電話株式会社(以下、「NTT」)が創立メンバーとして参画している「防災コンソーシアム(CORE)」(以下、「CORE」)に、NTTグループから株式会社NTTデータ(以下、「NTTデータ」)、株式会社NTTドコモ(以下、「NTTドコモ」)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、「NTT Com」)が新たに参画し、本格始動いたします。

1.COREへの参画について

2021年11月のCORE発足※1以降、発起人を務める東京海上日動火災保険株式会社(以下「東京海上日動」)とNTTを含む創立メンバー14法人※2が中心となり、COREの運営における方針や分科会のテーマ設定などの協議を続けてきました。今後、「国土強靭計画」に沿った防災・減災の新しい取組みを加速・促進する新たなサービスの創出・市場展開などの具体化をめざしてNTTグループからはNTTに加えて、NTTデータ、NTTドコモ、NTT Comが新たに参画し、2022年4月からCOREを本格始動することといたしました。

※1 2021年11月24日:災害に負けない強靭な社会を目指し「防災コンソーシアム(CORE)」を発足
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/211124_01.pdf

※2 設立当初は創立メンバー13法人でしたが、新たに1法人加わり創立メンバーが14法人となっています。

2.COREにおける取組みについて

COREは、全体会と分科会で構成されます。全体会では、COREの運営における方針決定や知見・成果の発信、国・自治体との連携、産学官連携などを担い、分科会では法人間の協業により高度化されたサービスの創出・市場展開などを担います。

COREの始動にあたり、それぞれの法人が取組みを進めている防災・減災に関するノウハウを集約し、新たにテーマごとの分科会を発足することになりますが、NTTグループからは、参画企業が保有するICT(人流データ、共通基盤など)を活用した新たなサービス創造をめざし、以下の2つのテーマに取組みます。

■デジタル技術を活用した被害調査及び復旧・復興の迅速化

○概要
災害が激甚化・頻発化し、被害に遭うリスクが高まる中、デジタル技術をフル活用し、生活再建までの期間短縮・被災者の負担軽減に取組みます。具体的には「センサー/衛星などを用いた被害調査の省人化・効率化」「官民の情報連携/PUSH型サービスによる申請・審査の簡素化」などの防災DXに取組みます。

○参画企業と主な役割

NTTデータ リード企業としての全体コーディネート
ドローンなど各種防災サービスの提供、共通基盤の構築
NTT NTTグループにおけるICTの活用検討
応用地質株式会社 各種防災IoTセンサーによるモニタリングや自然災害に関するデータ解析
東京海上日動 損害データや保険金支払いノウハウの活用、迅速な保険金支払い

■「オールハザードのリスク評価とまちづくり・防災対策への活用」

○概要
近年頻発、多様化している自然災害への備えとして、想定される災害の形態や被災の影響を詳しく評価分析し、地域の特性に応じた「事前防災」の対策が求められています。各分野で培ったさまざまな技術や実績を基礎に「災害に強いまちづくり」に貢献する新たなサービスづくりをめざします。

○参画企業と主な役割

日本工営株式会社 リード企業としての全体コーディネート
災害データの提供、リスク評価、地方自治体などへの対策提案
I-レジリエンス株式会社 災害データ提供、ハザードの分析評価、リスク対策パッケージサービスの提供
東京海上日動 損害データや保険金支払いノウハウの活用、実証フィールドアレンジ
NTTドコモ 人流データの提供と活用の検討
NTT Com データプラットフォームの提供と活用の検討
NTT NTTグループにおけるICTの活用検討

なお、COREの詳細やその他参画企業が参加するテーマでの取組みなどについては、東京海上日動火災保険株式会社様の公式ホームページ※3や、COREのポータルサイト※4をご確認ください。

※3 東京海上日動火災保険株式会社様 公式ホームページ
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/220420_01.pdf

※4 COREのポータルサイト
https://bosai-core.jp

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先

■COREへのNTTグループの
参画に関すること

日本電信電話株式会社

広報室


■テーマに対する具体的な
取組みに関すること

株式会社NTTデータ

広報部

070-4437-3848


株式会社NTTドコモ

第一法人営業部

担当・小田原

03-5218-5611


NTTコミュニケーションズ株式会社

ビジネスソリューション本部

スマートワールドビジネス部

スマートシティ推進室

担当・森沢、石間

2022-R031

このページのトップへ