Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2020年10月12日

基本料無料のクラウド型請求書電子化サービス「BConnectionデジタルトレード」の提供を開始

~企業間取引のDXを実現するプラットフォームの実現に向けて~

NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)は、請求書などの紙書類を電子化する基本料無料のクラウド型請求書電子化サービス「BConnectionデジタルトレード」(以下 本サービス)の提供を10月下旬に開始します。

企業間取引のペーパーレス化を推進し、リモートワークの推進や生産性向上に貢献するとともに、将来的には、お客さまが蓄積した取引データをマーケティングに利活用するなど、企業間取引のデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に貢献します。

1.背景

NTT Comは、NTTグループが提唱する「コネクティッドバリューチェーン」※1の実現に向けて、各産業やプロセスにおけるバリューチェーンのデジタル化への取り組みを進めており、企業間取引のDXを実現する企業間取引データプラットフォームの検討を行ってきました。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けリモートワークが増加する中、請求書の発行、受領などの企業間取引においては、印刷、社内回覧、押印、封入、郵送、受取、保管など紙書類を必須としたプロセスがあり、そのために出社しなければならないという課題が顕在化しました。一部の企業間ではすでに専用の電子取引システムなどが利用されていますが、その構築や運用には相当なコストがかかることや、新たな取引先との柔軟な接続が困難などの課題が残されています。

NTT Comは、これらの課題解決に向け、無料で業務を電子化しリモートワークを実現するとともに、効率的に請求書をやり取りできる「企業間取引データプラットフォーム」として本サービスを提供開始いたします。

2.本サービスの特長

(1)ペーパーレス化によるリモートワーク推進、生産性向上

本サービスでは、請求書電子化機能、ワークフロー機能、データ連携機能を提供します。本サービスの導入により、請求書作成のための出社が不要となり、リモートワークの促進と生産性の向上に貢献します。加えて紙回覧による社内承認の電子化による効率化、郵送コスト・保管コスト削減に寄与します。

従来、月500時間以上を必要としていた請求書発行業務を、本サービス導入により30~40時間に効率化することが可能です(当社試算。月1,000枚の請求書発行業務をすべて電子化する想定)。

<生産性向上のイメージ>
<生産性向上のイメージ>

(2)基本料無料で必要なときだけ利用が可能

専用システムを準備することなく手軽にサービス利用を開始・利用できるクラウド型サービスです。基本料無料で、1回限りの取引など必要なときだけ利用することが可能です。

(3)社内経理システムなどと連携可能なデータ形式で電子化が可能

請求書をPDF形式で電子化するサービスと異なり、請求書をUBL(Universal Business Language)※2形式のデータとして電子化するため、社内経理システムへの自動投入など、多彩なシステム連携が可能となります。

また、クラウド上でデータを一括保管するため、原本管理が不要となります。これは2020年10月1日より施行された改正電子帳簿保存法に準拠した仕様となります。

(4)海外企業との取引に対応

本サービスの操作画面は25言語で表示可能です。また、海外との取引に必要な国・地域※3の法令に準拠しています。

(5)電子化代行サービスなどの拡張サービスを有償で提供

自社が請求書の電子化を進めても、取引先企業が紙書類を継続するため電子化ができないという課題があります。これを解消するため、紙書類から電子データに変換する有償サービスを提供します。

3.今後について

お客さま自身が、蓄積された請求データなどのトランザクションデータを活用することで、企業間のマッチングへの利用など、新たな付加価値を生むビジネスの実現に向け本サービスの機能を拡張していきます。

NTT Comは、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要なすべての機能をワンストップで提供する「Smart Data Platform」※4の連携アプリケーションとして本サービスを展開し、2022年度までに3万社への導入を目指します。

4.お申し込み方法

NTT Comの営業担当にお問い合わせください。

5.出展情報

2020年10月14日~16日に開催する「NTT Communications Digital Forum2020」にて、本システムを紹介予定です。ログイン後の画面にて「Smart Data Platform-Apps」の展示ゾーンをご覧ください。

会期   :2020年10月14日(水)、15日(木)、16日(金)9:30~18:00

※講演・セミナーおよび展示は24時間いつでもご覧いただけます。

※社員とのインタラクティブなコミュニケーションは上記時間帯で可能です。

参加費用 :無料

参加方法 :事前登録が必要です。公式Webサイトよりお申し込みください。

公式Webサイト https://www.ntt.com/business/go-event

※1:コネクティッドバリューチェーンとは、各企業間の取引を電子化することで価値をさらに創出するつながりを示します。

※2:UBL(Universal Business Language) とは電子商取引などで扱われる伝票や請求書などの電子文書を共通化するためのXMLの国際仕様になります。

※3:対応国・地域:アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国、アラブ首長国連邦、イギリス、イタリア、インド、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、シンガポール、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、チリ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド 、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、プエルトリコ、フランス、ブルガリア、ペルー、ベルギー、ポーランド、マレーシア、メキシコ、モナコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、中国、香港、南アフリカ、日本

※4:「Smart Data Platform」については、下記Webサイトをご参照ください。

「Smart Data Platform」のコンセプトページ https://www.ntt.com/business/sdpf/

本件に関するお問い合わせ先

お客さまからの
お問い合わせ

アプリケーションサービス部

川淵、長塩

050-3813-6136


報道機関からの
お問い合わせ

経営企画部 広報室

野本、井上

03-6700-4010

2020-R083

このページのトップへ