Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2020年6月11日

「OCN 光回線サービス」において、IPoE接続を標準機能として提供開始

~追加費用無料、お申し込み不要で通信品質を向上~

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、個人のお客さま向けのインターネット接続サービス「OCN 光回線サービス」において、高速な通信をより安定してご利用いただくため、追加費用無料、お申し込みや工事不要で、IPoE (IPv4 over IPv6)方式によるインターネット接続の提供を開始します。

1.背景

近年、動画視聴ニーズの爆発的増加、またVR(仮想現実)映像やゲームソフトの配信などの大容量コンテンツの増加に伴って、一般のご家庭におけるインターネット通信量が増え続けています。さらに、ウィズコロナ・アフターコロナの社会情勢におけるオンライン授業やテレワークの浸透などによって、今後も通信量が増加することが予想されます。

このためNTT Comは、より快適にインターネットをご利用いただけるよう、「OCN」のお客さまにIPoE接続を標準提供することで、ネットワークの混雑を緩和し、通信品質の向上を図ります。

2.IPoE (IPv4 over IPv6)とは

IPoEとは、従来型の接続方式であるPPPoE※1に代わる接続方式です。またIPv4 over IPv6とは、IPv4の通信も、IPv6の通信と同様にIPoE方式によって通信することを指しています。

PPPoEに比べ、比較的混雑しにくいIPoE方式の設備を経由してインターネットに接続することで、より速く、より安定した通信が期待できます。

<イメージ図>
<イメージ図>

3.特長

(1) 「OCN」がより快適に

安定した高速通信が可能になるため、例えばご家庭で映画のサブスクリプションサービスを楽しむ際や、テレワークでリモート会議に参加する際などに、安定した画質で快適にご利用いただくことができます。

(2) 追加費用は無料

IPoE (IPv4 over IPv6)方式での接続に伴う、初期費用や、追加の月額利用料金は発生しません。

(3) お申し込みや工事不要で簡単

お申し込み、工事の立ち会いや、面倒な設定などは不要です。IPoE (IPv4 over IPv6)方式に対応するルーターなどの宅内機器(以下 対応機器)を、光回線に繋ぐだけでご利用いただけます。

4.提供開始日

2020年6月11日

5.提供条件

(1) 対象プラン

「OCN光」「OCN for ドコモ光」「OCN 光 with フレッツ」「OCN光「フレッツ」」

(2) 対応機器

IPoE (IPv4 over IPv6)方式で接続するためには、対応機器のご用意が必要です。ご利用中の機器が対応しているか、下記のWebサイトからご確認いただくことができます。

対応機器をお持ちでない場合は、別途お客さまにてご購入をお願いいたします。

https://s.ocn.jp/ocnipoerouter

<対応機器のレンタルをご希望のお客さまへ>

現在提供中の「OCN v6アルファ」オプションをご契約いただくことで、レンタルにて対応機器をご利用いただくことができます。同オプションは、月額500円(税抜)の追加料金で、IPoE (IPv4 over IPv6)方式による接続に加え、セキュリティ機能や遠隔・訪問サポートもご利用いただけます。詳しくは、下記のWebサイトにてご確認ください。

「OCN v6アルファ」
https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnv6.html

<「ホームゲートウェイ」をご利用中のお客さまへ>

「ホームゲートウェイ」※2によるIPoE (IPv4 over IPv6)接続機能の提供も行います。対象のお客さま※3には、ご利用可能となったタイミングで、メールにて連絡いたします。

  • 「OCN光」のお客さま:2020年6月11日以降順次※4
  • 「OCN for ドコモ光」「OCN with フレッツ」「OCN光「フレッツ」」のお客さま:将来的に対応を予定しており、ご利用可能となったタイミングで、対象のお客さまにメールで連絡いたします。

(3) 提供状況のご確認方法

「OCN with フレッツ」「OCN光「フレッツ」」などのお客さまにおいて、ご利用にあたりお手続きが必要な場合があります。お手数ですが、事前に「マイページ」にてIPoE提供状況をご確認ください。

「マイページ」 https://mypage.ntt.com/

また、実際にIPoE接続をご利用できているかどうかを、下記のWebサイトにてご確認いただくことが可能です。

「IPoE接続環境確認サイト」 https://v6test.ocn.ne.jp/

※1:PPPoEとは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略。イーサネットを使ってPPPというプロトコルを伝送する通信方式。インターネットの利用者とISP事業者間の接続で多く利用されています。

※2:「ひかり電話」のご契約者向けに提供される宅内通信機器のことを指します。

※3:ご利用には条件があります。詳細は重要事項のご案内などでご確認ください。 https://www.ntt.com/personal/signup/internet/hikari/ipoe.html

※4:2020年6月11日以降に新規で「OCN光」にお申し込みいただいたお客さまについても、順次の対応となるため、開通と同時にホームゲートウェイでのIPoE (IPv4 over IPv6)接続をご利用いただけない場合があります。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

報道機関からの
お問い合わせ

経営企画部 広報室

03-6700-4010


一般のお客さまからの
お問い合わせ

カスタマーズフロント

0120-506506

営業時間:10~18時(日祝除く)

2020-R041

このページのトップへ