Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2020年4月8日

次世代インターコネクトサービス「Flexible InterConnect」において「XaaS事業者向け接続機能」の提供を開始

~簡単かつ迅速に閉域網でのXaaS提供が可能、XaaS事業者のビジネスチャンス拡大に貢献~

NTTコミュニケーションズ(以下 NTT Com)は、さまざまなICTリソースをオンデマンドでセキュアに接続可能な次世代インターコネクトサービス「Flexible InterConnect」において、2020年4月8日より、「XaaS (ザース)事業者向け接続機能」(以下 本機能)を開始します。

「Flexible InterConnect」は、クラウドサービスやデータセンターなどを閉域網で繋いだネットワーク接続基盤で、さまざまなICTリソースへのセキュアな通信を実現するサービスです。

本機能は、IaaS、PaaS、SaaSなどのサービス (XaaS)を提供する事業者が、自社のサービスを「Flexible InterConnect」の接続先として追加し、閉域網上で利用できるサービスとして提供することを可能にするものです。これによりXaaS事業者のビジネスチャンス拡大に貢献します。

1.背景

企業におけるXaaSの利用が増える中、セキュリティや安定性の観点から、インターネットではなく閉域網でサービスを利用したいというニーズが増加しています。一方で、XaaS事業者が自社サービスを閉域網で提供するためには、ネットワークに関する専門的な知識や技術に加え、データセンターの契約やネットワーク機器への投資が必要なことが課題となっていました。

NTT Comは、本機能によりこれらの課題を解決し、XaaS事業者が簡単にセキュアで安定した閉域環境でサービスを提供することを可能にします。

2.特長

(1) 簡単かつ迅速に閉域網接続のXaaSを提供可能

本機能により、XaaS事業者は、あらたにデータセンターの契約や機器の準備を行うことなく、自社XaaSのユーザー企業に対し、閉域網上でサービスを提供することができます。

(2) ユーザー企業の獲得につながる「カタログ機能」

「カタログ機能」とは、「Flexible InterConnect」のポータルサイト上で、閉域網で利用できるXaaSが一覧で表示される機能です。「XaaS事業者向け接続機能」によって「Flexible InterConnect」に接続したXaaSは、「Flexible InterConnect」およびNTT Comの企業向けVPN「Arcstar Universal One」のサービス利用者(NTT Comのお客さま)に、オンデマンドで簡単に接続できる「接続先」として表示されるようになり、XaaS事業者の新規顧客獲得に貢献します。

(3) エンドポイントへの接続で、効率的にセキュアで安定したサービスの提供が可能

「Flexible InterConnect」内のエンドポイント(ルーターあるいはポート)に接続するだけで、複数のユーザー企業に対して閉域接続でXaaSを提供できるようになります。ユーザー企業ごとに論理的に分割された通信を行うため、セキュアな環境でサービスを提供することが可能です。

(4) さまざまなクラウド基盤からの接続に対応

XaaSをクラウド基盤上で構築してサービス提供している場合にも、簡単に接続することが可能です。
本機能は、以下のクラウド基盤の接続に対応しています。

  • NTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」
  • 「Amazon Web Services (AWS)」
  • 「Microsoft Azure」
  • 「Google Cloud Platform™ (GCP)」

<提供イメージ図>

イメージ

3.提供開始日

2020年4月8日

4.お申し込み方法

NTT Com営業担当までお問い合わせいただくか、次の専用フォームからお問い合わせください。

お申し込み専用フォーム: https://dm.ntt.com/jp_inq_1349_03reg

5.接続予定のXaaS事業者からのコメント (五十音順)

■シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 尾羽沢 功さま

お客さまは、「Flexible InterConnect」を活用いただくことで、オンプレミスからパブリッククラウド上の「Citrix Virtual Apps and Desktops」へのセキュアな接続はもちろんのこと、クラウド上の仮想デスクトップリソースから、XaaSへのセキュアな接続と柔軟な帯域のコントロールを併せてご利用いただけます。さらに、「Flexible InterConnect」と「Citrix SD-WAN」とを組み合わせることで、WAN回線を統合し有効活用することができ、SaaSアプリケーションへのアクセスの最適化、ネットワークの俊敏性の向上といった効果を得ることができます。

CitrixはNTTコミュニケーションズさまと連携し、お客さまの働き方改革、並びにデジタルトランスフォーメーションを推進し、お客さまの企業競争力向上を支援してまいります。

■パロアルトネットワークス株式会社 代表取締役会長兼社長 アリイ・ヒロシさま

パロアルトネットワークスは、NTTコミュニケーションズさまの「Flexible InterConnect XaaS事業者向け接続機能」の提供開始を歓迎いたします。本サービスによって、企業のお客さまは、より安定したネットワーク環境でXaaSを容易に利用いただけます。パロアルトネットワークスは、SASE (セキュア アクセス サービス エッジ)プラットフォーム「Prisma Access」をはじめとしたセキュリティサービスの「Flexible InterConnect」での提供に向けて、今後もNTTコミュニケーションズさまとの連携を強めてまいります。

■ファイルフォース株式会社 代表取締役 アラム サルキシャンさま

ファイルフォースは、このたびNTTコミュニケーションズさまの「Flexible InterConnect」と弊社のファイル管理クラウド「Fileforce」を接続し、閉域網を通じて弊社サービスをお使いになりたいお客さまに新しい選択肢を提供できることとなりました。マルチクラウドサービスの利活用が常となる時代に、お客さま環境から高い安全性を確保しながら、スムーズに接続可能なネットワークサービスのひとつとして、「Flexible InterConnect」のポータルから「Fileforce」を選択いただけるようになることで、お客さまに更なる安心と利便性をご提供できるものと期待しています。

■リックソフト株式会社 代表取締役社長 大貫 浩さま

今回のNTTコミュニケーションズさまにおける、「Flexible InterConnect」の「XaaS向け接続機能」の提供開始を心より歓迎いたします。弊社は、アジャイル・スクラム開発の標準ツールとも言える「Jira Software」を代表とするアトラシアン製品の販売と独自クラウドサービス「RickCloud」を提供しています。

グローバルでは多くの企業がクラウドサービスに移行するなかで、日本企業はセキュリティ面のポリシーによって移行できない場合があります。このようなお客さまの課題を解決できる「Flexible InterConnect XaaS事業者向け接続機能」には大いに期待しています。

NTTコミュニケーションズさまとのパートナーシップを通じて、より多くのお客さまに弊社が取り扱うツールと弊社の独自サービスを活用いただき、お客さまに価値を提供いたします。

(参考)

「Flexible InterConnect」は、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要な全ての機能をワンストップで提供する「Smart Data Platform」におけるインターコネクト機能を担っています。「Smart Data Platform」については、下記Webサイトをご参照ください。

「Smart Data Platform」のコンセプトページ https://www.ntt.com/business/sdpf/

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

プラットフォームサービス本部

データプラットフォームサービス部

サービスクリエーション部門

中村、五十野、岡崎

2020-R026

このページのトップへ