日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2019年9月30日

データ利活用に必要な大容量データをセキュアに保管できる「Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ」を提供

~アメリカ、ヨーロッパに加えてAPAC初の東京リージョンを展開~

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下NTT Com)は、アメリカのオブジェクトストレージ※1サービス事業者Wasabi Technologies, Inc.(以下 Wasabi※2)との協業により、「Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ」(以下 Wasabiストレージ)を2019年10月1日から業界最安値水準※3で提供します。

NTT Comは、データによる企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に必要なすべての機能をワンストップで提供する「Smart Data Platform」を中核として、データ利活用ビジネスを推進しています。

Wasabiストレージは、「Smart Data Platform」を構成する機能の一つです。詳しくは、下記ウェブサイトをご参照ください。

「Smart Data Platform」のコンセプトページ https://www.ntt.com/business/sdpf/

1.背景、概要

世の中のデジタル化が進むなかで、文書、動画、画像、音声などの非構造化データ※4の利用が爆発的に増加しています。とりわけ膨大なデータを保有している企業が、DX実現に向けたデータ利活用を行っていくためには、データをセキュアに保管できる大容量ストレージサービスが必要不可欠です。

NTT Comは、「Smart Data Platform」のストレージ機能としてWasabiストレージを提供します。高信頼な設備・運用基準で提供する企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」を通じて、お客さまの重要かつ膨大なデータを無制限にセキュアに保管します。従来の磁気テープでは時間を要していたデータの読み出しが、いつでも高速に読み出せることができるようになり、「Smart Data Platform」のインターコネクトなどの機能と連携することで、パブリッククラウドでの安全なデータ分析や一元管理を実現します。

2.特長

(1)高い堅牢性とパフォーマンス、Amazon S3互換のストレージサービスを業界最安値水準で提供

Wasabiストレージは、業界最安値水準の利用料金に加えて、アップロードやダウンロード、APIリクエストなどのデータ転送を無償で提供します。

また、99.999999999%※5の高い堅牢性に加えて、API連携により、Amazon S3※6と同じ使い方が可能です。さらに、データの書き込み/読み込み速度は Amazon S3と比べて高いパフォーマンスを確保※7しています。

(2) お客さまの環境に合わせて国内外のリージョンを柔軟に選択可能

2019年12月に、APACで初めてとなる東京リージョンをNTT Comのデータセンターに開設する予定です。これにより、日本、アメリカ、オランダのリージョンを、お客さまの環境に合わせて柔軟に利用いただけます。

(3)「Smart Data Platform」のさまざまな機能と組み合わせ、お客さまに最適なデータ利活用を実現

Wasabiストレージと、「Smart Data Platform」のインターコネクトやデータ分析AIなどのさまざまな機能を組み合わせ、お客さまに最適なデータ利活用をセキュアに実現します。たとえば、製造業界において工場で収集したIoTデータをWasabiストレージに保管し、必要な時に取り出したデータを「Enterprise Cloud」やパブリッククラウドを通じて、ディープラーニングを用いたデータ分析を行うことにより、製品の品質や生産効率を向上させることが可能です。また、CTやMRIなどのさまざまな医療用画像データをWasabiストレージに保管し、一つのデータのようにまとめたデータセットにすることで、AIによる診断サポートなどを効率的に行うことができます。

<利用イメージ>
イメージ

4.提供開始日

2019年10月1日

なお、「Enterprise Cloud」をご利用のお客さまを対象に、2019年10月末まで無償で提供するキャンペーンを実施します※8

5.提供料金

お客さまの担当営業、または法人コンタクトセンターまでお問い合わせください。

6. Wasabi President, CEO & Co-Founder David Friend氏からのコメント

Wasabiは、NTT Comとの協業により、劇的な低コストで、高性能かつ無限大の拡張性を持つクラウドストレージサービスをAPACのお客さまに提供します。このエキサイティングな協業を通じ、グローバルにおいて、お客さまのデジタルトランスフォーメーションに貢献していき、新たな価値を創造することを楽しみにしています。

7.今後について

NTT Comは、お客さまのDXを実現する「DX Enabler™」として、データを価値あるものとして活用するためのプラットフォーム「Smart Data Platform」の提供と、それにもとづくエコシステムの構築を通じ、社会的課題の解決に取り組んでいきます。

今後も、安心安全なデータ利活用を実現するデータインテグレーションや、ボイスデジタルトランスフォーメーションなどのサービスや機能を順次提供していく予定です。

※1:オブジェクトストレージとは、データをオブジェクト単位で扱うストレージのアーキテクチャです。スケーラビリティに優れているという特長があります。

※2:Wasabiは2016年に米国マサチューセッツ州ボストンにて創業した、オブジェクトストレージサービスの提供事業者です。Wasabiの詳細はhttps://wasabi.com/をご覧ください。

※3:データ保管に関するストレージ料金が安価であることに加えて、データのダウンロードにおける転送料金が無料のため、他社と比べて安価に利用できます。以下は100TB保存時において料金を比較したグラフです。
イメージ

※4:非構造化データとは、特定の構造を持たないデータを指し、メール、文書、画像、動画、音声などのほか、Webサイトのログやバックアップ、アーカイブデータなどを指します。

※5:1万個のオブジェクトを保存した場合、1つが失われるのに平均で1000万年必要なことを意味します。

※6:Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)は、Amazon Web Servicesのオブジェクトストレージサービスです。

※7:Wasabi調べ。

※8:無償提供キャンペーン中に利用できるリージョンはアメリカ、オランダになります。

本件に関するお問い合わせ先

クラウドサービス部

03-6733-9502

2019-R091

このページのトップへ