日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2019年5月8日

「Multi-Cloud Connect」において、通信キャリアとして初めて「Oracle Cloud」東京リージョンへのVPN接続を開始

~国内アクセスのスループット高速化、遅延の低減でさらに快適に~

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、ICTを活用して「ビジネスを変革、創出」するデジタルトランスフォーメーション(以下 DX)をお客さまと共に実現する「DX Enabler™」として、デジタルデータを価値あるものとして活用するための最適なプラットフォームの提供に向けた取り組みを行っています。

このたび、セキュアなマルチクラウド環境を実現する「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect」(以下「Multi-Cloud Connect」)において、2019年5月8日より、通信キャリアとして初めて、日本オラクル(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー、以下 オラクル)が提供する「Oracle Cloud」東京リージョンへのVPN接続を開始します。

1.背景

オンプレミス環境においてオラクルのソフトウェアを利用している企業は多く、そのためクラウドでも現状の環境と親和性の高い「Oracle Cloud」を使いたいというニーズが増えています。

NTT Comは、2017年4月から日本の通信キャリアで初めて「Oracle Cloud」へのVPN接続を開始しており、このたび新設された「Oracle Cloud」の東京リージョンへの接続にもいち早く対応します。

2.特長

「Multi-Cloud Connect」は、「Oracle Cloud」のみならず、NTT Comのクラウドサービスである「Enterprise Cloud」のほか、「Amazon Web Services」、「Microsoft Azure」、「Google Cloud Platform」などのさまざまなクラウドサービスとVPNで接続しており、一つのネットワークでセキュアなマルチクラウド環境を実現することができます。

また、NTT Comのデータセンター「Nexcenter」や、VPN「Arcstar Universal One」を利用しているデータセンター内のオンプレミスサーバーと接続することも可能で、クラウドサービスとの併用によるハイブリッド環境も構築できます。

このたび、「Oracle Cloud」東京リージョンへの接続に対応することで、さらに快適にご利用いただけるようになります。

(1)「Oracle Cloud」へ、セキュアかつ高スループット、低遅延で接続

「Oracle Cloud」東京リージョンへVPNで直結するため、日本国内からセキュアかつ高スループット、低遅延の安定した環境で「Oracle Cloud」を利用することができます。

また、「Oracle Cloud Infrastructure」※1および同インフラストラクチャ上で稼働する自律型データベース「Oracle Autonomous Database」※2などのオラクルの広範なクラウドサービスラインアップを、インターネットを介さないセキュアなネットワーク環境で利用することが可能です。

(2) 重要なデータの国内保管に活用可能

個人情報をはじめとした重要なデータの保管先についての関心が高まるなか、特にセキュリティを重視する官公庁や地方自治体、金融機関などのお客さまの間で、データの保管先を日本国内のサーバーに限定したいというニーズが高まっています。

「Oracle Cloud」東京リージョンと「Multi-Cloud Connect」をご利用いただくことで、データ資産を国内で保管したいというニーズ、あるいは今後想定される、国内でのデータ保管を求められるような法令にも対応することが可能です。

<サービス提供イメージ>

イメージ

3.提供メニュー

サービス名 帯域種別 帯域
Multi-Cloud Connect for Oracle
(東京リージョン)
ギャランティ 10M, 50M, 100M, 200M, 300M, 400M, 500M, 1G, 2G, 5G, 10G

提供料金、お申し込み方法については、NTT Com営業担当者までお問い合わせください。

4.提供開始日

2019年5月8日

5. 今後について

今後もNTT Comは、お客さまのDXを共に実現する「DX Enabler™」として、eSIMを活用したグローバルなネットワークサービス「IoT Connect Mobile™」や、AIサービス、データマネジメントやサービタイゼーションを支援するサービスなどのさまざまな施策を展開していきます。

また、より多くのパートナー事業者との相互接続性を高め、マルチクラウド接続の自動化や管理機能の強化を進めるなど、さらなるサービス拡充に取り組んでまいります。

6.パートナー企業からのコメント

■日本オラクル株式会社 執行役 副社長 アライアンス統括 石積 尚幸 氏

日本オラクルは、NTT Comが提供する「Multi-Cloud Connect」と、このたび、新たに開設した次世代「Oracle Cloud」東京リージョンとの VPN 接続を歓迎いたします。本サービスが開始されることで、お客さまデータセンター内でご利用いただいている既存オラクル製品と「Oracle Cloud」とを、安定したネットワーク環境で迅速に接続することで、お客さま環境に即したハイブリッド利用が実現できます。本サービスをはじめとしたNTT Comとのパートナリングにより、お客さまのビジネスの変革に貢献していきます。

■株式会社アシスト 執行役員 オラクルクラウド事業推進担当 小西 雅宏 氏

株式会社アシストは、NTT Comが提供する「Multi-Cloud Connect」と「Oracle Cloud東京リージョン」との VPN 接続を歓迎いたします。「Oracle Cloud」をご利用いただくお客さまの要求にお応えするためには、安定・セキュアな高品質のネットワークが必要不可欠です。本サービスの開始により、お客さまデータセンター内にある既存オラクル製品と「Oracle Cloud」が安定したネットワーク環境で迅速に接続され、お客さまの環境に即したハイブリッド利用が実現できるものと期待しています。

*株式会社アシストは、お客さまの「Oracle Cloud」導入などに際し、NTT Comと連携しているパートナーです。

※1:エンタープライズ向けのIaaSサービスです。

※2:自己稼働、自己保護、自己修復を特長としており、AIと機械学習により、高いセキュリティ、可用性、パフォーマンスを実現しながら、データベース管理の重要管理プロセスを自動化し、運用管理のリソースおよびコスト削減に寄与します。

*記載の社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

ネットワークサービス部

販売推進部門

山内、白土

03-6700-5406

2019-R040

このページのトップへ