Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2016年9月14日

サイバー攻撃からWebサーバーを守る企業向けセキュリティ対策「OCN vWAFサービス」の提供を開始

NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、企業向けOCNサービスのオプションとして、サイバー攻撃などの不正なアクセスからお客さまのWebサーバーを守るSaaS型セキュリティサービス「OCN vWAFサービス」*1を、2016年9月20日より提供開始します。

本サービスの提供により、NTT Comは企業向けOCNサービスのお客さまに対するセキュリティサービスのラインナップを強化します。

1. 背景

近年、Webサイトの改ざんや機密情報の搾取など、金銭や営業妨害を目的とした企業のWebサイトに対するサイバー攻撃が急増*2していることを踏まえ、新たに、Webアプリケーションの脆弱性を狙ったサイバー攻撃や、近年増加傾向にあるSlow DoS*3攻撃を防御することができる「OCN vWAFサービス」を提供します。

同サービスは、ネットワーク上でWebアプリケーションに対する攻撃からサーバーを守るセキュリティ対策で、SaaS型のため低コスト・短期間で導入いただけます。

2. 概要

最新の脆弱性対策を備えたセキュリティエンジンによって、Webサイトの脆弱性を標的としたアプリケーション攻撃やWebサイトへのDDoS攻撃などへの対策を一元的に提供するサービスです。

イメージ

イメージ

3.「OCN vWAFサービス」の特長

(1) 脆弱性攻撃やボットなどへの多層防御機能を低価格で導入可能

「OCN vWAFサービス」は、クロスサイト・スクリプティングやSQLインジェクションなどの脆弱性攻撃や、ボットなどへの多層防御機能を備えており、月額137,160円(税込)からの低価格でご利用いただけます。

(2) 脅威検知から防御までを完全自動化

Deep Learning技術を活用したセキュリティエンジンにより、OWASP Top 10*4を含む既知の攻撃パターンに加え、今後予測される脅威に対しても、高速かつ高精度な対処を行います。脅威の検知から防御までを完全に自動化できるため、お客さまの手を煩わせることのない、Webサイト攻撃対策のフルアウトソースを実現します。

(3) DDoS対策機能

WebサイトとWebアプリケーションへのDDoS攻撃を緩和します。特に、ネットワーク回線よりもWebサーバーのダウンを狙ったSlow DoS攻撃に対して有効です。ネットワーク回線への攻撃を防御する「OCN DDoS対策サービス」と併せてご利用いただくことで、よりセキュアなWebサイト運営が可能です。

(4) お客さまのネットワーク構成を変更せずに簡単導入

DNSの設定を変更するだけで簡単に利用することができます。このため、お客さまが運営しているWebサーバーを停止する必要がなく、サービスを継続して提供しながらの導入が可能です。また、SaaS型のため、お客さまによる機器の資産管理や運用が不要です。

(5) 管理ポータル機能

お客さまは、専用のポータルサイトから、お客さまが運営しているWebサイトやWebアプリケーションごとに、個別にセキュリティポリシーを設定することができます。また、Webサイトへの不正アクセス数や、攻撃の種類などを一覧で把握できる、豊富なレポート機能も利用可能です。

4. 提供条件

契約可能なお客さまは、NTT Comの企業向けインターネット接続サービス「スーパーOCN」または「OCNハウジング用接続サービス」を利用されているお客さまです*5

5.メニューおよび提供料金

ご利用帯域に応じた3種類の「基本サービス」と、豊富な「オプションサービス」から選択が可能です。具体的なメニューおよび提供料金は[別紙1]をご参照ください。

6.提供開始日

2016年9月20日

【参考:NTT Comの企業向けセキュリティサービス】

NTT Comは、「OCN vWAFサービス」の他にも、企業のお客さまのセキュリティ対策を総合的に実現するマネージドセキュリティサービス「WideAngle」や、企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」を利用されているお客さま向けの各種セキュリティサービスとして「Enterprise Cloud セキュリティ オプション」を提供しています。

なお「WideAngle」や「Enterprise Cloud セキュリティ オプション」においても、WAF機能をご利用いただくことができます。

*1: WAF(ワフ)は、Web Application Firewallの略。WebサイトおよびWebサイト上で動作するアプリケーションへの攻撃に対する防御を行う。

*2: 2016年1月から6月までにJPCERTに報告されたWebサイト改ざん件数は1,065件(2011年のWebサイト改ざん件数は271件/年)。

*3: 比較的少量のパケットを長時間送信し続けることで、Webサーバーをダウンさせることなどを目的とした攻撃手法。

*4: Webアプリケーションの10大セキュリティリスク。Webアプリケーションのセキュリティに関する課題解決を目的とした非営利団体OWASP(The Open Web Application Security Project)が選定している。

*5: お申し込み可能な回線サービス種別の詳細は、NTT Com営業担当までお問い合わせください。

関連リンク

■企業向けOCNサービスをご利用のお客さま向け

■マネージドセキュリティサービス

■企業向けクラウドサービス

本件に関するお問い合わせ先

報道機関からの
お問い合わせ

ネットワークサービス部

オープンネットワークサービス部門

市原、頼本

03-6700-9115


一般のお客さまからの
お問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-106107

受付時間 9:30~17:00

(土・日・祝日除く)

2016-R087

このページのトップへ