Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2016年9月13日

日経コンピュータ「顧客満足度調査 2016-2017」の
「クラウド基盤サービス」部門において、
NTTコミュニケーションズが第1位を獲得

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、日経BP社が2016年9月13日に発表した日経コンピュータ「顧客満足度調査2016-2017」の内、「クラウド基盤サービス」部門において第1位を獲得しました。

NTT Comは法人向けのクラウドサービスとして「Enterprise Cloud」を、2012年より提供してきており、着実に国内外で本サービスをご利用いただくお客さまを増やしてきました。

NTT Comは引き続き、お客さまの事業拡大や変革に、柔軟かつ俊敏に対応できるICTソリューションを提供していきます。

<選出内容>

日経コンピュータ 2016年9月15日号 顧客満足度調査 2016-2017 クラウド基盤サービス部門 1位

イメージ

<「Enterprise Cloud」の主な特長>

(1)高い信頼性を持つ専有型のHosted Private Cloudを、オンデマンドで従量課金に対応したベアメタルサーバーやマルチハイパーバイザーにて提供します。また、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を採用し、業界標準のオープンなAPIを具備した共有型Cloudも提供します。

(2)SDN技術を活用し、Hosted Private Cloudと共有型Cloudを、L2接続による同一ネットワーク上でシームレスに提供し、オンプレミスで運用しているシステムのクラウド移行時に発生する設計工程を約30%が削減可能です。

(3)世界11カ国14拠点に展開する「Enterprise Cloud」のクラウド拠点間を10Gbpsベストエフォートの閉域ネットワークで無料接続します。

(4)「Enterprise Cloud」はもちろん、他事業者が提供する複数のクラウド基盤も含めてポータルサイトから一元管理できる「Cloud Management Platform」を提供します。

(参考) 顧客満足度調査 2016-2017の概要

顧客満足度調査2016-2017は、日経BP社「日経コンピュータ」が企画・実施している調査です(協力:日経BPコンサルティング、日経BPイノベーションICT 研究所)。企業向けIT関連製品やサービス全28部門におけるITベンダーに関する満足度を、CIO(最高情報責任者)や情報システム部長といった製品・サービス導入の責任者が評価するものです。調査は毎年実施しており、今回が21回目になります。調査は2016年5月12日から6月14日にかけて実施し、1466件の有効回答を得ました(今回は熊本・大分地方を中心とした地震が発生したため、熊本、大分両県は調査対象から外しております)。

詳細情報はURL:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/072602221/をご覧ください。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

経営企画部 広報室

03-6700-4010

2016-R085

このページのトップへ