日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

イメージ

2015-R021

(報道発表資料)

2015年3月3日

NTTコミュニケーションズ株式会社
Lux e-shelter 1 S.a.r.l.

ドイツ最大のデータセンター事業者e-shelterの株式取得について

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、ドイツのデータセンター事業者であるLux e-shelter 1 S.a.r.l. (本社:ルクセンブルグ、略称:e-shelter(イーシェルター))の株式の86.7%を取得することについて株主と基本合意に達し、2015年3月2日(現地時間)に株式取得に関する契約を締結しました。

NTT Comグループは、欧州大陸で提供可能な高品質データセンターのサーバールーム面積を大幅に拡大し、欧州を含むグローバルシームレスなクラウド・データセンターサービスへの旺盛な需要への対応力を強化します。またe-shelterは、NTT Comグループ各社と連携することにより、新たにアジアや北米などへカバレッジを拡げることになるほか、NTT Comが提供するネットワークやクラウド基盤を活用することで、お客さまのグローバルな展開ニーズへのより幅広い対応が可能となります。加えて、欧州大陸における競争力強化のためのe-shelterによる迅速な事業拡大が可能になります。

1.背景・目的

欧州におけるデータセンターの需要は堅調で、その市場規模は年平均約9%の勢いで拡大すると予想されています*1。現在NTT Comは、グループ会社であるGyron(ジャイロン)を通じてイギリス国内を中心に大規模なデータセンターの展開を進めています。一方欧州大陸においては旺盛な需要へ対応できる十分な規模のデータセンター設備を保有していませんでした。

e-shelterは、ドイツを中心に欧州大陸にサーバールーム面積合計約72,500m2*2のデータセンターを保有する、ドイツ最大手、欧州全体でも有数のデータセンター事業者です。同社は、大規模な土地・建物を所有し、異なる変電所から冗長構成で引き込んだ120MWクラスの大規模変電設備を敷地内で運用することで、拡張性・柔軟性に優れたコロケーションサービスを実現するなど、そのビジネススキームも優れています。

今回の株式取得により、NTT Comグループの欧州におけるデータセンターのサーバールーム面積は、4都市約19,500m2*2から9都市約92,000m2へと大幅に拡大します。これによりNTT Comは、欧州で第3位の規模のデータセンター提供能力を有することになります。

NTT Comは、今後も需要の増大が期待される欧州大陸においても、世界統一基準で提供される「Nexcenter™」ブランドのデータセンターを展開していくことで、グローバルシームレスなICTソリューションの提供能力を強化し、企業の積極的なビジネス展開を支援します。

(別紙1)NTT Comおよびe-shelterのデータセンターおよび提供能力

(別紙2)NTT Com データセンターサービス サーバールーム面積の推移 

2.株式取得の概要

(1)株式取得比率:86.7%

3.e-shelterの概要

(1)会社名 Lux e-shelter 1 S.a.r.l.
(2)本社 ルクセンブルグ
(3)設立年 2000年
(4)代表者 Rupprecht Rittweger, CEO
(5)拠点 ドイツ(フランクフルト、ベルリン、ミュンヘン、ハンブルク)、スイス(チューリッヒ)、オーストリア(ウィーン)
(6)従業員数 約320名
(7)事業概要 欧州データセンターサービス事業者
(8)主要顧客 金融、通信、クラウド等ITサービス事業者、政府機関など

<e-shelter のデータセンター設備>

イメージDatacenter Campus in Frankfurt<クリックして拡大表示>

イメージInterior of Datacenter in Frankfurt<クリックして拡大表示>


イメージGenerator facility of Datacenter in Frankfurt<クリックして拡大表示>

イメージDatacenter in Zurich<クリックして拡大表示>


イメージDatacenter in Zurich<クリックして拡大表示>

イメージDatacenter in Berlin<クリックして拡大表示>



関連リンク

*1: 米大手ITアドバイザリ会社のガートナー社は、西ヨーロッパにおけるコロケーション市場は2014年に38.9億ドル、2017年には49.6億ドルに成長すると予測している。(Gartner, The Five Distinct Market Segments of European Colocation Providers ― Market Segmentation for IT Leadersより)

*2: NTT Comの計算基準によるe-shelterのデータセンターにおけるサーバールーム面積。また、本数値は建設中のものを含む。

*2: NTT Comの計算基準によるe-shelterのデータセンターにおけるサーバールーム面積。また、本数値は建設中のものを含む。

本件に関するお問い合わせ先

NTTコミュニケーションズ株式会社

経営企画部 広報室 

山下、滝田

03-6700-4010

このページのトップへ