Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
フィリピン(DTSI): English
2020.06.25

ソフトウエア開発力のさらなる強化へ
及川卓也氏・吉羽龍太郎氏・和田卓人氏がNTT Comの社外技術顧問に就任

IT技術の進化により“単純なモノ売り”から“顧客体験(カスタマーエクスペリエンス、CX)の最大化”へ、プロダクトや事業そのものの価値がシフトしています。NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)では、ソフトウエア開発力のさらなる強化やモダンなプロダクト開発手法の定着などを図るため、2019年秋より3人の社外技術顧問を招聘(しょうへい)。定期的な社内勉強会の開催から、個別プロジェクトチームへの技術支援、組織の変革支援まで、多岐にわたるサポートを受けながら、CXの最大化に取り組んでいます。

卓越した技術力や豊富な知識・経験を伝授してくださっているのが、プロダクトマネジメント分野における第一人者Tably株式会社の及川卓也氏(@takoratta)、アジャイル開発分野では株式会社アトラクタの吉羽龍太郎氏(@ryuzee)、ソフトウエア開発分野ではタワーズ・クエスト株式会社の和田卓人氏(@t_wada)です。本記事では、各顧問の活動模様をいくつかピックアップしてご紹介します。

プロダクトマネジャーの技術支援・育成、エンジニアリング組織づくりの支援

Tably株式会社の及川卓也氏

日本DEC、Microsoft、Google、Incrementsを経て独立。株式会社デンソーをはじめ複数企業の技術顧問として、プロダクト戦略やエンジニアリング組織づくりを支援している。https://tably.rocks/oikawaprofile/

激しい競争環境にある市場では、お客さまがサービスと出会い、購入を検討し、購入後に使用するという一連のプロセスにおけるすべての体験価値を高めていかなければなりません。営業、マーケティング、開発、運用、カスタマーサポートといったすべてのバリューチェーンが1つのプロダクトチームとして連携する重要性が高まる中、チームをけん引する「プロダクトマネジャー」の存在が不可欠となっています。そこで、技術顧問である及川氏には、定期的にプロダクトマネジャー研修を開催してもらい、技術支援や育成をサポートしていただいています。

プロダクトマネジャーの役割は、会社・組織・プロダクトといった環境により大きく変わるため、プロダクトを成功に導く方法を単純な事例からだけで学ぶのは難しく、日本国内でのノウハウも多くないのが現状です。そこで、必要となるスキルセットやマインドセット、フレームワークなどを体系的に学べるよう研修内容を工夫しているほか、受講者が抱える悩みや置かれている状況によっても柔軟にカスタマイズしています。研修だけでなく、1on1ミーティング、オンラインなどいつでも及川氏に相談できる環境も整えています。

こうした研修やミーティングは、サービス企画やテクノロジーの担当者たちにとっても、プロダクトの価値を高め一貫したユーザー体験を提供するノウハウを学ぶ機会となっています。参加者の中には、所属チーム内にプロダクトマネジャーを立てようと動き出した人もいます。及川氏の支援により、組織もプロダクトも大きく動き出す可能性が生まれています。


アジャイル開発チームへのコーチング支援

株式会社アトラクタの吉羽龍太郎氏

野村総合研究所、Amazon Web Services などを経て独立。現在は、アジャイル開発、DevOps、クラウドコンピューティング、インフラ構築自動化、組織開発を中心としたコンサルティングおよびトレーニングを支援している。https://www.ryuzee.com/about

アジャイル開発トレーニングの様子

アジャイル開発トレーニングの様子

近年のプロダクト開発では、「アジャイル開発手法」の採用事例も増えています。しかし、コーチや経験者の指導がないまま導入し、結果としてあまりうまくいかないといったケースが多いのが実情です。そういった事態を避けるため、吉羽氏には、アジャイルコーチとしてワークショップ形式のトレーニングのほか、コーチング支援も実施していただいています。

NTT Comが提供するあるコンシューマ向けサービスでの取り組みをご紹介します。提供開始から15年を超えたこのサービスでは、市場環境の変化に合わせてユーザーニーズを高速かつ継続的にプロダクト開発にフィードバックするため、アジャイル開発手法の1つ「スクラム開発」に取り組むことになりました。スクラム開発はシンプルなフレームワークで理解は簡単ですが、案件状況やチームの環境に応じて考慮しなければいけないことが多く、実践する上で課題を抱えていました。

そこで、吉羽氏にもスクラム開発における各種イベントに参加してもらい、改善に向けたフィードバックをしてもらうことにしました。例えば、スプリントレトロスペクティブ(振り返り)は、継続的な改善を続けていく上で最も重要なイベントですが、その中で効果的なTry(改善テーマ)を出していくのはなかなか難しく、つい「○○をちゃんとやる」といった標語に近いTryにしてしまいがちです。

こうした場面で吉羽氏は、やり方を教える一方通行のティーチングではなく、メンバーが自分たちで考えるきっかけとなるような投げかけをしてくださいます。コーチングを受けることで、より生産的なアジャイル開発チームとなれるよう、日々取り組んでいます。

吉羽氏からの投げかけ例

  • そもそも改善しようとしている問題は本当に問題なのか
  • 問題だとして、それは今すぐに解決しなければならないことなのか
  • 「ちゃんと」といった曖昧なものではなく、評価可能なものになっているか
  • どういう状態になればTryがうまくいった(効果があった)とみなせるのか

テスト駆動開発・ソフトウエア内製開発の技術支援

タワーズ・クエスト株式会社の和田卓人氏

プログラマー、テスト駆動開発者。テスト駆動開発の第一人者として、コミュニティ活動、著作、雑誌掲載が多数。現在は、株式会社リクルートテクノロジーズなど複数企業の技術顧問として活動している

アジャイル開発を実現する上でもう1つ欠かせないのが、CI(継続的インテグレーション)を中核とする技術プラクティス群です。この点については、和田氏に幅広い支援を仰いでいます。具体的には、個別プロダクトの技術支援や開発環境の整備、エンジニア有志による技術書読書会のファシリテーター、さらには、ペアプログラミング、エンジニアとしてのキャリア相談など。まずは、社内向けに定期開催しているTDDワークショップの模様をご紹介しましょう。

ワークショップでは、和田氏のFizzBuzz問題を例にしたライブコーディングを見ながら、TDDに関して一通り学習していきます。その後、参加者がペアとなって課題を実装(1.5時間程度)し、全員でコードレビューをするというセッションを、2セットほど行います。

「整数閉区間を示すオブジェクト(あるいは構造体)を作る」というお題では、各ペアが言語を自由に選択し、和田氏から適宜アドバイスをもらいながら実装します。コードレビューでは、和田氏があるペアの実装内容に対しコメントをし、全員で学びを定着させていきます。

もう1つ、開発支援の例もご紹介します。スクラム開発に取り組むあるプロダクトチームでは、「毎スプリントリリース可能なプロダクトをアウトプットする」という基本を実現するため、CI/CD(継続的デリバリー)などによる自動テストの仕組みが必要でした。しかし、そのノウハウがなく、テスト実行に最適化されていないコードがどんどん書かれている状態でした。

そこで和田氏には、開発メンバーに対して「なぜテストコードを書くことが必要か」という講義を実施してもらったほか、テストコードに適合した既存コードの書き替え(モブプログラミングによるリファクタリング)と、実際のコーディング指導もしていただきました。

現在、iOSアプリケーションについては、GitHubへのプルリクごとにテストが走る仕組みを運用できるようになっており、今後はAndroidについても、支援を受けながら同様のトライを実施してく予定です。

知見を幅広い社員にも!「技術顧問チャンネル」で動画を配信

各技術顧問による社内勉強会や個別レクチャの模様は、より多くの社員が閲覧できるよう社内向けに動画配信もしています。

「技術顧問チャンネル」の画面

「技術顧問チャンネル」の画面

技術顧問による支援を受けた社員の声

各顧問の卓越した技術指導や豊富な知識・経験に基づくアドバイスは、社員にとって貴重かつ有益なインプットになっています。非常にフランクなスタンスで相談を受けていただけることも、満足度が高い要因の1つになっているようです。

NTT Comグループは、社外技術顧問の強力な支援を活用しながら、真の「DX Enabler®」としてお客さまから選び続けていただけるサービス・ソリューションを開発する力を身につけ、Smart Worldの実現、ひいては社会的課題の解決に一層取り組んでいきたいと思っています。

最後に、各顧問からのメッセージをここでご紹介させていただきます。

及川卓也氏

昨年より、情報通信企業として日本の発展を支え続けているNTT Com様のお手伝いができていることを大変うれしく思っております。現在、NTT Com様はPSTNマイグレーションを控え、新たな市場の創造が求められていると存じます。このような新規市場創造を実現するには、個々人がプロダクト思考を持つことと、プロダクト志向の組織が必要です。現在、私が行っているプロダクトマネジメント領域からの支援が、NTT Com様の改革のさらなる加速につながれば幸いです。

吉羽龍太郎氏

ビジネス環境の変化がますます速くなっている今、価値の高いソフトウエアやプロダクトを素早く作っていくことがとても重要です。そのための取り組みの1つとしてアジャイル開発があります。NTT Com内でのアジャイル適用の取り組みに少しでも貢献できればと考えております。

和田卓人氏

私が技術顧問就任の依頼を承ったのは、NTT Comという本当に巨大な企業がさまざまな手を尽くして変わろうとしている姿勢、情熱に心を打たれたからです。ソフトウエア内製への道を進め、不確実な市場に柔軟に適応して価値を創造していける企業に変革していかれる過程で、私の経験を活かしてもらえれば幸いです。

社員メッセンジャー

NTTコミュニケーションズヒューマンリソース部

植田 純生

ヒューマンリソース部が掲げる「人は競争力の源泉」というビジョンの下、全社の人材開発を担当しています。技術顧問をはじめ、NTT Comにおけるさまざまな人材開発の取り組みをお届けします!