Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_comm

モバイル ワークスペース
ソリューション

生産性向上

利便性とセキュリティを両立したソリューションで時間や場所にとらわれない働き方を実現。

イノベーション創出

多様な人材が働きやすい仕組みの整備で、各社員がその能力を最大限に発揮。

投資最適化

リモートワーカーやオフィスワーカーなど社員の働き方に合わせた最適なプラン提供で、費用対効果を最大化。


お問い合わせ/お申し込み

0120-106107

受付時間 9:30〜17:00
(土日祝日を除く)


特長と利点

ソリューションの特長
ユースケース
ICTコンサルティング

モバイルワークスペースソリューションは、自社導入によって蓄積したノウハウにより「いつでも、どこでも」
利便性とセキュリティを両立した、作業環境を提供します。

ソリューションの特長

必要な機能をワンストップ提供

セキュアアクセスから端末管理などリモートワークに必要な機能をすべて提供。
  • リモートアクセス
  • デバイス管理
  • クラウドワークスペース(SaaS/VDI)

使い勝手を追求

場所や電波の状況を意識せずに、快適な作業環境を提供。
  • 社外でも素早く業務開始可能なファットPC環境
    - 社外から社内へ自動的に接続
    - 社内と同じ作業環境を持ち出し可能
  • 緊急時対策用仮想デスクトップ環境

セキュリティ

自社導入で蓄積したノウハウを基にしたSIEM分析など高度セキュリティ対策を提供。
  • 紛失、盗難時の情報漏えい防止(MDM)
  • ふるまい検知(EDR)
  • 統合セキュリティ分析(SIEM分析)
ワークスペースモビリティ

※1:Mobile Device Management(モバイル端末管理)
※2:Endpoint Detection & Response(エンドポイントでの検出と対応)
※3:Software as a Service(Office 365など)
※4:Virtual Desktop Infrastructure(仮想デスクトップ基盤)

カフェでも

素早くオフィスと同じ環境で業務開始が可能。隙間時間を有効活用。

カフェでも
移動中でも

新幹線など電波の状態が不安定な場所でも作業が可能。移動時間を有効活用。

移動中でも
自宅でも(緊急時など)

自宅からオフィスと同じ作業が可能。緊急時対策も心配なし。

自宅でも(緊急時など)

モバイルワークスペースソリューションは、コンサルティングフェーズから始まります。はじめに、お客さまの現在の運用状況に関する課題や問題点を明らかにします。ここでの目標は、お客さまが将来経験するはずの成長や企業統合にも役立つ計画を練り上げることです。

調査

まず現在のモバイルワーク環境を調査します。現行のICT環境の状況を判断するため、各地域や本部のICT/ビジネス担当者にインタビューを行います。この調査により、現在の状況を正しく把握し、解決すべき課題を確定させることができます。

設計

現在の環境の診断を終えた後、モバイルワークスペースソリューションの提案に向けて全体的な設計に進みます。ご利用社内システム、ネットワーク、セキュリティ、DR/BCP、UX(ユーザーエクスペリエンス)、運用の監視など、ソリューションのさまざまな側面についてポリシーを策定します。これらのポリシーに基づき、システムの移行、再構築、運用方法の変更に関するアクションプランが立案されます。

財務分析

最後に、現行システムと提案モデルを比較し、ROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を算定します。算定に際しては、既存システムの費用分析、新システム導入後の変化、運用のためのリソースシミュレーションを行います。各地域での聞き取りを通じて現行のTCO算定を実施し、提案するソリューションによる新たなTCO、ROIを比較可能にします。

こうした調査、設計、および財務分析の結果が、モバイルワークスペースソリューションの実装に反映されます。

関連リソース

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

このページのトップへ