Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_comm

グループウェア活用
ソリューション

SDGs
NTTコミュニケーションズは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

組織の壁を越えた連携

離れて勤務している従業員間の状況(プレゼンス)確認ができるため、
コミュニケーション相手の状況を踏まえた最適な連絡手段の選択が可能

新規ビジネスの創出

アイディアをすぐに共有できる「Web会議」も
通信事業者ならではのスムーズで快適な利用が可能

※教育機関などのオンライン授業への応用も可能

社内DXの推進

蓄積されたコミュニケーションデータを分析し、離れて勤務する従業員の
モチベーション管理のための指標として利用することが可能

ソリューションの特長
ICTコンサルティング

生産性の高いクラウドサービスの中から自社導入で効果の高かった活用/組み合わせ事例をパッケージングしました。
通信事業者ならではのネットワークを含めた全体設計により、快適にお使いいただけるコミュニケーション基盤をご提供します。

グループウェア活用ソリューション
アイコン

導入コンサルティング

弊社グループウェア活用事例をベースとし、お客さまの既存環境(AS-IS)を踏まえたTO-BE像を作成、ご予算に応じた実現STEPを提案します。

  • 共創ワークショップの開催
  • あるべき姿と実行計画の策定
  • ネットワーク可視化/最適化
アイコン

ワンストップサービス

ライセンス調達から、環境設定や運用保守の一元窓口もご用意します。 煩雑な作業のアウトソースにより、 IT担当者の働き方改革につなげます。

  • AIなどの豊富なオプション提供
  • グローバルを含む一元対応
  • 運用/保守業務の最適化
アイコン

在宅ワーカー支援

従業員同士が離れて勤務するワークスタイル環境を想定し、導入後の利用定着化と導入効果を最大化させるための継続的なサポートを提供します。

  • 目標達成に向けた活用推進フォローアップ
  • 定着化に向けたハンズオントレーニング
  • 利用者向けの操作ヘルプデスク

ソリューション検討は、コンサルティングフェーズから始まります。はじめに、お客さまの現在の運用状況に関する課題や問題点を明らかにします。ここでの目標は、お客さまが将来経験するはずの成長や企業統合にも役立つ計画を練り上げることです。

ICTコンサルティング

調査

まず現在のシステムを調査します。
現行のICT環境の状況を判断するため、各地域や本部のICT/ビジネス担当者にインタビューを行います。
この調査により、現在の状況を正しく把握し、解決すべき課題を確定させることができます。

設計

現現在の環境の調査を終えた後、ソリューションの提案に向けて全体的な設計に進みます。データセンター、サーバー、ネットワーク、セキュリティ、DR/BCP、UX(ユーザーエクスペリエンス)、運用の監視など、ソリューションのさまざまな側面についてポリシーを策定します。
これらのポリシーにもとづき、システムの移行、再構築、運用方法の変更に関するアクションプランが立案されます。

財務分析

最後に、現行システムと提案モデルを比較し、ROI(投資利益率)とTCO(総所有コスト)を算定します。
算定に際しては、既存システムの費用分析、新システム導入後の変化、運用のためのリソースシミュレーションを行います。
各地域での聞き取りを通じて現行のTCO算定を実施し、提案するソリューションによる新たなTCO、ROIを比較可能にします。

こうした調査、設計、および財務分析の結果が、ソリューションの実装に反映されます。

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

 

このページのトップへ