Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

OCNドットフォン オフィス

ご注意事項

OCNドットフォン オフィスは、NTTコミュニケーションズ株式会社の定める「IP通信網サービス契約約款」および本ご注意事項に基づいて提供します。

IP通信網サービス契約約款 (共通編 [ PDF ]別冊 [ PDF ]
PDFファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。

 

ご利用条件およびご利用上の注意

ご提供条件などについて

  • 1)本サービスは法人のお客さま向けサービスとなります。本サービスのお申込みにあたっては、留意事項や開通時期、料金などについて、本重要事項説明書(以下、「本書」といいます。)の内容を含め、弊社の販売担当者または弊社が本サービスの販売業務を委託した販売代理店(以下、「本サービス販売担当者」といいます。)から十分な説明を受けてください。本書および弊社が定める「IP通信網サービス契約約款」で規定する本サービスの提供条件などにご了承のうえ、お申込みください。
  • 2)本サービスは、以下のOCNプラン(以下、「対象OCNプラン」といいます。)とそれに対応するアクセス回線でご利用いただけます。
    •  
    • 《1》OCN ADSL 「フレッツ」とNTT東日本・NTT西日本各社が提供する「フレッツ・ADSL」(1.5M/エントリー(1M)プランを除く、電話共用型/タイプ1またはADSL専用型/タイプ2)
    • 《2》OCN 光 「フレッツ」とNTT東日本・NTT西日本各社が提供する「Bフレッツ」各プラン(ハイパーファミリータイプ/ニューファミリータイプ/ファミリー100タイプ/マンションタイプ/ベーシックタイプ)、および「フレッツ 光ネクスト」各プラン(ギガファミリー・スマートタイプ/ファミリー・ギガラインタイプ/ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ/ギガマンション・スマートタイプ/マンション・ギガラインタイプ/マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ)、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ 光ライト」各プラン(ファミリータイプ・マンションタイプ)、NTT西日本が提供する「フレッツ 光ネクスト」各プラン(ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼/マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼)、および「フレッツ・光プレミアム」各プラン(ファイミリータイプ・マンションタイプ)
    • 《3》OCN 光 with フレッツ各プラン
    • 《4》OCN 光 各プラン
    • 《5》OCN for ドコモ光

  • 3)本サービスの契約者は、対応するOCNプランの契約者と同一である必要があります。
  • 4)対象OCNプラン1の契約につき、本サービスを1つご利用いただけます。
    • ※ OCNプラン1の契約で、本サービスを複数ご利用される場合は、本サービス販売担当者へお問い合わせください。
  • 5)「Bフレッツ」/「フレッツ 光ネクスト」/「フレッツ・光プレミアム」/「フレッツ 光ライト」のマルチセッション機能を用いて、「Bフレッツ」/「フレッツ 光ネクスト」/「フレッツ・光プレミアム」/「フレッツ光ライト」回線1契約で、本サービスを複数契約することができます。本サービスを複数利用する場合、本サービスを利用するセッション数と同数のOCN 光 「フレッツ」の契約が必要となります。
  • 6)本サービスで利用するOCN契約では、OCNドットフォン/OCNドットフォン300をご利用いただくことはできません。本サービスを利用する場合、OCNドットフォン/OCNドットフォン300は廃止となります。
  • 7)ADSL回線または光回線については、弊社と回線提供事業者の相互接続点からお客さま宅内設備までの間は、回線提供事業者の提供範囲となります。
  • 8)本サービスに用いる050IP電話対応機器を利用してのNTT東日本・NTT西日本各社が提供するIPv6サービス(「FLET'S .Net(フレッツ・ドットネット)」、「フレッツ・v6アプリ」)については、ご利用いただけません。
  • 9)NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ 光ライト」でご利用いただく場合、本サービス利用により発生するデータ通信(発信・着信・通話・ガイダンス聴取や待ち受けに必要な定期的な端末認証など)は「フレッツ 光ライト」の従量制料金の利用量の対象となります。
  • 10)対象OCNプランにおいて「OCN v6アルファ」オプションを利用する場合、本サービスをご契約回線でご利用いただくことはできません。
  • 11)本サービスはIPv4(PPPoE方式)でご利用いただくサービスです。IPoE方式でご利用いただくことはできません。本サービスを利用するご契約回線でIPoEインターネット接続機能を利用する場合は、IPv4通信がIPoE方式ではなくPPPoE方式となっていることをご確認ください*1
    ・お客さまが050IP電話対応機器とは別に市販のルーター*2を接続されると、自動的にPPPoE方式からIPoE(IPv4 over IPv6)方式に切り替わり、本サービスをご利用いただけなくなる場合があります。本サービスをご利用いただくためには、ルーターのインターネット接続をPPPoE方式で設定する必要があります。
 

 

このページのトップへ

 

機器について

  • 1)本サービスのご利用には、弊社が推奨する050IP電話対応機器のご利用が必要です。なお、機器の仕様により本サービスの利用条件(オプションサービスを含む)が異なる場合があります。詳しくは、Webサイト(https://www.ntt.com/business/services/voice-video/voip/phone-office/terminal.html)をご覧になるか、本サービス販売担当者へお問い合わせください。
  • 2)本サービスをご利用になる場合、ADSLモデムなどの設定変更が必要となる場合があります。
  • 3)USBタイプのHomePNA装置をお使いの場合、050IP電話対応機器は接続できません。EthernetタイプのHomePNA装置またはVDSL装置などに変更していただく必要があります。
  • 4)お客さまが次のいずれかに該当するときは、本サービスをご利用いただくことはできません。
    • 050IP電話対応機器を正しく接続、設定または利用していないとき。
    • 050IP電話対応機器の電源が入っていない(停電含む)とき。
    • 050IP電話対応機器のファームウェア更新中。
  • 5)050IP電話対応機器※の故障などについては、弊社は責任を負いません。
 

このページのトップへ

 

ご利用にあたって

  • 1)本サービスの発着信には、本サービスお申込み後、弊社からご案内する本サービス専用のIP電話番号(「050」ではじまる11桁の番号)をご利用いただきます。
    ※ IP電話番号(050番号)とは、以下の《1》《2》をいいます。
    • 《1》弊社からご案内する「基本契約番号(050番号)」
      (1の本サービス契約につき、1の基本契約番号(050番号)をご提供)
    • 《2》「050ダイヤルインサービス」お申込み後、弊社からご案内する「050ダイヤルイン追加番号」
      ※ IP電話番号(050番号)の変更はできません。
  • 2)本サービスは、上り、下りの通信においてIP電話1chあたり180kbps程度の実効速度が必要です。ただし、電子ファイルの送受信やストリーミングなどと同時にIP電話をご利用される場合、通話品質の低下や通話中の遅延、途切れ、切断などがおこる場合があります。ADSL回線をご利用の場合は、本サービスのみでのご利用をお勧めします。
  • 3)操作が正しく行われていないなど、正常なIP電話での発信でない場合、ご利用の050IP電話対応機器の設定によっては、お客さまが契約されている通信事業者の一般加入電話サービスで発信される場合があります。その場合の通話料金は、お客さまが契約されている通信事業者から請求されます。
  • 4)本サービスでは、サービス対象外となり発信できない電話番号があります。サービス対象外番号への通話については、一般加入電話やひかり電話などからおかけください。
    • 緊急通報(110、119)、天気予報(177)、電報受付(115)、番号案内(104)などの番号へは、発信できません。
    • フリーダイヤル(0120、0800)、ナビダイヤル(0570)、テレドーム(0180)は、以下の条件により、発信できない場合があります。
      • フリーダイヤル、ナビダイヤル契約者側で、OCNドットフォン オフィスからの接続を許容していない場合
      • 他事業者が提供する0120、0800、0570番号を利用したサービスの場合
      • 一部の050IP電話対応機器をお使いの場合(機器ごとの対応可否はWebサイト(https://www.ntt.com/business/services/voice-video/voip/phone-office/terminal.html)でご確認ください)
    • 時報(117)、災害用伝言ダイヤル(171)は、050IP電話対応機器の仕様/設定により、発信できない場合があります。
  • 5)本サービスと併用できない、または動作機能に制限のある一般加入電話の付加機能(例:「トリオホン」など)につきましては、事前に弊社Webサイトまたは当該一般加入電話を提供している事業者にてご確認ください。
  • 6)本サービスではACR(LCR)機能 *1 など、他通信事業者の選択機能 *2 は、ご利用いただけません。ACR(LCR)機能などが内蔵された電話機(コミスタ機能内蔵のものを含みます)をご利用の場合は、当該機能を無効にしてご利用ください。また、ACR(LCR)などのアダプターをご利用の場合は、取り外してご利用ください。
    他通信事業者を選択したい場合は、お客さまがすでにご契約されている通信事業者などの一般加入電話サービスで発信してください。(この場合の通話料金は、当該事業者から請求されます)。一般加入者電話から発信する方法は、お客さまの環境(050IP電話対応機器/ビジネスホン/PBXなど)によって、操作方法が異なります。詳しくはお客さまがご利用の機器の工事業者へお問い合わせください。
  • *1「080」「090」で始まる携帯電話への発信の際に、自動的に事業者識別番号(0033など)をつけてダイヤルする機能を含みます。
  • *2ACR(LCR)機能などの他、お客さまがご自身で事業者識別番号をダイヤルする場合を含みます。
  • 7)本サービスでFAXをご利用される場合は、050IP電話対応機器や、お客さまの宅内機器などとの接続構成や配線状況、機器の相性や回線の実効速度などの要因により、正常にFAXの送受信が行えない場合があります。
  • 8)050IP電話対応機器などの設定により発信者番号通知を行わない設定を行った場合(相手先番号の前に「186」を付けてダイヤルした場合は除く)、および相手先番号の前に「184」を付けてダイヤルした場合、特定番号通知サービスをご利用の場合を除き、本サービスから発信する通話については、IP電話番号(050番号)を通知します。
  • 9)本サービスは、OCNおよび回線提供事業者による各種工事などに伴い、一時的に利用できなくなる場合があります。工事情報については、当該回線提供事業者などのWebサイトなどでご確認ください。

■マルチセッション機能をご利用の場合

  • 1)本サービスでマルチセッションをご利用いただける回線は光回線のみとなります。
  • 2)マルチセッション機能を利用して本サービスを複数利用する場合は、OCNおよび本サービス1契約のほかに、追加するセッション数と同数のOCN 光 「フレッツ」および同数の本サービスの契約が必要となります。
  • 3)マルチセッション機能を利用して本サービスを複数利用する場合は、IP電話として使用する合計チャネル数やインターネットの利用状況、帯域状況などに関して本サービス販売担当者からコンサルティングを受けてください。
 

このページのトップへ

 

工事などについて

  • 1)本サービスの開通工事は、弊社ビル内での実施となります。工事完了後にお客さま宛てに『OCNドットフォン オフィス開通案内書』を送付します。開通工事のほかに対象OCNプランとそれに対応するアクセス回線の開通・設定、および050IP電話対応機器やお客さま宅内の各種機器(ビジネスホン/PBXなど)の設置・設定工事が必要となります。
  • 2)050IP電話対応機器、お客さま宅内の各種機器(ビジネスホン/PBXなど)の設置・設定工事については、お客さまと工事会社間の機器の売買契約または工事請負契約などに基づき実施していただきます。その場合、お客さまと工事会社が個別に締結した契約の内容・契約条件などについては、弊社は責任を負いません。
  • 3)スループット(IP通信による実効速度)や回線の安定性などの理由により、本サービスの正常な利用に支障がある場合は、本サービスの解除が可能です。初回通話後7日以内に契約の解除を行ってください。
  • 4)弊社は、本サービスの開通後、本サービスの提供にあたって弊社がその運用・保守ならびにサービス品質の維持・向上のために必要と判断した場合、お客さま先への派遣工事を行う場合があります。その場合、弊社はその旨を事前に通知します。
 

このページのトップへ

 

オプションサービス

オプションサービスのご利用には、各オプションサービスに対応した050IP電話対応機器が必要になります。詳細については、Webサイト(https://www.ntt.com/business/services/voice-video/voip/phone-office/terminal.html)をご覧ください。

  • 1)追加chサービス
    • 本オプションを利用する場合、4chプランをご契約いただいている必要があります。
    • 本オプションを利用する場合、上り、下りの通信において1chあたり180kbps程度の実効速度が必要です。そのため光回線でのご利用をお勧めします。
    • 本サービス1契約あたり追加chを最大28chまでお申込みいただけます。このとき、最大32ch(基本サービス4ch+追加28ch)が利用できます。
  • 2)050ダイヤルインサービス
    • 本サービス1契約あたり050ダイヤルイン追加番号を最大199番号までお申込みいただけます。
    • 本サービスを複数契約(最大で50契約までご利用することができます。)でご利用の場合、基本契約番号(050番号)と050ダイヤルイン追加番号を合わせて最大400番号までお申込みいただけます。
    • 「050ダイヤルインサービス」の基本契約番号(050番号)と050ダイヤルイン追加番号は、「050」で始まる11桁の番号のうち、「0」を含めた上位7桁の番号がすべて同一である必要があります。
      • 050ダイヤルインサービスをご利用の場合には、050ダイヤルイン追加番号を通知することができます。050ダイヤルイン追加番号を通知するためには、個別番号通知機能に対応した050IP電話対応機器/ビジネスホン/PBXなどのご利用が必要です。
  • 3)代表サービス
    • 本サービスは最大50契約まででご利用することができます。
    • 代表を構成する基本契約番号(050番号)はすべて、「050」で始まる11桁の番号のうち、「0」を含めた上位7桁の番号が同一である必要があります。
    • 050ダイヤルインサービスをご利用の場合には、本サービスのお申込みは不要です。
  • 4)代表番号通知
    • 「代表サービス」/「050ダイヤルインサービス」のいずれかをご利用の場合、通知する発信者番号として、代表番号を選択することができます。
    • 発信者番号として、代表親番号が通知されます。
      • 代表親番号とは、代表サービスをご利用になる際に、複数の基本契約番号(050番号)の中からお客さまが指定した基本契約番号(050番号)のことをいい、代表子番号とは、代表親番号以外の基本契約番号(050番号)をいいます。
      • 着信側の端末によっては、代表番号通知を選択していても、基本契約番号が表示される場合があります。
  • 5)転送・留守番サービス
    • IP電話番号(050番号)1つにつき、「転送・留守番サービス」を1つご契約いただけます。
    • 「転送・留守番サービス」をご利用いただくには、インターネットに接続し、Webサイトを閲覧できる環境が必要となります。
    • 発信者から「転送・留守番サービス」をご契約のIP電話番号(050番号)までの通話料は発信者の負担、転送元(ご契約のIP電話番号(050番号))から転送先までの通話料は転送元の負担となります。
    • 「転送・留守番サービス」のご利用にあたり、サービス設定用Webサイトおよび本オプションサービスご契約のIP電話番号(050番号)から利用設定をしていただく必要があります。
    • 電話機から行うカスタマーコントロール(カスコン)機能は、「転送・留守番サービス」をご契約のIP電話番号(050番号)から利用設定をしていただく必要があります。
    • リモートコントロール(リモコン)機能は、利用開始後90日間以上ご利用がなかった時は、自動的にリモコン機能が停止となる場合があります。
    • 「転送・留守番サービス」についての操作を電話機などから行う場合には、PB信号が送出できる機能が電話機などに必要です。

転送機能について

  • 転送先には発信者の電話番号が通知されます。
  • 転送中にさらに着信があった場合は、「転送・留守番サービス」に係るOCNドットフォン オフィスの契約チャネルの範囲で転送します。
  • 転送先の電話番号は正確に登録してください。転送先から申告があったときは、弊社はその転送設定を解除する場合があります。
  • 以下の番号は、転送先の電話番号として登録できません。
    事業者識別番号(0033など)からはじまる番号
    1XY番号(104/115/117/177など)
    0120/0570などからはじまる番号
    010/020からはじまる番号
    市内局番からはじまる番号
    #からはじまる番号
  • 転送先が一部の050IP電話対応機器をご利用の場合、正しく転送されないことがあります。詳しくは、Webサイト(https://www.ntt.com/content/dam/nttcom/hq/jp/business/services/voice-video/a_ipvoice/phone-office/pdf/terminal_service_transfer.pdf)をご覧になるか、本サービス販売担当者へお問い合わせください。

留守番機能について

  • メッセージの録音は、1件あたり180秒(3分)までです。
  • メッセージセンターでお預かりできるメッセージ数は20件です。20件を超えるメッセージは録音されません。
  • メッセージの録音から168時間(7日)経過した場合、メッセージは自動的に削除されます。
  • 本サービスのIP電話番号(050番号)を弊社の提供する「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」の着信先に設定し、「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」のオプションサービスである「ウィスパー機能」と本サービスの留守番機能を重畳して動作させた場合、発信者には「ウィスパー機能」の発信者へのガイダンスが流れ、本サービスの留守番機能の発信者へのガイダンスは途中から始まります。
  • 6)番号非通知拒否サービス
    • IP電話番号(050番号)1つにつき、「番号非通知拒否サービス」を1つご契約いただけます。
    • 「050ダイヤルイン追加番号」または「050追加番号」(以下、050ダイヤルイン追加番号と合わせて、「050追加番号など」といいます。)でご利用の場合は、「番号非通知拒否サービス」を利用する050追加番号などでの契約に加え、基本契約番号(050番号)にも「番号非通知拒否サービス」のご契約が必要です。
    • 「番号非通知拒否サービス」をご利用いただくには、インターネットに接続し、Webサイトを閲覧できる環境が必要となります。
    • 着信拒否できるのはご契約のIP電話番号(050番号)への着信に限ります。一般加入電話回線への着信については、本オプションサービスでは着信拒否できません。
    • 公衆電話、国際電話からの着信は対象外です。
    • 指定番号着信拒否機能で登録可能な電話番号数は30番号までです。
    • 代表番号のみに「番号非通知拒否サービス」をご契約の場合、代表番号以外のIP電話番号(050番号)への着信は拒否されません。着信を拒否したいIP電話番号(050番号)ごとに「番号非通知拒否サービス」のご契約が必要です。
    • 本サービスのIP電話番号(050番号)を弊社の提供する「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」の着信先に設定し、「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」のオプションサービスである「ウィスパー機能」と本サービスの番号非通知拒否サービスを重畳して動作させた場合、発信者には「ウィスパー機能」の発信者へのガイダンスが流れ、本サービスの番号非通知拒否サービスの発信者へのガイダンスは途中から始まります。
  • 7)国際電話利用休止
    • 国際電話の不正利用や誤発信を防ぐため、ご契約時には追加番号を含むすべてのIP電話番号(050番号)に本付加サービスを適用し国際電話へ発信できない状態で提供します。国際電話への発信を利用したい場合は、利用するIP電話番号(050番号)ごとに本付加サービスの解除をお申し込みいただく必要があります。
    • 本付加サービスは、お客さまのご利用希望に応じてお申し込みによりIP電話番号(050番号)ごとに都度適用または解除することができます。(工事費不要)
    • 050ダイヤルイン追加番号ごとに国際電話をご利用いただく場合、お客さまの宅内機器(050IP電話対応機器/ビジネスホン/PBXなど)から、050ダイヤルイン追加番号を発信者番号として通知する設定が必要です。
    • 国別、地域別での規制はできません。国際電話への発信を一律に規制します。
    • 国際電話からの着信については規制できません。
    • 一般加入電話回線からの発信となる場合、「国際電話利用休止」対象外です。
  • 8)特定番号通知サービス
    • お客さまが弊社の提供する「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」を契約されている場合に、その番号を発信者番号として着信側に通知することができます。
      • 特定番号の通知もしくは050番号での通知をお客さまご自身で選択することはできません。
      • 着信側の端末によっては、特定番号通知サービスを契約していても、IP電話番号(050番号)が表示される場合があります。
      • 「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」または「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」の契約内容変更(特定番号に設定された「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」が解約された場合など)に伴い、弊社はお客さまの同意を得ることなく本サービスを解約することがあります。
 

このページのトップへ

 

電話帳掲載などについて

  • 本サービスで利用されるIP電話番号(050番号)を104番号案内および電話帳(ハローページ、タウンページ)*1 に掲載希望される場合は、別途弊社にお申込みが必要となります。
  • 電話帳に掲載できる名称は、ご契約者の氏名、名称など、通常お使いになっているものに限らせていただきます。
  • 電話帳に掲載できるIP電話番号(050番号)は、本サービスの基本契約番号(050番号)に限らせていただきます。(050ダイヤルイン追加番号、050追加番号は対象外です。)
  • お客さまにお申し出いただいた掲載情報は、番号情報データベースシステム(TDIS)*2 を通じて、電話帳または番号案内を目的としてNTT東日本、NTT西日本以外の事業者などにも提供されます。
  • 電話帳発行締切り後に電話帳掲載のお申込みをされた場合など、お申込みいただいた年度の電話帳掲載に間に合わないことがあります。電話帳発行スケジュールについてはタウンページ株式会社が運営するタウンページセンターにご確認のうえ、お申込みください。
  • *1「ハローページ」「タウンページ」ならびに「104番号案内」は、NTT東日本・NTT西日本が提供するサービスです。
  • *2「番号情報データベースシステム(TDIS)」とは、弊社などの番号情報を、電話帳発行事業者・番号案内事業者が同一の条件で利用できるようにするために、NTT西日本が新たに設置・運用する番号情報データベースシステムです。
 

このページのトップへ

 

料金について

1)本サービスの導入/変更にかかる費用

初期費用および設定変更費用として以下の費用を請求させていただきます。

項目 料金
交換機など工事費 2,000円(税込2,200円)
050IP電話対応機器など購入費用 本サービス販売担当者にお問い合わせください
050IP電話対応機器など設置・設定費用 本サービス販売担当者または工事会社にお問い合わせください

2)本サービスの月額利用料金

本サービスをご利用いただくにあたり、以下の月額利用料金を請求させていただきます。

項目 料金
2chプラン
(IP電話2通話が同時に利用可能)
700円(税込770円)
4chプラン
(IP電話4通話が同時に利用可能)
1,400円(税込1,540円)
4ch・4番号バリューパック
(4chプラン(IP電話4通話が同時に利用可能)、050ダイヤルイン追加番号×3番号、および基本契約番号の転送・留守番サービスがセット)
980円(税込1,078円)

※ 本サービスを新規にお申込みされるお客さまを対象としたパッケージプラン
  • 本サービスをご利用開始後に、chプランの変更を行った場合、変更後の月額利用料は弊社が変更を承諾した日を含む月の翌月からの適用となります。
  • 対象OCNプランおよびそれに対応するアクセス回線、050IP電話対応機器、ADSLモデム、ネットワーク機器などについては、本サービスの申込みを取り消し、または解約した場合でも、料金や費用が発生することがあります。
  • お客さまのご利用いただく番号(050で始まる11桁の番号)ごとに、毎月「ユニバーサルサービス料*1 」を請求させていただきます。
  • *1「ユニバーサルサービス料」とは、ユニバーサルサービス(「ユニバーサルサービス」とは電気通信事業法により「あまねく日本全国で提供が確保されるべき」と規定されているサービスです)の提供を確保するためにご負担いただく料金のことです。番号あたりの単価(月額)はユニバーサルサービス支援機関が6カ月ごとに算定し、Webサイト(https://www.tca.or.jp/universalservice/)で公表されています

3)オプションサービス導入/変更にかかる費用および月額利用料金

オプションサービスをご利用いただくにあたり、以下の工事費および月額利用料金を請求させていただきます。

項目 工事費 月額利用料金
転送・留守番サービス 050番号1つにつき500円(税込550円) 050番号1つにつき300円(税込330円)
番号非通知拒否サービス 050番号1つにつき500円(税込550円) 基本契約番号1つにつき300円(税込330円)
050追加番号1つにつき100円(税込110円)
国際電話利用休止 無料 無料
追加chサービス
(chプラン変更を含む)
1契約あたり2,000円(税込2,200円) 追加1chにつき100円(税込110円)
050ダイヤルインサービス 050追加番号1つにつき500円(税込550円) 050追加番号1つにつき50円(税込55円)
代表サービス 無料 無料
特定番号通知サービス 050番号1つにつき1,000円(税込1,100円) 050番号1つにつき100円(税込110円)
  • オプションサービスをご契約いただいた月のそのオプションサービスに関わる月額利用料は無料です。
  • オプションサービスを月途中に解約された場合、その月の月額利用料を全額お支払いいただきます。(日割は行いません)
  • オプションサービスをご契約いただいた月と同一月内に解約された場合は、その月の月額利用料を全額お支払いいただきます。
  • 本サービスをご利用開始後に、ch数の変更やオプションサービスの変更を行った場合、変更後の月額利用料は弊社が変更を承諾した日を含む月の翌月からの適用となります。
  • オプションサービスを契約するIP電話番号(050番号)において、特定番号通知サービスを除いた他の工事を同時に行う場合、IP電話番号(050番号)毎に同時に行う工事の工事費のうち最も高い工事費のみを適用します(特定番号通知サービスの工事費は本規定の対象外となり、別途徴収します)。
  • 追加chサービスおよびひかりライン通話定額をOCNドットフォン オフィスの新規工事と同時に行う場合、特定番号通知サービスを除いたオプション工事費は無料となります(特定番号通知サービスの工事費は本規定の対象外となり、別途徴収します)。
  • 対象OCNプランおよびそれに対応するアクセス回線、050IP電話対応機器、ADSLモデム、ネットワーク機器などについては、本サービスの申込みを取り消し、または解約した場合でも、料金や費用が発生することがあります。
  • お客さまのご利用いただく番号(050で始まる11桁の番号)ごとに、毎月「ユニバーサルサービス料*1 」を請求させていただきます。金額など詳しくはこちらでご確認ください。
  • *1「ユニバーサルサービス料」とは、ユニバーサルサービス(「ユニバーサルサービス」とは電気通信事業法により「あまねく日本全国で提供が確保されるべき」と規定されているサービスです)の提供を確保するためにご負担いただく料金のことです。番号あたりの単価(月額)はユニバーサルサービス支援機関が6カ月ごとに算定し、Webサイト(https://www.tca.or.jp/universalservice/)で公表されています

4)本サービスの通話料金

本サービスにて通話をご利用いただいた場合、以下の通話料金に従い、通話料を請求させていただきます。

項目 料金
OCNドットフォン オフィス同士の通話 無料
OCNドットフォン、.Phone IP Centrex への通話
提携(無料接続)プロバイダーのIP電話への通話*1
有料通話先プロバイダーのIP電話への通話*1 3分あたり8円(税込3分あたり8.8円)
国内の一般加入電話などへの通話*2
国内の携帯電話への通話 1分あたり16円(税込1分あたり17.6円)
国内のPHSへの通話 1分あたり10円(税込1分あたり11円)
※ 通話ごとに10円(税込11円)が加算されます
国際通話*1 アメリカ:1分あたり9円
イギリス:1分あたり20円
中国:1分あたり29円 他(課税対象外)
  • *1提携(無料接続)プロバイダーのIP電話サービス、有料接続プロバイダーのIP電話サービス、各国への通話料の詳細などにつきましては、Webサイト(https://www.ntt.com/business/services/voice-video/voip/phone-office.html)でご確認ください。
  • *2一般加入電話番号を利用するIP電話サービスを含みます。
  • 本サービスの申込み取り消しを行った場合でも、すでにご利用された期間の通話料金は発生します。

5)ひかりライン通話定額

本サービスから以下の「ひかりライン通話定額が適用される通話先」への発信通話を無料とするサービスです。

ひかりライン通話定額が適用される通話先 2010年4月1日現在、弊社が提供する一般加入電話を利用する電話サービス(新規申込みが可能なものに限る)
  • ご利用には別途ご契約が必要となります。
  • 本サービスで契約しているすべてのチャネル分(追加ch含む)のご契約が必要となります。
  • 代表サービスをご利用の場合(「050ダイヤルインサービス」で代表を構成している場合を含みます)、代表を構成する本サービスすべての契約に対してご契約が必要となります。
  • 「ひかりライン通話定額」導入/変更にかかる費用および月額利用料金
    ご利用にあたり、以下の工事費および月額利用料金を請求させていただきます。
  工事費 月額利用料金
ひかりライン通話定額 1契約につき2,000円
(税込2,200円)
1chにつき300円
(税込330円)
  • 弊社がお申込みを承諾した日を含む月の翌月から適用となり、月額利用料は適用開始月からお支払いいただきます。ただし、適用開始月時点において本サービスのご利用が開始されていない場合は、利用開始月からの適用となり、月額利用料をお支払いいただきます。
  • 「ひかりライン通話定額が適用される通話先」への通話が発生しなかった場合でも、月額利用料はお支払いいただきます。
  • 月途中に解約された場合でも、月額利用料の日割計算は行いません。
  • ご契約いただいた月に解約された場合は、月額利用料はいただきません。
  • 本サービスをご利用開始後に、ch数の変更を行った場合、変更後の月額利用料は弊社が変更を承諾した日を含む月の翌月から適用となります。
  • 契約する基本契約番号(050番号)において、他の工事を同時に行う場合、工事費は基本契約番号(050番号)に同時に行う工事の工事費のうち最も高い工事費のみを適用します。
  • 本サービスの新規工事と同時に行う場合、工事料は無料になります。

6)着割

通話料の割引として本サービスをご契約されているお客さまに着割を自動的に適用します。(お申込みは不要です)
着割は、以下の「着割が適用される発信元」からの本サービスへの着信通話の、当月の合計着信通話時間に応じて割引額(以下、着割額)を計算し、本サービスの当月分の通話料から割引するサービスです。

着割額の計算対象となる発信元 国内の一般加入電話など*1
国内の携帯電話・PHS
国際電話
  • *1一般加入電話番号を利用するIP電話サービスを含みます。
  • 以下の着信通話は着割額計算の対象外となります。
    ・050番号を利用するIP電話サービスからの通話
    ・一般加入電話番号を利用する弊社IP電話サービスからの通話のうち、特定の設備(音声ゲートウェイ装置)を経由しない通話
  • 着割額は、本サービスの1の050番号につき合計着信通話時間60秒(1分)ごとに0.5円(税込0.55円*2)として計算されます。 なお、OCNプラン1の契約につき、複数の本サービスをご契約いただいている場合は、本サービスで利用するそれぞれの050番号ごとに着割額を計算した後、合算します。また、合算した着割額(以下、合算着割額)は、本サービスの当月分の通話料を合算した額(以下、合算通話料)から割引かれます。

    ・着割額に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切上げて割引させていただきます。ただし、複数の本サービスをご契約の場合は、着割額ごとには端数を切り上げません。
    ・合算着割額に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切上げて割引させていただきます。
    ・代表サービスをご利用の場合は、別途弊社へのお申込みにより、複数のOCNプランの契約にまたがるOCNドットフォン オフィス(同一の代表組みを構成するものに限ります)について、合算着割額を合算通話料から割引することができます。
    ・ご契約の本サービスの当月分の通話料または合算通話料が着割額または合算着割額に満たない場合、その差額の返金および翌月以降への繰越などは行いません。
  • *2 国際通話料から割引となる場合は、消費税相当額(0.05円)を除きます。
  • 着割額の計算対象となった通話を含め、着信通話のご利用明細はご提供できません。

7)電話帳掲載料

電話帳掲載をご利用いただくにあたり、以下の月額利用料金を請求させていただきます。

普通掲載 *1 無料
重複掲載 *1 1掲載あたり40円(税込44円)
  • 電話帳掲載料は、電話帳掲載をご契約いただいた翌月よりお支払いいただきます。
  • 電話帳掲載を月途中に解約された場合、その月の月額利用料を全額お支払いいただきます。
    (日割は行いません)
  • 電話帳掲載をご契約いただいた月と同一月内に解約された場合は、その月の月額利用料を全額お支払いいただきます。
  • *1ハローページ、タウンページそれぞれ1つめの掲載情報を「普通掲載」、2つ目以降の掲載情報を「重複掲載」と言います。

8)請求/その他

  • 本サービスの料金以外に、対象OCNプランおよびそれに対応するアクセス回線の料金が発生します。

■対象OCNプランの料金を弊社からご請求させていただく場合

  • 本サービスを契約しているOCNの「料金請求書」および「料金口座振替のお知らせ/領収証」の発行手数料は無料です。
    ※平成20年10月ご請求分から、OCNサービスは「インターネット料金案内」が標準となります。
    詳細などにつきましては、Webサイト(https://mypage.ntt.com/ksupport/bill/online_bill/index.html)をご確認ください。
  • 「フレッツ・ADSL」/「Bフレッツ」/「フレッツ・光プレミアム」/「フレッツ 光ネクスト」/「フレッツ 光ライト」でご利用の場合、これらの回線にかかわる料金は、NTT東日本・NTT西日本が別に定める契約に基づいて当該会社から請求されます(2010年2月28日までにOCN 光 with フレッツをお申込みのお客さまを除きます)。

■対象OCNプランおよびそれに対応するアクセス回線の料金をNTT東日本・NTT西日本へ合わせてお支払いいただく場合(OCN 光 with フレッツをご利用でNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光料金と合わせてのお支払いをご希望のお客さまが対象)

  • OCNドットフォン オフィスに関する費用(工事費(交換機など工事費を含む)、月額利用料(電話帳掲載料含む)、通話料など)は、「OCN 光 with フレッツ」月額基本料の翌月に請求となります。
  • NTT東日本・NTT西日本のご利用料金内訳書には、OCNご利用分(OCNドットフォン オフィスの月額利用料や通話料を含む)の合算額が「OCN 光 with フレッツ利用料など」として一行で表示されます。OCNご利用分の内訳は、OCNのお客さま専用サイト「マイページ(https://mypage.ntt.com/)」をご確認ください。
    OCNご利用分の内訳を紙にて発行することはできません。
  • NTT東日本・NTT西日本からOCN利用料の請求が行えない場合は、弊社からの請求に切り替えさせていただくことがあります。
  • 「OCN 光 with フレッツ」を提供する目的で、弊社とNTT東日本・NTT西日本との間で以下の事項を相互に通知することをご承諾いただきます。
    • 1)OCN利用料と利用明細(回線終端装置利用料などやOCNドットフォン オフィスに関する費用など付加サービス利用料も含む)
    • 2)お客さまの料金収納状況
    • 3)お客さまからのお問い合わせ内容
 

このページのトップへ

 

4ch・4番号バリューパックについて

  • 1)4ch・4番号バリューパック(以下、「本パック」といいます)は、新規にお申込みされるお客さまを対象とした、パッケージプランです。本パックには、本サービスの4chプランに、050ダイヤルイン追加番号が3番号と、基本契約番号の転送・留守番サービスが含まれます。
    なお、次のいずれかに該当する場合は、本パックの契約を解除します。
    • 本パックに含まれる050ダイヤルイン追加番号3番号のいずれかを解約したとき。
    • 本パックに含まれる転送・留守番サービスを解約したとき。
  • 2)オプションサービス導入/変更にかかる留意事項
    • 本パックに含まれる050ダイヤルイン追加番号3番号に加えて、050ダイヤルイン追加番号(050ダイヤルインサービス)を追加でお申込みいただくことが可能です。その場合、追加した050ダイヤルイン追加番号ごとに月額利用料金として50円(税込55円)を毎月請求させていただきます。合わせて、050ダイヤルイン追加番号ごとに、毎月「ユニバーサルサービス料*1」を請求させていただきます。金額など詳しくはこちらでご確認ください。
    • *1「ユニバーサルサービス料」とは、ユニバーサルサービス(「ユニバーサルサービス」とは電気通信事業法により「あまねく日本全国で提供が確保されるべき」と規定されているサービスです)の提供を確保するためにご負担いただく料金のことです。番号あたりの単価(月額)はユニバーサルサービス支援機関が6カ月ごとに算定し、Webサイト(https://www.tca.or.jp/universalservice/)で公表されています
  • 3)最低利用期間について
    • 「OCNドットフォン オフィス開通案内書(お客さま用)」に記載の「交換機工事日」から2年以内に、お客さま都合により本パックを解約した場合、または弊社の判断による本パックの契約の解除があった場合には、5,000円(不課税)の違約金がかかります。
      最低利用期間の間は、他のプラン(2chプラン、4chプラン)へのプラン変更はできません。
 

このページのトップへ

 

契約の成立について

「IP通信網サービス契約約款」にもとづく契約の成立は、お客さまからお申込みをいただいた日をもって成立するものとさせていただきます。
ただし、そのお申込みに不備がある場合や「IP通信網サービス契約約款」に定める「弊社が承諾しない場合」に該当する場合は承りできないことがございます。
また、承りのご連絡は、後日郵送する「OCNドットフォン オフィス 開通案内書」をもって代えさせていただきます。

 

このページのトップへ

 

契約の変更について

  • 1)本サービス、ならびに本サービスのオプションサービスの契約変更には、「変更・廃止申込書」によるお申込みが必要となります。本サービスをお申込みいただいた販売担当者、販売業務を委託した販売代理店、または弊社サービスセンターまでお問い合わせください。
  • 2)本サービスのご利用開始後、以下に該当する場合は、機器の設定変更が必要となる場合があります。必ず事前に本サービス販売担当者または工事会社を通じて弊社へご連絡のうえ、必要に応じ機器の設定を変更してください。事前のご連絡がない場合、本サービスの利用に支障が生じる恐れがあります。
    • 本サービスの契約内容を変更する場合(例:オプションサービスの変更や契約プランの変更など)
    • 本サービスでご利用の対象OCNプランの変更または廃止を行う場合
    • 本サービスを廃止する場合
  • 3)以下に該当する場合は、050IP電話対応機器を設置した工事会社にご連絡のうえ、必要に応じ機器の設定を変更してください。
    • NTT東日本・NTT西日本より、お客さま所在地の市外局番変更通知を受けた場合
    • お客さま設備などの変更があった場合
 

このページのトップへ

 

責任の制限および免責について

  • 1)本サービスのご利用にあたって、お客さまが誤ダイヤル、誤操作、誤認(識別音の覚え違いなど)やサポート対象外の使い方(誤った機器接続など)により、本サービスでの発信を行ったつもりでも、実際には一般加入電話サービスで発信される場合があります。その結果、一般加入電話サービス、国際電話サービスなどの通話料金が請求された場合でも、弊社はこれらの通話料金について、料金の返還などには応じかねます。
  • 2)弊社の責めに帰すべき事由により本サービスを提供しなかったときは、原則として本サービスをまったく利用できなかった状態にあることを弊社が知った時刻から起算して、24時間以上その状態が連続したときに限り、お客さまの損害を賠償します。この場合、その全く利用できなかった状態が連続した時間について24時間ごとに日数を計算(24時間未満の端数は切捨て)しその日数に対応するご利用料金(本サービスの基本料および通話料)を発生した損害とみなし、その額に限って賠償します。
  • 3)お客さまと販売代理店または工事会社が締結した契約に関する損害賠償などについては、弊社はその内容を関知しません。

 

 

 

このページのトップへ

 

利用中止および利用停止について

  • 1)弊社の電気通信設備(これに附属する設備を含みます)の保守または工事上やむを得ない場合や、不正アクセス行為から防御するため必要な場合、本サービスの利用を中止することがあります。その際は、あらかじめお客さまに通知(Webサイト掲載など)します。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  • 2)弊社は、お客さまが次のいずれかに該当するときは、弊社が定める期間、本サービスの利用を停止することがあります。この場合、弊社はやむを得ない場合を除き、あらかじめお客さまに通知します。
    • 1)お客さまが弊社と契約を締結している、または締結していたIP通信網サービスにかかわる料金その他の債務について、支払期日を経過してもなお支払いいただけないとき
    • 2)弊社の定める約款の規程により、本サービスを利用するOCNサービスなどが利用停止になったとき
    • 3)約款に定める契約者の義務規定にお客さまが違反したとき(通信のふくそうを生じさせる恐れがある行為。弊社以外の者が提供するVoIPサービスを利用する不特定多数のものに転送を行うなど、品質を保持できないような形態により利用する行為。本人の同意を得ることなく、不特定多数の者に対し、商業的宣伝若しくは勧誘の通信をするまたは商業的宣伝若しくは勧誘を目的とした回線への発信を誘導する行為、他人が嫌悪感を抱くまたはその恐れのある通信をする行為など)
    • 4)その他、弊社の約款の規程に反する行為、弊社の業務の遂行または弊社の電気通信設備に著しい支障をおよぼし、またはおよぼす恐れのある行為をしたとき
 

このページのトップへ

 

解約について

本サービス、ならびに本サービスのオプションサービスの解約には、「変更・廃止申込書」によるお申込みが必要となります。本サービスをお申込みいただいた販売担当者、販売業務を委託した販売代理店、または弊社金沢OCNサービスセンターまでお問い合わせください。
なお、ご解約内容に応じて、お客さまがご利用中の電話設備(電話機、ビジネスホン、PBX など)に別途設定工事が必要となる場合があります。お問い合わせの際に、合わせて販売代理店にご確認ください。

  • 本サービスの解約申込書で、本サービスでご利用中のOCNを一緒にご解約いただくことも可能です。
    ただし、弊社ではNTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ回線のご解約はできません。フレッツ回線のご解約については、NTT東日本・NTT西日本までお問い合わせください。
    また、本サービスのみ解約される場合は、本サービスでご利用中のOCNサービスなどの利用料は継続してお支払いいただきます。
  • 本サービスのIP電話番号(050番号)を弊社の提供する「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」の着信先に設定している場合、本サービスの解約申込み書では「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」の解約はできません。「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」の解約については、「フリーダイヤル・インテリジェントサービス」「ナビダイヤル・インテリジェントサービス」をお申込みいただいた販売担当者または高度電話カスタマーセンターにお問い合わせください。
 

このページのトップへ

 

  • 本書では、各サービスごとに税込価格を併記しておりますが、実際にはお客さま番号(Nから始まる10桁の番号、電話番号など)ごとに税込価格を合計した額を請求させていただきます。合計した額に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てて請求させていただきます。
    消費税総額表示対応についてのお知らせは、Webサイト(http://www.ocn.ne.jp/info/hp/tax/)でご確認ください。

このページのトップへ