Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_voice

Arcstar UCaaS

Arcstar UCaaS

ワークスタイル変革と生産性の向上

クラウド型コラボレーションサービスなら、スピーディーに変化する環境に対応して、世界中どこにいても、社員が柔軟にワークスタイルを変えることができます。

総保有コスト(TCO)の削減

クラウド型の効率的な従量課金でユニファイドコミュニケーションの導入コストと運用コストを削減できます。

モバイルコラボレーション

NTT Comのグローバルネットワークで、有線、無線を問わず、PC、タブレット、スマホといったデバイスをコミュニケーション/コラボレーションに利用できます。


お問い合わせ/お申し込み

0120-106107

受付時間 9:30〜17:00
(土日祝日を除く)


* NTT Comは2018年7月、「Arcstar UCaaS Cisco Type Cisco Spark」のサービス名称を 「Arcstar UCaaS Cisco Type Cisco Webex」に、「Cisco Spark」の表記を「Cisco Webex Teams」に変更しました。

Arcstar UCaaS
Arcstar UCaaS Cisco Type
Cisco HCS
Arcstar UCaaS Cisco Type
Cisco Webex
導入事例
動画

働き方改革の武器を社員に与えていますか?

日本の抱える少子高齢化、グローバル化、DX(デジタルトランスフォーメーション)といった環境の中で働き方改革が求められています。社内はもちろん、顧客や社外のパートナーやサプライヤーといつでもどこからでもコラボレーションすることが必要になってきています。
御社ではコラボレーションを活性化し、社員のパフォーマンスを上げる武器、ツールはすでにお持ちでしょうか?NTT Communications のArcstar UCaaSでならチームのコラボレーションを活性化させることができます。

働き方改革の武器を社員に与えていますか?

Arcstar UCaaS とは

Arcatar UCaaS(Unified Communication as a Service)はNTT Comの提供する統合されたクラウド型コミュニケーション。いつでも、どこでも、どんなスタイルでもすべての機能が利用可能。

(1)Unified Communicationとは 

音声、電話会議・Web会議・ビデオ会議、Instant Messaging(IM)、 プレゼンス(在籍情報)、ボイスメール等を統合したプラットフォームです。 スマートフォンやPC,タブレット等デバイスの種類を問わず、使い慣れたコミュニケーションツールを同じユーザーインターフェースから状況にあわせて使えます。

働き方改革の武器を社員に与えていますか

(2)as a Service で実現できること

クラウド型サービスとして提供されるので

  • ・使う分だけ購入、初期投資を少なく
  • ・ポータルで設定・増設・変更対応可能、面倒な現場での設定がなくなります。
  • ・中央でのコントロールにより、現場での負担を軽くします。
  • ・世界各地、グローバルで利用可能 
as a Service  で実現できること

もし、このようなことでお悩みならご相談ください。

ワークスタイル改革・コミュニケーション活性化

  • テレワーク環境をもっとよくしたい
  • メールが多すぎて処理できない
  • 海外メンバーとの言葉の壁がツライ
  • 便利さとセキュリティのバランスが悪い
  • 会議室が不足しスケジューリングが難しい
  • 外出先から簡単に連絡をとりたい
  • 報連相に時間をとられすぎで困っている
  • 社外メンバーと仕事を円滑に進めるには?
  • 意思決定を早くしたい
  • 電話がつながらない相手をつかまえたい
  • お悩み イメージ
  • お悩み イメージ

システムのマネジメント & TCOの軽減

  • M&Aで他社と通信システムを統合したい
  • PBX更改の時期が迫っている
  • コントロールを中央集権で行いたい
  • 増設・変更に時間がかかる
  • とにかく管理をシンプルにしたい
  • グローバルなプラットフォームを使いたい
  • 財務的に、資産化せずに費用で運営したい
  • 事業再編などで番号管理が大変になる
  • どこからデジタル化していいか分からない
  • トラブル時の切り分けが難しい
  • 初期コストは極力抑えたい
  • 新サービスを導入したいがTCOが気になる
  • 設備投資後はもう変更不可
  • お悩み イメージ
  • お悩み イメージ

Arcstar UCaaS のラインアップ

Arcstar UCaaS の2つのメニュー

お客さまのニーズにあわせてお選びください。

Cisco HCS
Cisco Spark
  • ※NTT Comならネットワークからお客様の拠点構築まで、またコンサルティング提案から導入、設計、構築、運用保守までを一元的にサポートしますので安心しておまかせいただくことができます

3つの便利なサポートツール

  • Hybrid Service

    Hybrid Service

    Arcstar UCaaS の2つのサービス、Cisco HCSとCisco Webexの機能を連携させ、Webex TeamsからもCisco HCSが持つ外線機能や内線通話機能の使用が可能になります。

  • UCaaS Portal

    UCaaS Portal

    Arcstar UCaaSの設定・変更がポータル上で簡単にできます。

  • PACD(パックディー)クラウド

    PACD(パックディー)クラウド

    社内外の連絡先を一括管理。名刺をスマホで撮影すれば情報登録終了。登録データを全社で利用可能です。クラウド上の情報管理で情報漏えいリスクを防ぎます。

Arcstar UCaaSのメリットをさらに強化するNTT Comのサービス

VPNベースのCisco HCSをさらに強化するために、国内はもちろんグローバルでも対応可能な外線接続・世界トップクラスのVPNサービス・お客さまのICT管理を軽減する保守管理等のより大規模なプロジェクトをサポートできるサービスを用意しています。

SIP(外線接続)

Arcstar IP Voice(国内)/Arcstar SIP Trunking(海外)

日本国内の拠点からの外線発着信を可能にするのがArcstar IP Voice。海外拠点からの外線発着信を可能にするArcstar SIP Trunking。これらのサービスと連携することで、外線への通話コスト削減が可能になります。

会議サービス

Arcstar Conferencing

050IP 電話を活用して、通話料金を無料にすることもできるクラウド型会議サービスのArcstar Conferencingを活用することで、社内だけでなく、社外とのコラボレーションもスムーズに進められます。

ネットワーク

Arcstar Universal One

規模や利用シーンに制限されない次世代のVPN サービス。高品質・高信頼なネットワークを安心・安全に導入。クラウドを利用するためにも最適なネットワークです。

オペレーション・メンテナンス

Global Management One

アプリケーション、クラウド、NW を含め企業内に分散するICT 環境を、全世界共通のサービスメニュー・品質・料金でサポート。企業のシステム部門にかかるICT 管理業務の負担を軽減し、更なる品質向上をサポートします。

第3者評価

評価 イメージ

フロスト&サリバンの事業者評価レポート

フロスト&サリバンのアジア地域におけるクラウドPBX/UCaaS事業者評価レポートにおいてNTTコミュニケーションズが3年連続で「チャンピオン」の評価

NTTコミュニケーションズ(以下:NTT Com)は、米調査会社Frost & Sullivan社(以下:フロスト&サリバン)が2017年1月に発行した「Frost Industry Quotient(IQ): Asia-Pacific Hosted Telephony and UCC Services Providers, 2016」レポートにおいて、アジア地域のクラウドPBX/UCaaS(Unified Communications-as-a-Service)事業者として現在の市場シェアと将来の成長戦略の双方が優れているという「チャンピオン」のポジションに3年連続で位置付けられました。

詳しくはこちら(関連プレスリリース)

評価 イメージ

CiscoのCertified Partnerとして

日本ではじめて Cisco HCSのクラウド提供を開始したNTT ComはCiscoのCertified Partnerとしてクラウド上でユニファイドコミュニケーションを提供するためのノウハウを蓄積してきました。また、2017年にはCisco HCSだけでなく、Cisco Webex Teamsの販売もいち早く開始しております。

(注)表彰名・サービス名は、受賞時のものです。

NTT Comはシスコシステムズ合同会社が2017年11月に開催した「Cisco Partner Conference Japan 2017」にて 「Cloud Partner of the Year」を受賞しております。
Cisco Japan Partner Awardはシスコのビジネスに貢献したパートナーに贈られるものであり、2014年度, 2015年度の「Cloud HCS Partner of the Year」, 2016年度の「Cloud Partner of the Year」に続いて、4年連続の受賞となりました。
◆2017年度受賞理由
「Arcstar UCaaS プラン」にCisco Spark およびSpark Hybrid を加え、クラウド型ビジネスの成長性を証明

また、NTT Comは複数カテゴリーでCiscoの認定パートナーとなっております。
主なものを下記にご紹介いたします。

1) Master CMSPパートナー (Cloud & Managed Services Program - CMSP)

Cisco Cloud and Managed Services Master認定は、シスコのテクノロジーをベースにした 2 つ以上のサービスを提供するパートナー向けの最上位認定です。業界をリードするテクノロジー ソリューションを活用して提供されていることを証明するCisco Powered サービスを2つ以上展開し、最も厳しい監査要件を満たしたプロバイダーへの認定となります。

NTT Communicationsは、次のカテゴリで Cisco Poweredサービスの認定を受けています。

  • ・Cisco Powered Cloud Services: UC as a Service based on HCS
  • ・Cisco Powered Managed Services: MPLS VPN
CISCO ロゴ

2) Advanced Collaboration Architecture Specialization

NTT Communicationsは、Advanced Collaboration Architecture Specializationを取得しており、シスコのコラボレーションアーキテクチャーのエキスパートとして、お客様企業のコラボレーションとイノベーションを支援する高度な知識、スキル、技術を有していることが証明されています。ポートフォリオには、ユニファイド コミュニケーション、会議、カスタマー ケア、およびコラボレーション エンドポイントが含まれます。

Arcstar UCaaS Cisco Type
Cisco HCSの概要

Arcstar UCaaS のラインアップの中でCisco HCSはエンタープライズ向けの大規模なプラットフォームにも対応できるサービスです。日本企業に根強いニーズの残るPBX機能も具備した音声品質の高いユニファイドコミュニケーション(UC)環境を実現します。

Anytime, Anywhere, Any style

Arcstar UCaaSは、異なるコミュニケーションツールを統合。しかもクラウド型なので、場所と時間を選ぶことなく、どのデバイスからでもシームレスに様々な機能が利用できます。コミュニケーションの進化をビジネスの武器にするために、NTT Comのユニファイドコミュニケーション(UC)を是非ご活用ください。

Anytime, Anywhere, Any style before
Anytime, Anywhere, Any style after

*Mail/Calender 機能はMicrosoft Outlook 等のアプリとの連携でご提供。

ワークスタイルにマッチした提案を

お客様の働き方を分析し、スタッフに最適なコミュニケーションツールとの組み合わせを提案いたします。

ワークスタイルにマッチした提案

音声機能の詳細ご紹介

音声処理に優れ、複雑なPBXの設定もクラウド型サービス上で堅実に提供します。

PBX機能

IP電話(基本)

IP電話(基本)

電話の発着信、自動転送、発信制限、電話帳、リダイヤル、保留などの電話としての基本機能

IP電話(拡張)

IP電話(拡張)

即時転送、スピードダイヤル、クリック to コール、代表番号などの高度な電話機能

ボイスメール

ボイスメール

音声メール機能。話中などで相手に連絡できない場合に、音声を吹きこむことによって、相手のエンドポイントもしくはPCにメール転送される。

アドホック電話会議

アドホック電話会議

複数人(1セッション最大8人)での音声会議サービス(ボイスGW利用)

モビリティ機能

エクステンションモビリティ(モバイル内線)

エクステンションモビリティ
(モバイル内線)

ユーザ自身のエンドポイント(IP電話機)ではない異なるエンドポイントに対しても、ログインすることによって、ユーザ自身のエンドポイントのように扱える機能

シングルナンバーリーチ

シングルナンバーリーチ

単一の電話番号でユーザのエンドポイントと携帯電話を同時に呼び出すことができる機能。外出時でも着信を漏らさない

クラウド型のメリット その1:
コスト最適化

クラウド型サービスなのでPay as you go! 費用は使用している機能とID の分だけ。導入後の保守運用コストもかかりません。 1か月単位でポータルから簡単に機能や利用ライセンスの数を変更できます。使った分だけの支払で初期投資を抑え、コストを最適化できます。

実稼働に応じた導入でTCOの削減を実現

クラウド型のメリット その2:
設定変更がカンタン。ポータルで増設・変更もスピーディ。 

全世界のどこでも現地立ち合いをしなくてもポータルで設定変更・増設ができます。使用状況の一覧もポータルからすぐわかり、分厚い台帳をひっくりかえす必要もありません。ITスタッフの稼働を削減し、 ビジネスの条件によって変動するエンドユーザーの要望へのレスポンスも早くなります。

  • 複雑な設定

    複雑な
    設定フロー

  • 専門エンジニアの必要

    専門エンジニアの
    必要性

  • 複数のアプアプリケーション管理

    複数の
    アプリケーション管理

  • 複雑なリソース管理

    複雑なリソース
    管理

ユニファイド・コミュニケーションは様々な機能を提供しており、運用は本来複雑

UCaaS Portalの提供でそれが変わる

  • シンプル

    統一されたWeb UIとシンプルな操作

  • リアルタイム

    回線、端末ユーザの新規作成、設定変更、削除をいつでも、どこでも

  • 最適化

    設定変更履歴の管理と契約状況(ID数)の確認

イメージ

スピーディな変更管理を実現するArcstar UCaaSのポータル機能

PACDクラウドとの連携

いつでもどこからでもいろんなスタイルでコミュニケーションできるArcstar UCaaSのCisco HCS。どこでも使えるWeb電話帳PACDクラウドがあればさらに便利です。

企業の悩み

1.顧客情報の漏えいリスク

携帯電話は遺失物届出で年間25万点超(*)。社員が紛失した場合の対策はされていますか?

  • *警視庁 遺失物取扱状況(平成28年中) より
顧客情報の漏えいリスク イメージ

2.顧客情報の有効活用がしきれていない

  • ●顧客情報が個人管理になっていて、会社にあっても必要な人がアクセスできない場合はありませんか?
    (営業で会社全体での人脈を生かし切れない、休暇・出張時の引き継ぎ漏れやバッティング等)
  • ●退職・転職された方が集めた名刺情報は会社に残っていますか?
    (名刺情報を資産化できていない)
顧客情報の有効活用がしきれていない イメージ

PACDクラウドとは

PACDクラウド(Phone Appli Collaboration Directory クラウド) は、ばらばらに管理されている「社員」「お客様」の連絡先情報を一括管理し効率的に利用できるクラウド型Web電話帳サービスです。

1.
どんなデバイスからもアクセス可能。外出先からでも社内電話帳やお客さま情報にアクセスするのが簡単です。
2.
顧客情報の漏えいリスクを軽減。
3.
社員個々人が登録した連絡先情報を会社全体で共有。 他部署の方が登録したお客さま情報も利用でき、退職・転職された方のお客さま情報登録分も会社資産として残します。
4.
UCと組み合わせにより、状況にあわせて、最適な方法で相手に連絡がとれます。コミュニケーションのハブとして、“電話”以外の連絡先もカバーしています。

PACDクラウドが担うコミュニケーションのハブ機能

ハブ機能 イメージ

いろいろな形で社内に散在する各種連絡先データをDB連携やスキャニングで取り込む

ハブ機能 イメージ

データ統合した結果をPACDで表示(会社連絡先+お客さま情報)
個々の情報を統合して会社全体で共有できる資産に

ハブ機能 イメージ

PCから、スマートデバイス、フィーチャーホンまで、マルチデバイス上で使える電話帳データであり、
UCaasと連携できるのでメールや通話以外にも様々なコミュニケーション手段が可能に

Cisco HCS等 UCへ連携

ハブ機能 イメージ

UC機能と連携して、選んだ相手先に向けて各種コミュニケーション機能を機動できる。

ハブ機能 イメージ

UCと組み合わせ、状況に合わせて最適なコミュニケーションが図れます!

例えば、担当者の在席を確認してから内線で電話をかけたり、
商談中の上司へチャットで報告するなど、相手の状況を確認しながら効率的に
コミュニケーションすることができます。

「働き方改革」を実現するWeb電話帳 -PACDクラウド-

ハイブリッドサービス

UCaaSの基盤であるCisco HCSとCisco Webex Teamsの双方の機能を連携させることで、Webex Teamsアプリをインストールした端末から外線・内線通話機能が使えるようになります。インターネット回線さえあれば新しい拠点にも容易に展開できます。

ハイブリッドサービス
※1
「Cisco Webex」と「Cisco HCS」のハイブリッド利用およびNTT Com の外線通話サービス「Arcstar IP Voice」の契約が必要です。
  • *Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systems ロゴは、Cisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の一 定の国における登録商標または商標です。

ハイブリッドサービスのメリット

発信相手が大幅拡大

アプリから一般の固定・携帯電話にも

Cisco Webex Teams アプリで通話ができるのはアプリを入れた端末同士。ハイブリッドサービスになるとCisco HCS のUCaaS プラットフォームを使ってかけるので、相手がアプリを使わない固定電話機・携帯電話であってもWebex Teams アプリの端末からかけられます。通話相手が格段に広がります。

固定⇔携帯間でも内線通話無料になる

Webex Teamsの端末が内線に

相手が固定電話機でもWebex Teams アプリをインストールした端末から内線通話がかけられるのでCisco HCS のUCaaS プラットフォームにつながる固定電話⇔携帯間で内線無料になります。

オフィスにいるときと同じように受発信

0AB~J番号、050番号も利用可能

Webex Teamsで話しているか、会社の電話で話しているかを気にせずに使えます。1人で複数端末を使っても通話履歴が連動。Cisco HCS のUCaaS プラットフォームを基盤に発信するので0AB ~ J 番号、050 番号が使えます。

BYODを手軽に実現

アプリインストールで簡単にBYOD

Webex Teams はマルチデバイス・マルチOS に対応しているのでアプリをインストールするだけで利用できます。
ハイブリッドサービスならBYOD であってもFMC に近い感覚で内線・外線が使えます。

UCaaSポータルで全ての設定が可能

スピーディな対応が可能に

ハイブリッドサービスに必要なすべての設定をArcstar UCaaS ポータルからワンストップで行えます。ベンダーを呼んで立ち合う、機器設定を行う等の手間が省け、システム管理が楽になります。

トータルケアソリューション

UC(ユニファイドコミュニケーション)に興味はある。でも何からはじめていいかわからない –というお客さまの声をうかがうことがあります。 当社にご依頼いただければ、ネットワークからお客様の拠点構築まで、コンサルティング提案から導入、設計、構築、運用保守までを一元的にサポートします。デジタルワークプレースに向かう旅を伴走するパートナーとして総合的にUC導入をサポートする“トータルケアソリューション”。お気軽にお問合せください。

トータルケアソリューション

Arcstar UCaaS Cisco Type
Cisco Webexの概要

リモートワークなど多様なワークスタイルが増加しています。社外・社内を問わず様々なメンバーで協働するためのサービスが必要となってきました。インターネット上でのチームコラボレーションを可能にする「Cisco Webex」をArcstar UCaaSのラインアップに加え、さらなる「働き方改革」の推進を応援します。

尚、「Cisco Webex」には、Web会議サービス(Cisco Webex Meetings)を利用できるプランもご用意しております。

チームコラボレーションに必要な機能がオールインワン

チャット、ビデオ通話、会議室、画面共有、ファイル共有、ホワイトボードなど、チームがコラボレーションをするために必要な機能をクラウドでまとめて提供します。

チームコラボレーションに必要な機能がオールインワン

マルチOS・マルチデバイス対応インターフェースも統一

Windows とMac、iOS とAndroid に対応し、デバイスを選びません。しかも、簡単に使えるインターフェースで統一されていて、導入してすぐに直感的に操作できます。また、Cisco Webex Boardのようなチームコラボレーション機能を使いこなすのに便利な専用端末も準備しております。(55インチ、70インチの2タイプをご用意しました)

マルチOS・マルチデバイス対応インターフェースも統一

チームコラボレーションに最適なオールインワンデバイス、Cisco Webex Board

Cisco Webex Boardを使えば、会議もスムーズ。超大型タブレットにも、デジタルホワイトボードにも、音声・ビデオ会議端末にもなるCisco Webex Boardさえあれば、プロジェクターやスクリーン、モニター、各種リモコン、ホワイトボードや付箋は不要です。室内もすっきりとまとめられ、セッティングや他に必要なものを揃える手間もありません。

チームコラボレーションに最適なオールインワンデバイス、Cisco Webex Board
  • 超大型タブレット

    超大型タブレット

  • デジタルホワイトボード

    デジタルホワイトボード

  • 音声・ビデオ会議端末

    音声・ビデオ会議端末

インテリジェントビュー 4Kカメラ

高精細(4K)かつ、会議参加者のうち、スピーカーを瞬時にとらえて焦点をあてる機能(インテリジェントビュー)インテリジェントビュー 4Kカメラをもつカメラを搭載しています。

インテリジェントマイク

12 個の内蔵マイクが会議室スペースを広くカバーするため、テーブルマイクは不要です。発言中のスピーカー(最もアクティブなスピーカー)の声を増幅する機能により、周囲の音と区別され、発言がききやすくなります。

4Kスクリーン

静電容量方式のタッチインターフェース技術を搭載した4K LED 画面。2点マルチタッチにより、同時に二人がボード上で専用ペン、または指で描くことが可能です。また、配線なしでも、ノートPC 等からプレゼンテーションを表示させることができます。高画質ビデオ会議としても対応可能です。

自動ウェイクアップ

Cisco Webex Teamsをインストール済みのスマートデバイスを持っているユーザーの入室を自動で認識し、Cisco Webex Boardが起動。Cisco Webex Boardとの自動ペアリングが迅速な会議開始を実現します。

自動保存

Cisco Webex Board上で共同して作成されたコンテンツはクラウド上のチームのワークスペースに暗号化して保存されます。会議室でCisco Webex Boardを使った後、退室後も別の場所・時間で会議を開催しても、前回の作業結果を呼び出して、中断したところからすぐ作業を始められます。

バーチャルとリアルをつなぐコラボレーション

チームやプロジェクトごとの「ワークスペース」をつくり、メンバー間のコミュニケーション記録を時系列で参照できます。ファイルを共有しながら、時間や場所を超えたコラボレーションが実現されます。

バーチャルとリアルをつなぐコラボレーション

コラボレーションの時代だからこそのセキュリテイ対策

社内だけでなく社外へ、国内だけでなく海外とも。様々なバックグラウンドのメンバーと共に働く時代です。オフィス内だけでなく移動中でも仕事をさばいていくスピードが要求されています。働く仲間も場所も多様になってきたからこそ、どんな時でもセキュリティ対策を忘れてはいけない – Cisco Webex Teamsをコラボレーションツールとして使うための安心の機能を備えました。

Webex Teamsの提供するセキュリティ対策例

  • セキュリティ

    セキュリティ

    PIN Lockの利用を確実に

    パスワードやスクリーンロックを設定しないと使えません。

    確かなアクセス、ログインを

    管理者がアクセス許可を取り消し、ユーザーに毎回のログインが必要な設定にすることができます。モバイルデバイス上のキャッシュコンテンツも削除できます。

  • コンプライアンス

    コンプライアンス

    リテンションポリシー

    コンテンツの管理権限により、コンテンツの保存期間を規定します。

    eDiscovery

    コンプライアンス責任者がユーザーの利用状況を検索でき、結果をダウンロード可能です。

  • アナリティクス

    アナリティクス

    管理に役立つレポート・分析

    ユーザーの利用度合・傾向パターン・システム的なキャパシティやリソースの最適化・トラブルシューティングに役立つドリルダウン等を提供します。

さらにハイブリッドサービスでメリットを拡大

UCaaSの基盤であるCisco HCSとCisco Webex Teamsの双方の機能を連携させることで、Webex Teamsアプリをインストールした端末から外線・内線通話機能が使えるようになります。インターネット回線さえあれば新しい拠点にも容易に展開できます。

さらにハイブリッドサービスでメリットを拡大
※1
「Cisco Webex」と「Cisco HCS」のハイブリッド利用およびNTT Com の外線通話サービス「Arcstar IP Voice」の契約が必要です。
  • *Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systems ロゴは、Cisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。

ハイブリッドサービスのメリット

発信相手が大幅拡大

アプリから一般の固定・携帯電話にも

Cisco Webex Teams アプリで通話ができるのはアプリを入れた端末同士。ハイブリッドサービスになるとCisco HCS のUCaaS プラットフォームを使ってかけるので、相手がアプリを使わない固定電話機・携帯電話であってもWebex Teams アプリの端末からかけられます。通話相手が格段に広がります。

固定⇔携帯間でも内線通話無料になる

Webex Teamsの端末が内線に

相手が固定電話機でもWebex Teams アプリをインストールした端末から内線通話がかけられるのでCisco HCS のUCaaS プラットフォームにつながる固定電話⇔携帯間で内線無料になります。

オフィスにいるときと同じように受発信

0AB~J番号、050番号も利用可能

Webex Teamsで話しているか、会社の電話で話しているかを気にせずに使えます。1人で複数端末を使っても通話履歴が連動。Cisco HCS のUCaaS プラットフォームを基盤に発信するので0AB ~ J 番号、050 番号が使えます。

BYODを手軽に実現

アプリインストールで簡単にBYOD

Webex Teamsはマルチデバイス・マルチOS に対応しているのでアプリをインストールするだけで利用できます。
ハイブリッドサービスならBYOD であってもFMC に近い感覚で内線・外線が使えます。

UCaaSポータルで全ての設定が可能

スピーディな対応が可能に

ハイブリッドサービスに必要なすべての設定をArcstar UCaaS ポータルからワンストップで行えます。 ベンダーを呼んで立ち合う、機器設定を行う等の手間が省け、システム管理が楽になります。

トータルケアソリューション

UC(ユニファイドコミュニケーション)に興味はある。でも何からはじめていいかわからない –というお客さまの声をうかがうことがあります。当社にご依頼いただければ、ネットワークからお客様の拠点構築まで、コンサルティング提案から導入、設計、構築、運用保守までを一元的にサポートします。デジタルワークプレースに向かう旅を伴走するパートナーとして総合的にUC導入をサポートする“トータルケアソリューション”。お気軽にお問合せください。

全日本空輸株式会社

全日本空輸株式会社 ロゴ

音声基盤のクラウド化で場所にとらわれない「働き方改革」と合わせて大幅なコスト削減を実現

詳しくはこちら

株式会社IHI

株式会社IHI ロゴ

内線・外線電話をクラウド化。TCO削減に加え「1人1番号制」も実現

詳しくはこちら

Arcstar UCaaS Cisco Type
Cisco HCS が提供する洗練された音声PBX機能・UC機能

<Cisco HCSのイメージをつかみたい方に>

Arcster UcaaSのラインナップの1つ、Cisco HCSはクラウド型ユニファイドコミュニケーションサービスです。
IP電話機能だけでなく、メッセージング機能(ボイスメール、インスタントメッセージ)やプレゼンス機能(在席確認など)、電話・ビデオ・Webによる会議機能など複数の機能を、固定電話やPC、スマートフォンなどさまざまな端末で利用できます。

Arcsrar UCaaS をさらに便利に

クラウド型サービスのArcstar UCaaSをさらに便利にするツールから、まず2つをご紹介します。

スピーディな変更管理を実現する
Arcstar UCaaSのポータル機能

Acrcstar UCaaSのCisco HCS・Cisco Webexの管理を簡単に。総務やIT部門の方々の管理業務を軽減できます。この管理ポータルでどんなことができるかご紹介いたします。

「働き方改革」を実現するWeb電話帳
- PACDクラウド-

チャット、ビデオ通話、会議室、画面共有、ファイル共有、ホワイトボードなど、チームがコラボレーションをするために必要な機能をクラウドでまとめて提供します。

* NTT Comは2018年7月、「Arcstar UCaaS Cisco Type Cisco Spark」のサービス名称を「Arcstar UCaaS Cisco Type Cisco Webex」に、「Cisco Spark」の表記を「Cisco Webex Teams」に変更しました。 

関連リソース

このページのトップへ