Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
cmn_ic_service-kobetsu_voice

PSTNマイグレーション(固定電話のIP化)に伴う、
終了・変更となるオプションサービス

お知らせ
スケジュール
終了対象サービス
変更対象サービス
よくあるご質問

重要なお知らせ

平素は弊社サービスに格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

現在ご利用いただいております「フリーダイヤル/ナビダイヤル(以下、本サービスという)」につきまして、固定電話網のIP網移行に伴い、一部オプションサービスの変更・終了および、通話料の見直しを予定しておりますので、下記の通りご案内申し上げます。
今後もお客さまへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

1 一部オプションサービスの変更および終了理由

東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社が加入電話・INSネットサービスを提供する固定電話網の設備が維持限界を迎えつつあり、2024年1月より固定電話網をIP網へ移行する方針が示されております。
(参考URL:「固定電話のIP網への移行後のサービス及び以降スケジュールについて」(PDF 1.16MB)
これに先駆け2023年7月より、固定電話網で提供しておりますフリーダイヤル・ナビダイヤルについて、IP化方式に伴い一部オプションサービスの変更・終了および、通話料の見直しをさせていただきます。

2. 改定時期

(1)終了となるオプションサービス

・新規販売停止 :2022年4月1日(金)

・廃止時期   :2023年 6月30日(金)まで

(2)変更となるオプションサービス

・変更時期   :2023年 7月 1日(土) (通話料見直し含む)

※新規販売停止および廃止時期に関するスケジュール詳細はこちら

3. 料金

分類 対象のお客さま 変更内容
通話料 フリーダイヤル・ナビダイヤルをご利用のお客さま 主に距離段階/時間帯別料金から全国一律料金による低価格な料金へ見直しを致します。(新通話料につきましては、改めてご案内させていただきます。)

4. 終了・変更となるオプションサービス

分類 オプションサービス名 サービス内容
終了 迷惑電話お断りタイプ1 迷惑電話などにガイダンスで対応
発信地域指定細分化コード 東京(03)、名古屋(052)、大阪(06)の3都市において、通常の指定よりもさらに細かい地域での着信指定を可能
発信地域R細分化コード
通話量設定 通話回数の上限値をあらかじめ設定し、それ以降の通話には受付が終了した旨をガイダンスで案内
エージェント機能 エージェントの稼働状況に応じて、コールを接続
ナビダイヤル全国一律課金 お客さま(発信者)の通話料金を全国一律の料金提供
ナビダイヤル分担課金 お客さま(発信者)の通話料金の一部をご契約者さまがご負担
迂回時差額負担 お話し中などで、ほかの着信先へ迂回した場合に、その通話料金の差額をご契約者さまがご負担できるサービス
各種約款割引サービス 現在ご利用割引よりお得となる料金設定を予定しているため割引サービスを廃止

※終了となるオプションサービスに関する詳細はこちら

分類 オプションサービス名 変更内容
変更 話中時待合せ ガイダンス時間の設定上限(最大5分→2分へ)
無応答時迂回/ガイダンス ガイダンス時間の設定上限(3~175秒→3~120秒へ)
ウィスパー機能 ガイダンス中の課金仕様改善(ガイダンス中「非課金」へ)
※フリーダイヤルのみ
話中時迂回/ガイダンス 話中時の条件を改善
発信端末判定 お客さま(発信者)の電話種類によって着信の可否を選択可能
ACDグループ ACDメンバ登録数の変更(500番号→100番号へ)
NDIS※1物理番号拒否 IP相互接続の信号方式差分による着信可否の仕様変更

※変更となるオプションサービスに関する詳細はこちら

※変更・終了のお申し込みが必要とされるオプションサービスをご契約されているお客さまにつきましては、2021年 9月以降に改めてご案内させていただきます。

【お問い合わせ先】

NTTコミュニケーションズ株式会社

フリーダイヤル・ナビダイヤル マイグレーションセンタ―

TEL 0120-190270

受付時間:10時~17時(土日祝日、年末年始を除く)

新規販売停止および廃止時期について

対象サービス 分類 廃止機能/変更機能(変更内容) 新規販売
停止
整理
品目
廃止時期
変更時期
設備廃止
フリーダイヤル/
ナビダイヤル
機能廃止
  • 迷惑電話お断り(タイプ1)
  • 発信地域細分化
  • 通話量設定
  • エージェント機能
  • ウィスパー(#押下種別)
2022年
4月1日
2022年
7月1日
2023年
6月30日
設備廃止無し
  • ND分担課金
  • ND全国一律課金
  • 各種約款割引(e割引除く)
仕様変更
  • 話中時待合せ(待ち合わせタイマを5→2分に短縮)
  • 無応答時迂回(無応答タイマを3→2分に短縮)
  • 発信端末判定(一部端末判定方法を変更)
  • ACDグループ(登録メンバーを縮小)
  • ウィスパー(ガイダンス中をすべて非課金に変更)
  • 話中時迂回(LS話中時の判定を変更)
  • 契約回線(FDND版050番号提供可/接続協定外回線の提供不可)
  • 料金(距離段階/時間帯別タリフ→全国一律タリフに変更)
2023年
7月1日

スケジュール

2023年7月(予定)PSTNマイグレーション(固定電話のIP化)に伴い、以下のスケジュールにてお客さまへご案内予定

【全体スケジュール】

・全フリーダイヤル、ナビダイヤルご利用お客さまへのご案内方法:DM送付(請求書同封)、サイト掲載

①1回目ご案内(2021年8月)

②2回目ご案内(2022年○月) ※NTT東西会社 新価格報道発表後

【ご利用お客さまで変更・廃止のお申し込みが必要となるお客さまへのご案内(個別対応)】

・オプション機能変更・廃止のお申し込みが必要とされるお客さま

③【マイグレーションセンター】2021年9月~DM送付・対応業務

・相対割引ご利用お客さま

⑤【マイグレーションセンター】2021年9月~DM送付・対応業務
※弊社、営業担当からお客さまへご連絡させていただく場合もございます。

2023年7月(予定)PSTNマイグレーション(固定電話のIP化)スケジュール

  • フリーダイヤルフリーダイヤル
  • フリーダイヤル・インテリジェントサービスフリーダイヤル・インテリジェントサービス
  • ナビダイヤルナビダイヤル
  • ナビダイヤル・インテリジェントサービスナビダイヤル・インテリジェントサービス

終了するオプションサービス一覧

分類 オプションサービス名 内容 影響する
サービス
終了 迷惑電話お断りタイプ1 迷惑電話お断り機能(タイプ1)サービスの廃止 フリーダイヤル
発信地域指定細分化コード 発信地域指定 細分化コード指定機能の廃止 フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
発信地域R細分化コード 発信地域ルーティング 細分化コード指定機能の廃止 フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
通話量設定 通話量設定 サービスの廃止 フリーダイヤル
エージェント機能 エージェント管理 サービスの廃止 フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
ナビダイヤル全国一律課金 全国一律課金料金指定/迂回時差額負担 ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
ナビダイヤル分担課金
迂回時差額負担
各種約款割引サービス なし

終了するオプションサービスの内容

迷惑電話お断り機能(タイプ1)サービスの廃止
フリーダイヤル 2023年6月廃止予定

廃止経緯

迷惑電話お断り機能(タイプ1)は、NTT東西網の固定電話のダイヤル操作を利用して、迷惑電話を登録する仕組みとなります。NTT東西網がIP網に移行することで、上記の登録方法ができなくなるため、サービス廃止となります。

機能 概要
・迷惑電話お断り機能
(タイプ1)
迷惑電話お断り機能(タイプ1)は、NTT東西網の固定電話のダイヤル操作を利用して、迷惑電話を登録する仕組みとなります。
NTT東西網がIP網に移行することで、上記の登録方法ができなくなるため、サービス廃止となります。
発信地域指定 細分化コード指定機能の廃止
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年6月廃止予定

仕様変更経緯

「発信地域指定サービス」の「細分化コード指定機能」はご利用できる回線が、NTT東西網の固定電話を対象とした機能です。NTT東西網がIP網に移行することでNTT東西網の固定電話がご利用不可となるため、本機能もご利用いただけなくなります。

機能 概要
・発信地域指定 あらかじめ接続する地域をサービス番号ごとに指定できます。指定した地域以外からの電話はつながりません。
・細分化コード指定機能 東京(03)、名古屋(052)、大阪(06)の3都市において、通常の指定よりもさらに細かい地域での着信指定ができます。

変更内容

【例】東京(03)地域での細分化コード指定機能を利用していた場合

  • 現在(細分化コード指定機能を利用)

    東京23区+狛江市については<br>細かい地域の有無の指定が可能でした。

    東京23区+狛江市については
    細かい地域の有無の指定が可能でした。

  • 変更後(細分化コード指定機能利用不可)

    東京23区+狛江市全域に対し<br>着信の有無を指定することになります

    東京23区+狛江市全域に対し
    着信の有無を指定することになります

発信地域ルーティング 細分化コード指定機能の廃止
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年6月廃止予定

仕様変更経緯

「発信地域ルーティングサービス」の「細分化コード指定機能」はご利用できる回線が、NTT東西網の固定電話を対象とした機能です。NTT東西網がIP網に移行することでNTT東西網の固定電話がご利用不可となるため、本機能もご利用いただけなくなります。

機能 概要
・発信地域ルーティング お客さま(発信者)の発信地域によって、あらかじめ指定した着信先へ振り分けることができます。
・細分化コード指定機能 東京(03)、名古屋(052)、大阪(06)の3都市において、通常の振り分けよりもさらに細かい地域で着信先への振り分けができる機能です。

変更内容

【例】東京(03)地域での細分化コード指定機能を利用していた場合

  • 現在(細分化コード指定機能を利用)

    東京23区+狛江市については細かい地域の着信先の振り分けが可能でした

    東京23区+狛江市については細かい地域の着信先の振り分けが可能でした

  • 変更後(細分化コード指定機能利用不可)

    東京23区+狛江市について設定可能な着信先は1つのみとなります

    東京23区+狛江市について設定可能な着信先は1つのみとなります

通話量設定 サービスの廃止
フリーダイヤル 2023年6月廃止予定

廃止経緯

NTT東西網がIP網に移行する際に、通話量設定サービスを継続するための開発が難しいため、サービス廃止となります。

機能 概要
・通話量設定 フリーダイヤルの通話回数の上限値をあらかじめ設定していただき、それ以降の通話には受付が終了した旨をガイダンスで案内します。
エージェント管理 サービスの廃止
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年6月廃止予定

廃止経緯

NTT東西網がIP網に移行する際に、エージェント管理サービスを継続するための開発が難しいため、サービス廃止となります。

機能 概要
・エージェント管理 エージェント(在宅オペレーターなど)の稼働状況に応じて、コールを接続します。
全国一律課金料金指定/迂回時差額負担 サービスの廃止
ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年6月ごろ廃止

廃止経緯

NTT東西網がIP網に移行することで、発信地域や着信地域による通話料金の差が無くなりますので本サービスは廃止となります。

機能 概要
・全国一律課金 お客さま(発信者)の通話料金を全国一律の料金でご提供いただけます。
・料金指定 お客さま(発信者)の通話料金の一部をご契約者さまがご負担できるサービスです。
・迂回時差額負担 お話し中などで、ほかの着信先へ迂回した場合に、その通話料金の差額(通常より増える金額)をご契約者さまがご負担できるサービスです。
  • フリーダイヤルフリーダイヤル
  • フリーダイヤル・インテリジェントサービスフリーダイヤル・インテリジェントサービス
  • ナビダイヤルナビダイヤル
  • ナビダイヤル・インテリジェントサービスナビダイヤル・インテリジェントサービス

変更となるオプションサービス一覧

分類 オプションサービス名 内容 影響する
サービス
変更 話中時待合せ 話中時待ち合わせ お待たせできる時間の設定上限の変更 フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル・インテリジェントサービス
無応答時迂回/ガイダンス 無応答時迂回/ガイダンス フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル・インテリジェントサービス
ウィスパー機能 ウィスパー ガイダンス中の課金仕様の改善 フリーダイヤル
話中時迂回/ガイダンス 話中時迂回/ガイダンス フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
発信端末判定 発信端末拒否 フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
発信端末種別ルーティング フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
ACDグループ ACDグループ フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス
NDIS※1物理番号拒否 IP相互接続時におけるNDISの物理番号拒否仕様変更 について ナビダイヤル・インテリジェントサービス

変更となるオプションサービスの内容

話中時待ち合わせ お待たせできる時間の設定上限の変更
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年7月変更予定

仕様変更経緯

NTT東西網がIP網に移行することで、ガイダンスを流すことができる時間に制限が出来たため、お待たせ中のガイダンスが流れる時間の上限が短くなります。

機能 概要
・話中時待ち合わせ フリーダイヤル回線がすべてお話し中の場合に、お客さま(発信者)にお待ちいただく旨のガイダンスを流し、回線が開き次第おつなぎします。また、お待たせする時間を変更することができます。

変更内容

  • 現在

    お電話が込み合っている場合、最大5分間発信者をお待たせすることができます。

    お電話が込み合っている場合、最大5分間発信者をお待たせすることができます。

  • 変更後

    お電話が込み合っている場合、最大2分間発信者をお待たせすることができます。

    お電話が込み合っている場合、最大2分間発信者をお待たせすることができます。

無応答時迂回/ガイダンス
フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年7月変更予定

仕様変更経緯

① 設定可能な上限時間の変更

NTT東西網がIP網に移行することで、ガイダンスを流すことができる時間に制限ができたため、電話が鳴ってから迂回やガイダンス送出となるまでの時間の上限が短くなります。

② 迂回可能数の改善

回線のIP網化に伴い、条件の改善が行われます。

機能 概要
・無応答時迂回 着信先を呼び出したあとに、あらかじめ指定した秒数以上応答がない場合、ほかの着信先へ接続します。
・無応答時ガイダンス 着信先を呼び出したあとに、あらかじめ指定した秒数以上応答がない場合、ガイダンスを送出します。

変更内容

① 設定可能な上限時間の変更

電話が鳴ってから本機能が働くまでの時間について設定上限の変更

  • 現在

    お電話が鳴っても指定した時間(3~175秒)応答がない場合、ガイダンスを流すか別の窓口へ迂回させることができます。

    お電話が鳴っても指定した時間(3~175秒)応答がない場合、ガイダンスを流すか別の窓口へ迂回させることができます。

  • 変更後

    お電話が鳴っても指定した時間(3~120秒)応答がない場合、ガイダンスを流すか別の窓口へ迂回させることができます。

    お電話が鳴っても指定した時間(3~120秒)応答がない場合、ガイダンスを流すか別の窓口へ迂回させることができます。

変更内容

② 迂回可能数の改善

無応答時の迂回可能数の改善

  • 現在

    お電話が鳴っても指定した時間、応答がない場合に迂回ができる数の上限は4回までとなります。

    お電話が鳴っても指定した時間、応答がない場合に迂回ができる数の上限は4回までとなります。

  • 変更後

    お電話が鳴っても指定した時間、応答がない場合に迂回ができる数の上限は9回までとなります。

    お電話が鳴っても指定した時間、応答がない場合に迂回ができる数の上限は9回までとなります。

ウィスパー ガイダンス中の課金仕様の改善
フリーダイヤル 2023年7月変更予定

仕様変更経緯

NTT東西網がIP網に移行することで、ガイダンス中も通話料金が課金されていた条件下でも、移行後は課金されなくなります。

機能 概要
・ウィスパー 電話をかけていただいたお客さまの発信地域などを着信側へお知らせするサービスです。通話の冒頭にガイダンスを送出します。

変更内容

  • 現在

    フリーダイヤルでのウィスパー利用の際、通話開始前のガイダンス送出時間中も通話料金が課金されます。(フリーダイヤルのみ)

    フリーダイヤルでのウィスパー利用の際、通話開始前のガイダンス送出時間中も通話料金が課金されます。(フリーダイヤルのみ)

  • 変更後

    通話開始前のガイダンスが流れる時間中は通話料金は課金されません。

    通話開始前のガイダンスが流れる時間中は通話料金は課金されません。

話中時迂回/ガイダンス
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年7月から2024年12月までに順次変更

仕様変更経緯

① お話し中条件の改善、② お客さま端末の話中仕様の改善

共に、回線のIP網化に伴い、話中とみなす条件の改善が行われます。

② 迂回可能数の改善

IP網化に伴い通話料金が全国一律化となるため、通話料金の差異が原因で迂回できなかったものが迂回可能となります。

機能 概要
・話中時迂回 着信先の回線がすべてお話し中の場合、あらかじめ指定したほかの着信先へ接続します。
・話中時ガイダンス 着信先の回線がすべてお話し中の場合、話中音(ビジートーン)ではなく、ガイダンスを送出します。

変更内容

① お話し中条件の改善

お話し中条件の改善 (全サービス)

  • 現在

    お客さまの機器で話中となる際、機器の設定によっては話中とみなせないものがあります。

    お客さまの機器で話中となる際、機器の設定によっては話中とみなせないものがあります。

  • 変更後

    機器の設定を問わず、話中とみなすことが可能です。

    機器の設定を問わず、話中とみなすことが可能です。

変更内容

② お客さま端末の話中仕様の改善

1. お話し中検出時間の拡大(全サービス)

  • 現在

    お客さまの機器で話中となる際に、迂回にかかる時間が5秒を超えると、それ以上迂回しません。

    お客さまの機器で話中となる際に、迂回にかかる時間が5秒を超えると、それ以上迂回しません。

  • 変更後

    お客さまの機器で話中となる際に、迂回にかかる時間が10秒を超えると、それ以上迂回しません。

    お客さまの機器で話中となる際に、迂回にかかる時間が10秒を超えると、それ以上迂回しません。

変更内容

2. お話し中迂回上限の拡大 (インテリジェントサービスのみ)

  • 現在

    お客さまの機器で話中の場合、迂回数の上限は4回までとなります。(インテリジェントサービスのみ)

    お客さまの機器で話中の場合、迂回数の上限は4回までとなります。(インテリジェントサービスのみ)

  • 変更後

    お客さまの機器で話中の場合、迂回る数の上限が9回までとなります。(インテリジェントサービスのみ)

    お客さまの機器で話中の場合、迂回る数の上限が9回までとなります。(インテリジェントサービスのみ)

変更内容

③ 迂回可能数の改善

話中時迂回条件の改善 (ナビダイヤルのみ)

  • 現在

    ナビダイヤルではお客さまの機器で話中となる際は話中時迂回は働きません。

    ナビダイヤルではお客さまの機器で話中となる際は話中時迂回は働きません。

  • 変更後

    ナビダイヤルで、お客さまの機器で話中となる際にも話中時迂回は働きます。

    ナビダイヤルで、お客さまの機器で話中となる際にも話中時迂回は働きます。

発信端末拒否 発信端末の判定方法の変更
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年7月変更予定

仕様変更経緯

「発信端末拒否サービス」は、NTT東西網の信号で電話の種類を判別しています。
NTT東西網がIP網に移行することで、IP網の信号で判定を行うことになり、電話の種類の判別方法も一部変更となります。

機能 概要
・発信端末拒否 お客さま(発信者)の電話の種類によって、着信の可否を選択できます。

変更内容

【例】NTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)からのお電話を着信拒否する場合

  • 現在

    NTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)からの着信を拒否する場合、ほかの3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)からの着信も、拒否することができます。

    NTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)からの着信を拒否する場合、ほかの3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)からの着信も、拒否することができます。

  • 変更後

    判定する信号が変わったことによりNTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)とほか3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)について、着信の可否を別々に設定可能となります。

    判定する信号が変わったことによりNTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)とほか3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)について、着信の可否を別々に設定可能となります。

発信端末種別ルーティング 発信端末の判定方法の変更
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年7月変更予定

仕様変更経緯

「発信端末種別ルーティング」は、NTT東西網の信号で電話の種類を判別しています。
NTT東西網がIP網に移行することで、IP網の信号で判定を行うことになり、電話の種類の判別方法も一部変更となります。

機能 概要
・発信端末種別ルーティング お客さま(発信者)の電話の種類によって、あらかじめ指定した着信先に振り分けることができます。

変更内容

【例】NTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)からのお電話を特定の着信先に割り振る場合

  • 現在

    NTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)からの着信を拒否する場合、ほかの3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)からの着信も、同じ着信先になります。

    NTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)からの着信を拒否する場合、ほかの3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)からの着信も、同じ着信先になります。

  • 変更後

    判定する信号が変わったことによりNTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)とほか3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)について、着信先を別々に設定可能となります。

    判定する信号が変わったことによりNTTコミュニケーションズのIP電話(050~ではない番号)とほか3種類の電話(他社IP電話、他社固定電話、ひかり電話)について、着信先を別々に設定可能となります。

ACDグループ メンバー登録可能な番号数の変更
フリーダイヤル フリーダイヤル・インテリジェントサービス ナビダイヤル ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年7月変更予定

仕様変更経緯

NTT東西網がIP網に移行する際に、現在のACDグループサービスのメンバー登録上限数では容量の問題で継続が難しいため、メンバー登録上限数を削減することとなります。

機能 概要
・ACDグループ 複数の着信先電話番号をグループ化し、グループ内でコールを自動的に振り分けます。

変更内容

  • 現在

    ACDグループに登録できる番号は500まで可能です

    ACDグループに登録できる番号は500まで可能です

  • 変更後

    ACDグループに登録できる番号は100まで可能です

    ACDグループに登録できる番号は100まで可能です

IP相互接続時におけるナビダイヤルインテリジェントサービスの物理番号拒否仕様変更について
ナビダイヤル・インテリジェントサービス 2023年7月変更予定

背景

現在、ナビダイヤル(以下ND)およびナビダイヤルインテリジェントサービス(以下NDIS)のオプションとして着信回線の番号への直接着信を拒否する『物理番号拒否』を提供中 であるが、特定条件下の着信においてIP相互接続後の信号方式差分により着信可否の仕様が変更されます。

動作概要

仕様差分は以下の3つの条件(条件①~③)がそろった場合に、現状着信可能であるものがIP相互接続後に着信拒否とります。

  • 条件①:NDISの着信先 サービスとしてIPVoiceを利用。
  • 条件②:NDISの着信IPVoiceで網転送を起動。
  • 条件③:転送先のIPVoiceで物理番号拒否オプションを利用していた場合。
  • 現状仕様(NDIS)

    現状仕様(NDIS)

  • IP相互接続後(2023年7月変更予定)

    IP相互接続後(2023年7月以降)

    仕様変更あり

  • 現状仕様(ND)

    現状仕様(ND)

  • IP相互接続後(2023年7月変更予定)

    IP相互接続後(2023年7月以降)

    仕様変更なし

  • 対処①:網転送を解除して直接接続するなどの回線構成見直し
  • 対処②:物理番号拒否を解除
  • 現状仕様(NDIS)

    仕様変更により着信拒否が問題となる場合は対処①もしくは対処②を実施

    仕様変更により着信拒否が問題となる場合は対処①もしくは対処②を実施

  • IP相互接続後(2023年7月変更予定)

    対処①:回線構成見直し<span>(転送解除して直越接続)

    対処①:回線構成見直し(転送解除して直越接続)

  • IP相互接続後(2023年7月変更予定)

    対処②:物理番号拒否を解除

    対処②:物理番号拒否を解除

サービス全般

Q.
廃止するオプションについては、お申し込みをする必要がありますか?
迷惑電話お断りタイプ1、発信地域細分化コード、通話量設定、エージェント機能、ナビダイヤル分担課金をご利用のお客さまにつきましては、廃止承諾の確認をさせていただいた上で、廃止工事をさせていただきますので、廃止のお申し込みは必要になります。
ただし、ナビダイヤル全国一律課金については廃止のお申し込みは不要です。
Q.
具体的に私たち(お客さま)は何をすればいいのか教えてもらえますか?
オプションサービス仕様変更につきましては、2023/07月に一斉切替となりますので、変更のお申し込みは不要となります。
但し、一部の変更・終了サービスについては、事前に変更工事が必要となるため変更のお申し込みを必要とする場合がございます。SO工事が必要となるお客さまには2021年10月から順次、個社別にご案内させていただきます。
Q.
契約変更に伴い、変更・廃止のお申し込みをした場合、申込手数料はかかりますか?
PSTNマイグレーションによる変更・廃止のお申し込みについては工事費および手数料は発生しません。
Q.
なぜ、フリーダイヤル/ナビダイヤルの一部オプションサービスの変更や終了、通話料の見直しが実施されるのでしょうか?
NTT東西会社が加入電話(アナログ)およびINSネットサービス(通話モード)を提供する固定電話網の設備が維持限界を迎えるため、2024年1月より固定電話網がIP網へ移行されることに伴い、一部オプションサービス変更や終了、通話料の見直しがされることになりました。
Q.
「重要なお知らせ」が、なぜここに郵送されてきたのでしょうか?
弊社に登録のあるご請求先やご契約情報をもとに送付しております。
Q.
変更となるオプションサービスの改定時期はいつ頃を予定していますか?
■変更時期
2023年7月1日(土)となります。
※通話料見直しも含む
Q.
終了となるオプションサービスの改定時期はいつ頃を予定していますか?
■廃止時期
2023年6月30日(金)までとなります。
Q.
待ち合わせ・無応答機能の設定時間が2分・120秒以上で設定されている場合は、切り替えのタイミングでどうなりますか?
それぞれ2分・120秒以上で設定されている場合は、切り替わりのタイミングでMAX値(待ち合わせ2分/無応答120秒)で切り替わります。
Q.
仕様変更などに伴い、カスタマコントロール(カスコン)の画面設定は変更されますか?
変更されます。
Q.
仕様変更に伴って、発信端末に判定変更をしたい場合、どうすればいいですか?
恐れ入りますが、お客さまでカスタマコントロール(カスコン)にて設定変更をお願いします。
<参考>※カスコン操作がよくわからない場合
◎カスタマコントロールの専用サポート窓口:0120-432060 (24時間受付)
※上記窓口にて操作方法の詳細説明などのご案内ができます。
Q.
通話料の見直しに伴って、事前料金ガイダンスも廃止されますか?
事前料金ガイダンスの廃止はございません。

このページのトップへ